›› 生活や仕事に使える英語をtwitterで発信中

【英語勉強のきっかけ】みんなが英語を勉強する理由と勉強法

英語でコミュニケーションをとるのに必要なもの

「みんな、どんなきっかけで英語の勉強してるんだろう...」

英語の勉強のきっかけ、気になりますよね。

 

本記事では下記を解説します。

記事の内容
・英語勉強のきっかけ
・英語勉強のメリットとデメリット
・英語の勉強法
・英語勉強のコツ
 

 

私は今まで留学業界で10年以上働き、1万人以上の人をカウンセリングしてきました。

英語を学びたいと思ったきっかけは、ほんと人それぞれ。

私にも英語を勉強するきっかけがありました。

大学時代は理系、しかし現在は英語を使って仕事をしている筆者が、英語勉強のきっかけについてお伝えしします。

あわせて英語勉強法やコツも解説します。

英語勉強のきっかけに興味がある方、英語ができるようになりたい方、必見です。

 

英語勉強のきっかけ

英語勉強のきっかけ

英語勉強のきっかけは、ほんと人それぞれです。

下記を思ったことがきっかけとなり、英語勉強を始めた方も少なくないです。

英語勉強のきっかけ
・英語を使って仕事をしたい
・海外旅行を楽しみたい
・外人の友達が欲しい
・街中で困っている外国人を助けたい
・英語を話すのがかっこいいから
・映画やドラマを英語で理解したい
・憧れの人と英語で話したい
・進学のため
・仕事で必要になったから
・外人と結婚したい
・英語でニュースを読んでみたい

 

などなど、英語勉強のきっかけは、ほんと人それぞれです。

正解・不正解はありません。

なぜなら、きっかけがあれば、英語を勉強し始めるので。

英語を勉強し始めれば、新しいものが見えてきます。

なので、きっかけは人それぞれで大丈夫。

 

私の英語勉強のきっかけ

私の場合、英語勉強のきっかけは転職でした。

大学は理系、卒業後は製パン業界へ就職。

英語とは全く無縁の人生。

しかし、入社後、来る日も来る日も、工場で流れ作業。

「自分は機械の一部なのかな」と思うようになり、将来に希望がもてず一年で退職。

製造業での流れ作業に嫌気がさし、もっと人と話したいと思うようになりました。

 

「英語が話せれば、より多くの人とコミュニケーションがとれる」

「英語ができるようになれば、もっと仕事の幅がひろがるんじゃないか」

この思いが、私の英語勉強のきっかけです。

 

英語ができるようになり人生が変わる

そして、退職後、ワーホリ(留学)でオーストラリアに渡航。

その後、カナダやニュージーランドへも渡航し、その後オーストラリアにもどり現地就職。

その後は、日本に戻り、外資系企業へ転職。

もともとは英語ができない私でしたが、英語ができるようになり人生が変わりました。

まとめ|自分の目的に合わせて留学かワーホリを決定する

【ワーホリのその後】外資系企業に就職できました!【体験談】

 

英語ができるようになり、よかったと思えることはたくさんあります。

英語勉強するメリットとは?

下記で解説します。

 

英語勉強のメリットとデメリット

英語勉強のメリット

英語勉強し、英語ができるようになれば、可能性は広がっていきます。

私が強く感じた英語勉強のメリットは、下記の3点↓

英語勉強のメリット
・より多くの人とコミュニケーションがとれる
・仕事の幅が広がる
・英語で情報収集ができる

 

ひとつずつ詳しく解説します。

 

メリット①より多くの人とコミュニケーションがとれる

英語ができるようになり、一番良かったなと思うポイントです。

英語ができれば、さまざまな国の人とコミュニケーションがとれます。

さまざまな国の人とコミュニケーションがとれれば、他国の文化や価値観、考え方を知ることができます。

日本とは違う国で育った人達は、文化や価値観、考え方等が違います。

生活環境や教育が異なるので。

英語を通じてその違いを知ることにより、日本の良さ・悪さも知ることができます。

日本との比較対象が増えていくので。

自分の中で、価値観等が変わっていくポイントだと思います。

 

他国の人とコミュニケーションがとれるようになり、私の人生は変わりました。

良い方向に。

 

メリット②仕事の幅が広がる

大学は理系、TOEICは300点程度。

今は英語を使って仕事をしています。

大学時代には考えられなかった人生を歩んでいます。

英語ができれば、仕事の幅が広がるのは間違いないです。

なぜなら、今できることに英語スキルが追加されるので。

マイナスになりません。

 

例えば、英語ができるようになれば、

・海外営業
・海外の顧客にデザイン作成
・翻訳、通訳

などなど、選択肢がどんどん増えていきます。

 

メリット③英語で情報収集できる

英語で情報収集

日本語しかできなければ、情報は日本語から。

しかし英語ができるようになれば、英語で直接情報収集できるようになります。

英語で情報収集できれば、日本よりも早く情報を収集することが可能。

海外のニュースが日本に入ってくる場合、翻訳などでワンテンポ遅れるので。

英語で直接情報収集できれば、海外のニュースや新聞、ウェブサイト、外人の知人などから、より素早く情報収集できます。

また、海外には、日本には届いていない情報もあり、英語ができれば、そういった情報も知ることができます。

そういった情報を活用して、ビジネスに活かしたり。

 

可能性が広がっていきます。

 

英語勉強のデメリットは?

あまり思いつきません(笑)

一つ言えるとしたら、英語習得には時間がかかります。

1日でできるようになるものではありません。

しかし、その時間を楽しむことができれば、デメリットにはならないはず。

留学やオンライン英会話で英語を効果的に伸ばす方法

【ワーホリで通う語学学校の期間】最適な期間と費用を格安にする方法

 

では英語ができるようになるには、どうすれば良いのか?

具体的な英語勉強法を下記で解説します。

 

英語の勉強方法

英語習得の方法

英語の勉強法はたくさんあります。

参考書で勉強したり、海外映画やドラマで勉強したり、オンライン英会話をしたり。

下記記事でさまざまな英語勉強法を紹介しているので、ご参考に↓

まとめ|オンライン英会話初心者は継続できる勉強方法を見つけましょう

【英語の勉強の仕方がわからない人へ】オススメの勉強法10選とコツ

 

英語勉強の順番

英語勉強は何からすればいいだろう...

と、英語勉強の順番に迷う人も多いです。

まずは、英単語から勉強しましょう。

英単語がわからなければ、リーディング・ライティング・スピーキング・リスニング、何もできないので。

より詳しい英語勉強の順番を知りたい方はこちらの記事ご覧ください↓

英語勉強の順番

【英語勉強の順番】みんな知ってる?英単語から4技能を学ぶ方法

 

しかし、英語勉強やる気がでない...

という人も多いのでは。

下記でモチベーションをあげる方法や英語勉強を続けるコツを解説します。

 

英語勉強のコツ

英語勉強のコツ

英語勉強のコツです↓

英語勉強のコツ
・楽しむ
・きっかけや目的を思い出す
・期間を設ける

 

ひとつずつ解説します。

 

コツ①楽しむ

英語勉強のコツは、楽しむということです。

楽しければ、勉強やりますよね?

楽しくないから、やる気がでない。

なので、楽しい英語勉強法を見つけるのが、一番手っ取り早いです。

楽しい英語勉強法を見つけるには、いろいろな勉強法を自分で試すしかないです。

人それぞれ好みは違うので、上記で紹介した勉強法、ぜひ試してみてください。

 

コツ②きっかけや目的

勉強のモチベーションがあがらない時は、英語勉強のきっかけや目的を再度思い出しましょう。

きっかけや目的があれば、人は行動するので。

英語勉強のきっかけや目的は何ですか?

その目的を達成した自分を想像すると、わくわくしますか?

 

そのわくわくする気持ちがモチベーションにつながります。

【英語の勉強】モチベーションを簡単に上げる3つの方法

 

コツ③期間を設ける

期間を設ける

そのきっかけや目的をいつまでに達成したいですか?

「2,3年後までに...」

漠然としていると、ずるずる先延ばしにしてしまいます。

しかし、明確に「1年後まで」と設定すれば、より具体的に行動するようになります。

時間の制限がでてくるので。

私の場合、ワーホリビザ(通常1年間の有効期限)の制限があったので、1年間で英語を習得しようと行動できました。

 

明確な期間設定があれば、逆算し、今何をすべきか考え、より積極的に行動することができます。

なので、期間設定をする。

 

まとめ|英語勉強のきっかけは人それぞれ、やりたい気持ちを大切に

英語勉強のきっかけを大切に

英語勉強のきっかけは人それぞれ。

正解・不正解はないので、自分の気持ちを大切に。

 

英語ができるようになれば、可能性は広がっていきます。

私は英語ができるようになり、人生が変わりました。

仕事の幅も広がったし、海外旅行もより楽しめるようになりました。

 

英語勉強のきっかけ、目的を大切にしましょう。

考えすぎず、行動しましょう。

行動すれば、変わります。