›› フォローすると英語が上達すると評判のtwitterアカウントはこちら

ワーホリで人生が終わった...後悔しないために今すべきこと【3ヵ国経験者が解説】

外資系企業のデメリット

 

悩める子羊
ワーキングホリデーすると人生が終わるって聞いたけど、本当なのかな...

本記事ではそんな悩みを解消します。

 

記事の内容
・ワーホリで人生が終わったと感じる人の特徴
・ワーホリで人生が変わったと感じる人の特徴
・ワーホリで人生が終わったと後悔しないためにすべきこと

 

ワーキングホリデーに興味がある人は多いのでないでしょうか。

しかし、人生が終了する...みたいな話を聞くと不安になりますよね。

 

私の場合、ワーホリでオーストラリア・カナダ・ニュージーランドの3ヵ国を経験しました。オーストラリアでは現地就職も経験しました。

結論、ワーホリで人生が変わりました。いい方向に。

しかし、ワーホリで人生が終わったと感じる人がいるのも事実です。

その違いはいったいなんなのでしょうか。

 

本記事では、ワーホリ3ヵ国経験者の筆者が、ワーホリで人生が終わったと感じる人と人生が変わったと感じる人の特徴を解説します。

あわせて、ワーホリで人生が終わったと後悔しないためにすべきことも解説。

この記事を読み終えれば、ワーキングホリデーのリアルがわかり、後悔しないワーホリ生活が歩めるようになりますよ。

それでは始めていきます。

 

ワーホリで人生が終わったと感じる人の特徴

ワーホリで人生が終わったと感じる人の特徴

まずは、ワーホリで人生が終わったと感じる人の特徴を解説します。

その特徴です↓

・帰国後の就職や転職に失敗
・失ったものが大きい
・成長していない

 

ひとつずつ解説します。

 

①:帰国後の就職や転職に失敗

ワーホリで人生が終わったと感じる人の多くが、帰国後の就職や転職に失敗しています↓

・前職のキャリアがなくなり前職に戻れなかった
・英語を使った仕事に就職できなかった
・外資系に転職できなかった

 

帰国後の就職や転職に希望を持ちワーホリ。しかし帰国後うまくいかず。

そんな状況だと、ワーホリで人生終わったと感じるのも仕方ないですよね。

実際、私の友人も前職のキャリアがなくなり、ゼロからのスタートとなったことで人生終わったと嘆いている人もいます。

 

ワーホリは就職に不利?

ワーホリが就職に不利になる場合はあります。

その理由です↓

・応募企業がワーホリを知らない
・ワーホリはネガティブなイメージ
・ワーホリは仕事のブランク期間

 

上記のように、ワーホリに対してネガティブなイメージをもっている企業は少なくありません。

それが原因で、就職や転職がうまくいかないことも。

しかし、有利にする方法はあります。詳細が気になる方は下記記事をご参考にどうぞ↓

各オンライン英会話スクールはこんな人におすすめ

 

②:失ったものが大きい

ワーホリで人生終わったと感じている人は、失ったものが大きい人が多いです↓

・時間を失った
・お金を失った
・恋人を失った

 

ワーホリしたことにより1年間失ってしまった...お金も結構なくなった...

ワーホリで遠距離になるから恋人と別れた...

上記のように失ったものが大きいと、ワーホリで人生が終わったと感じてもおかしくない。

外資系の買収後はリストラがある?

 

③:成長していない

ワーホリで人生が終わったと感じる人は、成長していない人が多いです↓

・英語が身についていない
・価値観や文化の違いを学んでいない
・ワーホリ前と考え方が何も変わっていない

 

ワーホリで1年間過ごしたものの、何も成長していない。時間を無駄にしてしまった。

そんな状況だと、ワーホリで人生終わったと感じてもおかしくないですよね。

まとめ|英語勉強のきっかけは人それぞれ、やりたい気持ちを大切に

 

悩める子羊
確かにワーホリすると人生終わったと感じそう...やっぱりしないほうがいいのかな...
オインゴ
安心して。逆にワーホリで人生が変わったと感じる人もたくさんいるよ。

 

ワーホリで人生が変わったと感じる人の特徴

ワーホリで人生が変わったと感じる人の特徴

ワーホリで人生が変わったと感じる人の特徴です↓

・帰国後の就職や転職に成功
・得たものが大きい
・目的達成できた

 

①:帰国後の就職や転職に成功

ワーホリで人生が変わったと感じる人は、帰国後の就職や転職に成功しています↓

・英語を使った仕事をゲット
・外資系に転職できた
・海外就職できた

 

帰国後、希望の職に就くことができれば、ワーホリで人生が変わったと感じますよね。

実際、私は海外就職し、外資系企業に転職することができたので、ワーホリで人生が変わったと感じています。

まとめ|自分の目的に合わせて留学かワーホリを決定する

 

帰国後の就職や転職にはTOEICが有効です。

日本ではTOEICが一番認知されている英語テストなので、TOEICで高得点を取得できれば就職や転職に活かすことができます。

そのため、ワーホリ前からTOEIC学習するのもおすすめ。

スタディサプリTOEICは効果ない?【私は1ヵ月で100点以上UPしました】

 

②:得たものが大きい

ワーホリで人生が変わったと感じる人は、ワーホリで得たものが大きいと感じています↓

・多国籍な友人
・グローバルな視点
・コミュニケーションスキル

 

世界各国に友達ができ、日本にはない文化や価値観が学べた。

結果、グローバルな視点やコミュニケーションスキルも身に着けることができた。

上記のように、得たものが大きい人はワーホリで人生変わったと感じています。

まとめ|ワーホリの語学学校の最適な期間は目標レベル次第

 

③:目的達成できた

ワーホリで人生変わったと感じる人は、目的達成できた人が多いです↓

・英語が身についた
・ローカルのカフェで働けた
・現地企業で働けた

 

ワーホリの目的を達成することで、自信がつく。

その自信が、帰国後の転職や生活にいい影響を与える。

そして、ワーホリで人生が変わったと感じる。

上記のような流れです。

体験談|理系の私が海外で働いた方法

 

悩める子羊
ワーホリで人生終わったとは感じたくない...人生変わったと言えるようになりたい...どうすればいんだろう...
オインゴ
下記でワーホリで後悔しないためにすべきことを解説するね。

 

ワーホリで人生終わったと感じないためにすべきこと

ワーホリで人生終わったと感じないためにすべきこと

ワーホリ中にすべきことと今すべきことです↓

 

ワーホリ中にすべきこと
・英語環境で過ごす
・英語環境で働く
・目的達成に向け行動する

 

今すべきこと
・ワーホリの目的を明確にする
・英語学習

 

それぞれ詳しく解説します。

 

ワーホリ中にすべきこと

・英語環境で過ごす
・英語環境で働く
・目的達成に向け行動する

 

1.英語環境で過ごす

ワーホリ中は英語環境で過ごしましょう。

理由はふたつあります↓

・英会話が上達する
・多国籍な友人ができる

 

・英会話が上達する

英語環境で過ごすことにより、英会話が上達します。

結果、英会話に自信がつきます。

ネイティブキャンプは留学より効果的?最安でペラペラになる方法

 

・多国籍な友人ができる

英語環境に過ごすことで、自然と外人の友達ができます。

多国籍な友人ができれば、文化や価値観の違いも学ぶことができます。

 

2.英語環境で働く

英語環境で生活するだけでなく、英語環境で働きましょう。

その理由は、実践的な英語力を身に着けることができるからです。

実践的な英語力を身に着けることができれば、帰国後の就職や転職に活かすことができます。

英語が理解できない理由

 

3.目的達成に向け行動する

ワーホリ中は目的達成に向け行動しましょう。

なぜなら、行動し続けることで成長できるからです。

 

例えば、下記↓

・英語を身につける
・ローカルのカフェで働く
・外国人の彼氏や彼女を作る

 

目的はなんでも構いません。

目的をもち、行動することが大切です。

行動のプロセスで、たくさんのことを学び、成長することができるからです。

 

まとめ

ワーホリ中には下記を行いましょう↓

・英語環境で過ごす
・英語環境で働く
・目的達成に向け行動する

 

上記をすることで、帰国後の就職や転職にワーホリを活かすことができます。また、たくさんのことを得ることができ、成長できます。

つまり、ワーホリで人生が終わったとは感じません。

買収後にリストラされない対策

 

今すべきこと

ワーホリ中に上記を達成するために、今すべきことです↓

・ワーホリの目的を明確にする
・英語学習

 

1.ワーホリの目的を明確にする

まずは、ワーホリの目的を明確にしましょう。

目的を明確にすることで、行動できるようになるからです。

 

例えば、下記↓

・なんとなくワーホリをする
・英語を身につけ、ローカルのカフェで働くために、ワーホリをする

 

ワーホリ中、どちらのほうが行動するでしょうか?

明らかに後者ですよね。

そのため、まずはワーホリの目的を明確にしましょう。

【なぜワーホリ?】目的を徹底調査!目的別で国を決める方法

 

2.英語学習

英語学習を今から始めましょう。

理由は3つあります↓

・できることが増える
・節約できる
・稼げる

 

・できることが増える

英語ができれば、渡航後すぐにホストファミリーとコミュニケーションがとれたり、現地の人に道を尋ねることができたり、お店のスタッフに質問できたりします。

まとめると、渡航後の生活がかなり楽になります。

外資系転職は英語できないと無理?【外資系で10年以上働く私が解説】

 

・節約できる

英語ができれば、節約することもできます。

例えば、渡航後の語学学校に行く期間を短くしたり、安いシェアハウスを探すことができたり。

節約したお金で旅行することも可能。

ワーホリ中のシェアハウスの探し方

 

・稼げる

英語ができれば稼げます。

なぜなら、仕事の選択肢が増えるからです。

実際、英語ができると時給の高いローカルのカフェなどで働くことができます。

逆に、英語ができないと時給の低い日本食レストランで働くことに。

英語が理解できない理由

 

上記のように、今から英語を勉強するメリットはかなりあるので、今から英語学習を始めましょう。

ワーホリ前におすすめのオンライン英会話【3ヵ国経験者の私が解説】

 

ワーホリ前にはクレジットカードを作っておきましょう。

その理由は、そもそもビザ申請に必要になったり、キャッシュレスなお店の支払いに必要になるからです。

おすすめのカードは下記記事で解説しているので、ご参考にどうぞ↓

ワーホリにクレジットカードが必要な理由とおすすめのカード【選び方のコツ】

 

まとめ|ワーホリで人生が終わったと感じたくないなら行動あるのみ

まとめ|ワーホリで人生が終わったと感じたくないなら行動あるのみ

おさらいです。

ワーホリで人生が終わったと感じる人の特徴です↓

・帰国後の就職や転職に失敗
・失ったものが大きい
・成長していない

 

逆に、人生が変わったと感じる人の特徴です↓

・帰国後の就職や転職に成功
・得たものが大きい
・目的達成できた

 

ワーホリで人生が終わったと後悔したくないのであれば、今から行動あるのみです。

まずは、目的を明確にし、英語学習を始めましょう。

今から行動を始めれば、後悔しません。

まとめ|オンライン英会話初心者は継続できる勉強方法を見つけましょう