›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現が知りたい方はtwitterへ

なぜワーホリ?目的を徹底調査!その見つけ方と注意点【体験談】

【なぜワーホリ?】目的を徹底調査!目的別で国を決める方法

 

悩める子羊
どんな目的でみんなワーキングホリデーするんだろう...
目的がないとワーホリしないほうがいいのかな...

本記事ではそんな悩みを解決します。

 

記事の内容
・ワーホリの目的
・ワーホリの目的の注意点
・【目的別】ワーホリにおすすめの国

 

ワーキングホリデーに興味があるけど、明確な目的がなく渡航を迷っているは多いのではないでしょうか。

そこで、気になるのがワーホリ経験者の目的ですよね。

 

私の場合、ワーホリで3ヵ国、オーストラリア・カナダ・ニュージーランドを経験しました。

最初のワーホリの目的は、英語上達。英語が話せるようになれば世界が広がると思ったからです。

しかし、人によってはワーホリの目的は異なります。

実際、留学業界で10000人以上のワーホリ希望者をカウンセリングしてきましたが、目的は人それぞれでした。

 

そこで本記事では、みんなのワーホリの目的、その見つけ方や注意点を解説します。

あわせて、目的別に国を決める方法も解説。

本記事を読み終えれば、ワーホリの目的がクリアになり、渡航後の生活がより充実したものになりますよ。

それでは始めていきましょう。

 

ワーホリの目的

ワーホリの目的

ワーホリの目的はほんと人それぞれです。

実際、私がカウンセリングしてきた人たちは、それぞれ様々な目的を持っていました↓

・英語上達
・海外生活を経験する
・世界各国に友達をつくる
・ファームステイ
・ホームステイ
・お金を稼ぐ
・現地のカフェやレストランで働く
・現地就職
・永住権取得
・海外旅行
・マリンスポーツ
・ウィンタースポーツ
・バリスタになる
・ソムリエになる
・フライトアテンダントになる
・ラウンド(大陸横断)
・自分探し
・日本が嫌になり日本から離れる
・国際結婚

 

などなど、ほんと人それぞれです。

また、上記は一例で、ほかにもまだまだ違った目的がありました。

 

ワーホリの目的は必要?

目的はあった方がいいです。

なぜなら、目的のために人は行動するからです。

 

例えば、下記↓

・コーヒーを飲むために、カフェに行く
・リラックスするために、海外旅行をする
・英語を学ぶために、参考書を買う

 

上記のように、目的があるから、行動しますよね。

ワーホリも同様。目的があれば、行動します。

そして、行動することにより、経験値が増えます。結果、成長できます。

 

ワーホリで得たものを就職で活かす

ワーホリの目的をもち、行動すれば、経験やスキルが身に付きます。

例えば、下記↓

・英語力
・コミュニケーション能力

 

ワーホリで得たものを活かせば、帰国後の就職も難しくありません。

各オンライン英会話スクールはこんな人におすすめ

 

ワーホリでさまざまなことを経験し、成長したくないですか?

答えがYesであれば、ワーホリの目的を持ちましょう。

 

とはいえ、「ワーホリに明確な目的はない...」という人もいますよね。

そんな方に、目的を見つける方法を解説します↓

 

ワーホリの目的を見つける方法

下記がその方法です↓

・ワーホリに興味をもった理由を深掘りする

 

理由を深堀りする

Q:なぜ、ワーホリに興味を持ったんですか?
A:知り合いが経験し、楽しそうだったから
Q:なぜ、楽しそうに思ったんですか?
A:日本とは全然違う環境で生活し、外国人の友達も作っていたから

 

上記のように、理由を深堀りすれば、目的が見えてきます。

ワーホリの目的例
・日本とは違う海外生活を経験する
・英語を鍛え、外国人の友達を作る

 

目的が見つかってない人は、まずは理由を深堀りしていきましょう。

 

目的の見つけ方は下記記事でも詳しく解説しているので、ご参考にどうぞ↓

まとめ|外資系に向いてない人でも向いてる人になれる

 

悩める子羊
目的の見つけ方はわかったけど、何か注意点とかあるのかな...
オインゴ
あるよ、下記で解説するね

 

ワーホリの目的の注意点

ワーホリの目的の注意点

ワーホリの目的の注意点です↓

・ワーホリ自体を目的にしない
・目標を明確にする

 

それぞれ詳しく解説します。

 

①:ワーホリ自体を目的にしない

ワーホリ自体を目的にするのはやめましょう。

なぜなら、渡航することで目的を達成してしまい、ワーホリの目的を見失ってしまうからです。

結果、目的がないままだらだらと過ごしてしまい、成長があまりないまま帰国することになります。

まとめ|英語勉強のきっかけは人それぞれ、やりたい気持ちを大切に

 

ワーホリの目的をたくさん持つ

ワーホリの目的をたくさんもっておくことも大切です。

そうすれば、目的を見失うことがないので。

目的をひとつ達成したとしても、次の目的に向かって行動できます。

 

②:目標を明確にする

ワーホリの目的を達成するために目標を明確にしましょう。

その理由は、そのほうがより行動するからです。

 

例えば、下記↓

・英語を上達させる
・英語を上達させる、帰国後にTOEIC800点をゲットする

 

上記の場合、より行動するのは後者です。

目的だけでなく、目標が明確だからです。

そのため、目的だけでなく、目標を明確にしましょう。

外資系の買収後はリストラがある?

 

ワーホリの目的を見失った場合

万が一、ワーホリの目的を見失った場合は、ふたたび自問自答してみましょう。

・何のためにワーホリに来たのか?
・その目的は達成できたのか?
・今、何がしたいのか?

 

などなど、再度自分を深掘りしてみましょう。

そうすれば、目的は再発見できます。

結果、ふたたび行動できるようになります。

 

悩める子羊
ワーホリで成長できそう...けど、まだ国が決まっていない...
オインゴ
大丈夫、目的別でおすすめの国を解説するね。

 

【目的別】ワーホリにおすすめの国

ワーホリの目的別で国を決める方法

ワーホリに人気の英語圏、下記の5ヵ国を目的別で解説します↓

・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・アイルランド
・イギリス

 

①:英語上達が目的

英語が上達が目的ということであれば、英語圏5ヵ国ともオススメです。

 

しかし、アメリカ英語とイギリス英語の違いはあります。

ざっくりわけると下記のような感じです↓

カナダ アメリカ英語
オーストラリア イギリス英語
ニュージーランド イギリス英語
アイルランド イギリス英語
イギリス イギリス英語

 

なので、アメリカ英語を学びたいのであれば、カナダがおすすめ。

本場のイギリス英語を学ぶことが目的であれば、もちろんイギリス。

こだわりなければ、どの国でも全く問題ありません。

【オーストラリア英語の訛り】特徴と訛らない方法
ネイティブキャンプで留学以上の効果を得る方法
世界を飛び回る仕事の種類

 

②:稼ぐことが目的

英語圏5ヵ国の最低時給まとめてみました↓

  最低時給(2021年3月の為替レート参照)
オーストラリア AUD約20(約1700円)
カナダ CAD約15(約1300円)※州により異なる
ニュージーランド NZD約20(約1500円)
イギリス GBP約9(約1350円)※年齢により異なる
アイルランド EUR約10(約1300円)

 

為替レートにもよりますが、時給だけで判断するならオーストラリアが一番稼げます。

そのため、稼ぎたい人はオーストラリアがおすすめ。

体験談|理系の私が海外で働いた方法

 

③:長期間の海外生活が目的

各国のワーホリの最長期間まとめてみました↓

  ワーホリの最長期間
オーストラリア 3年  ※2年目・3年目を取得するには条件があります
カナダ 1年
ニュージーランド 1年
イギリス 2年
アイルランド 1年

 

長期間の海外生活が目的であれば、オーストラリアのワーホリがオススメ。

農場での就労等、3年間のワーホリビザを取得するには条件がありますが、取得できれば長くワーホリ生活できます。

 

イギリスの場合は最大2年間。

その他は通常最大1年間。

1年以上の海外生活が目的であれば、オーストラリアやイギリスがオススメ。

 

④:アクティビティが目的

それぞれの国によって、できるアクティビティは異なります↓

  メインのアクティビティ
オーストラリア マリンスポーツ、ファームステイ
カナダ ウィンタースポーツ、オーロラ
ニュージーランド ファームステイ、ウィンタースポーツ、エクストリームスポーツ
イギリス ミュージカル、アフタヌーンティー、ハリーポッター
アイルランド バーやパブ、音楽

 

上記のように、それぞれに特徴があります。

マリンスポーツであれば、オーストラリア。ウィンタースポーツなら、カナダやニュージーランド。

おしゃれな感じが好きならイギリス。お酒好きにはアイルランドがおすすめ。

トリニティカレッジ

 

⑤:海外旅行が目的

さまざまな国に旅行することが目的でワーホリするという人も多いですよね。

 

ヨーロッパ旅行が目的であれば、イギリスやアイルランドがオススメです。

ヨーロッパの各国が近いので、気軽に海外旅行できます。

アメリカ旅行が目的であれば、カナダがおすすめ。

オーストラリアやニュージーランドの場合は、国内旅行する人がほとんどです。

 

それぞれの国に、それぞれの良さがあります。

自分の目的、好みを知り、国を決定しましょう。

そうすれば、後悔しない。

オーストラリアで働くには資格は必要?

 

まとめ|ワーホリの目的は人それぞれだけど目的はあった方が良い

まとめ|ワーホリの目的は人それぞれだけど目的はあった方が良い

ワーホリの目的は人それぞれですが、目的はあったほうが良いです。

目的があれば人は行動するので。

 

自分を深掘りすれば、目的は見つかります。

目的を見つけた後は、目標も明確にしましょう。

あとは、その目標や目的に向かって行動あるのみ。

今から行動し、渡航後の生活でスタートダッシュをきりましょう。

ワーホリ前におすすめのオンライン英会話【3ヵ国経験者の私が解説】