›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現が知りたい方はtwitterへ

【英語勉強の順番】みんな知ってる?英単語から4技能を学ぶ方法

英語勉強の順番

「英語の勉強するのに、順番ってあるのかな...」

「英語って、どういう順番で勉強したら良いんだろう...」

英語勉強の順番、気になりますよね。

 

本記事では下記を解説します。

記事の内容
・英語勉強に順番はある?
・効果的な英語勉強の順番
・英単語から4技能を学ぶ方法

 

大学は理系、当時のTOEICスコアは300点程度。しかし、現在は英語を使って仕事をしています。
英語の勉強の順番を理解すれば、英語を効率よく勉強できるようになります。
10年以上英語を使って仕事をしている筆者が、英語勉強の順番、効率よく英語を学ぶ方法を解説します。

英語勉強の順番が知りたい方、英語ができるようになりたい方、必見です。

 

英語勉強に順番はある?

効果的な英語勉強の順番

まずは、そもそもの質問です。

英語を勉強するのに順番はある?

 

答えはYESです。

なぜなら、英単語を知らないと、何も理解できないので。

英単語が英語を勉強する最初の順番。

 

英単語が英語を勉強する最初の順番

英単語を知らないと、英語の4技能リーディング(読む)・ライティング(書く)・スピーキング(話す)・リスニング(聞く)、何もできません。

例えば、「hungry」(腹ペコ)という英単語を知っていない場合。

自分が腹ペコでも、英単語を知らないので、書くことも、伝えることもできません。

相手が腹ペコでも、英単語を知らないので、聞くことも、読むこともできません。

なので、絶対的にまずは英単語。

 

では、英単語を勉強したら次は何を勉強すれば良いのか?

効果的な英語勉強の順番とは?

下記で解説します。

 

効果的な英語勉強の順番

英語勉強の順番

早速、結論から。

効果的な英語勉強の順番です↓

効果的な英語勉強の順番
1.英単語
2.文法
3.スピーキング
4.リスニング
 

理由を一つずつ解説していきます。

 

英語勉強の順番①英単語

上記でも解説しましたが、英単語が英語勉強の最初。

なぜなら、英単語がわからなければ、何も理解できないので。

文法よりもまずは、英単語。

例えば、英文「I live in Japan」(私は日本に住んでいる)

「主語+動詞+副詞」の形の文法を知っていても、「I」「live」「in」「Japan」の英単語を知らなければ、何もわかりません。

なので、文法よりも、スピーキングよりも、リスニングよりも、まずは単語。

 

 

英語勉強の順番②文法

同じ英文、「I live in Japan」

単語は知っているけど、文法は知らない状態で文を作ると、

「In Japan live I」になるかもしれません。

そうなると、意味が分からない。

なので、英語を理解するには文法も必要になります。

 

英語勉強の順番③スピーキング

単語と文法を知らないと、スピーキングとリスニングはできません。

なぜなら、単語と文法を知らないと、英文を作ること、理解することができないからです。

例えば、「水を飲みたい」と言いたい時。

「I」「 want to」 「drink」 「water」といった単語と文法を知らないと、英語で「水を飲みたい」とは言えません。

また逆に相手が「I want to drink water」と言った時、単語と文法を知らないと理解できません。

 

なので、単語と文法のあとにスピーキングとリスニング。

スピーキングが3番で、リスニングが4番なのは、スピーキングをすることでリスニングも鍛えることができるから。

英語の勉強法|スピーキング

 

英語勉強の順番④リスニング

上記でもお伝えしたように、リスニングはスピーキングすると鍛えることができます。

スピーキングすると自分にも音が聞こえるので。

リスニングしていても、スピーキングを鍛えることはできません。

音を発しているわけではないので。

なので、スピーキングを鍛えながらリスニングを鍛えたほうが効率的。

英語のリスニングのコツ

 

しかし全て一つずつ勉強していると時間がかかる...

心が折れてしまう人もいるのでは?

そんな方へ、超効率的な英語勉強法を下記でご紹介します。

 

超効率的な英語勉強法

英単語と同時に学ぶ

超効率的な英語勉強法とは?

英単語を学ぶ時に文法とスピーキングとリスニングも同時に学ぶ

という方法です。

 

どのように英単語と文法とスピーキングとリスニングを同時に学ぶのか?

英単語と他のスキルを同時に学ぶ方法

その方法は、

新しい英単語がでてきたら、その英単語を使い、自分で英文を作成。

そして、その英文の各単語の発音を確認し、その英文を声に出していってみる。

という方法です。

 

具体的な方法

具体的な方法はこちらの記事に記載してますので、ぜひご覧ください↓

英語勉強のコツ

 

英語の4技能|残りのリーディングとライティング

リーディングとライティング

英語の4技能、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディング。

スピーキングとリスニングに関しては、記載しましたが、リーディングとライティングに関しては記載していません。

その理由とは?

 

リーディングとライティングを記載しなかった理由

理由は、単語と文法を学び、自分で例文を作成すれば、リーディングとライティングをカバーすることができるからです。

自分で例文を作成することにより、ライティングの勉強にもなります。

また、自分で作成した例文を読むことにより、リーディングの勉強にもなります。

その単語を使い、例文を作成する勉強法は、非常に効率の良い勉強法です。

 

まとめ|英語勉強の順番は英単語が最初

まとめ|英語勉強の順番は英単語が最初

英語の勉強、まずは英単語から。

英単語がわからないと、何もはじまりません。

英単語を学び、文法を学び、スピーキングとリスニングを学ぶ。

 

全て一緒に学んだほうが効率的なので、英単語を学びながら他のスキルも一緒に学ぶ。

英単語を使い、自分で英文を作成し、声に出して読んでみる。

英単語を覚え、文法を学び、スピーキング・リスニングを鍛える、効率的な英語勉強法。

 

効率よく英語勉強できれば、英語成長も早いです。

ぜひお試しあれ。