›› 生活や仕事に使える英語をtwitterで発信中

海外で働くための英語力と勉強法【理系の私でも海外就職できました】

英語が理解できない理由

 

悩める子羊
海外で働くにはどれくらいの英語力が必要なんだろう...
海外就職するには英語をどうやって勉強すればいいんだろう...

本記事ではそんな悩みを解決します。

 

記事の内容
・海外で働くために必要な英語力
・海外で働くために必要な英語のスキル
・海外で働くためのおすすめ英語勉強法

 

海外で働いてみたい人は、たくさんいるのではないでしょうか。

そこで、気になるのが英語力ですよね。

 

私はオーストラリア、カナダ、ニュージーランドの3ヵ国で約7年間ほど働いてました。

しかし、もともとは理系。英語は全くできず、大学時代TOEICは300点程度。

それでも社会人から英語を勉強し、英語ができるようになり、海外就職できました。

 

本記事では、そんな自身の経験をもとに、海外で働くために必要な英語力やスキルを解説します。

あわせて、おすすめの英語勉強法も解説。

この記事を読み終えれば、海外で働くための英語力や勉強法がわかり、夢実現にグンと近づけますよ。

それでは、始めていきましょう。

 

海外で働くために必要な英語力

海外で働くために必要な英語力

まずは結論から。

海外で働くために必要な英語力は、仕事によって異なります。

なぜなら、仕事によって、求められる英語力が異なるからです。

 

例えば、下記↓

・海外のレストランで皿洗い
・海外の企業で営業

 

上記だと、前者はそこまで英語力が求められませんが、後者は高い英語力が求められます。

つまり、仕事によって求められる英語力は異なります。

 

海外就職に必要な英語力の目安

とはいえ、目安はあります。

TOEICのガイドラインを参考にすると、少なくとも730点以上が必要になります。

730点以上が、どんな状況でも適切なコミュニケーションがとれる最低ラインだからです↓

TOEICガイドライン

PROFICIENCY SCALE|一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

 

実際、海外就職の条件としてTOEIC730点以上を設けている日系企業は少なくありません。

TOEIC800点以上、900点以上といった求人も少なくありません。

 

英語できない人は海外で働けない?

とはいえ、英語できない人は海外で働けないかというと、そんなことはありません。

その理由は、英語をそこまで必要としない仕事もあるからです。

 

例えば、下記↓

・カフェで皿洗い
・工場で流れ作業
・ホテルで清掃

 

上記のような仕事は、コミュニケーションがあまり必要ないので、英語ができない人でもできます。

ただ、逆に言うと、英語ができないと上記のような仕事しかできません。

 

英語ができない人が海外で働くデメリット

・できる仕事が制限される
・現地の生活で苦労する
・情報が少なくなる

 

英語ができないデメリットは仕事が制限されるだけではなく、現地の生活でも苦労します。

現地の人とコミュニケーションがとれないからです。

また英語ができなければ、英語での情報収集もできなくなるため、かなり不利です。

英語話せない人でも海外で働くことは可能?できる仕事とデメリット

英語話せない人でも海外で働くことは可能?【できる仕事と転職方法】

 

結論、仕事の選択肢を増やし、海外生活を充実させたいのであれば、英語を勉強しましょう。

 

海外で働くために資格は必要?

海外で働くために、資格は必要ありません。

実際、私は資格なしで海外就職したので、資格がなくても大丈夫です。

 

しかし、英語力もないとなると、できる仕事は限られてきます。

なので、少なくとも英語力は身につけましょう。

 

海外就職が有利になる資格はあります。

また、資格が必要な仕事もあります。詳しくは下記記事で解説しているので、ご参考にどうぞ↓

買収後にリストラされない対策

海外で働くのに有利な資格7選【私は資格なしで海外就職しました】

 

学歴は必要?

学歴もマストではありません。

高卒でもできる仕事はたくさんあります。

しかし、資格同様、英語力がないとできる仕事が限られてきます。

買収後にリストラされた場合の対応

海外で働くのは高卒でもできる!具体的な方法5つと注意点3つ

 

結論|海外で働きたいなら英語力を身につけるべき

今までお伝えした内容をまとめました↓

・海外では英語力を求める仕事が多い
・資格がなくても英語力があれば海外で働ける
・学歴がなくても英語力があれば海外で働ける

 

結論、海外で働きたいなら、英語力を身につけるべきです。

英語力があれば、海外で働くときにかなり有利になるからです。

そのため、今から英語力を身につけましょう。

 

悩める子羊
海外で働くときに実際どんな英語のスキルが必要なんだろう...
オインゴ
下記でその具体的なスキルを解説するね。

 

海外で働くために必要な英語のスキル

海外で働くための英語勉強法

海外で働くために必要な英語のスキルです↓

・スピーキングとリスニング
・リーディングとライティング
・ビジネス英語

 

ひとつずつ解説します。

 

英語力①:スピーキングとリスニング

海外で働くときに一番重要なスキルです。

なぜなら、スピーキングとリスニングができなければ、コミュニケーションがとれないからです。

 

想像してみてください↓

・英語が話せない状態で外人を接客

 

恐怖でぞくぞくしますよね。

実際、コミュニケーションがとれないと仕事になりません。

そのため、スピーキングとリスニングは必ず鍛えましょう。

英語の勉強法|スピーキング

【英語が話せない人へ】超簡単!スピーキングのコツと勉強法5選

英語のリスニングのコツ

【英語のリスニングができない人必見!】聞き取るコツと勉強法5選

 

英語力②:リーディングとライティング

リーディングとライティングも大切です。

仕事によっては、チャットやEmailなどでコミュニケーションをとる機会も多いからです。

 

具体的には、下記のような状況↓

・Emailでクライアントとやりとり
・チャットでビジネスパートナーとやりとり
・レポートや資料の作成

 

などなど、英語の読み書きが必要になる機会は多々あります。

そのため、リーディングやライティングのスキルも身につけておきましょう。

 

英語力③:ビジネス英語

ビジネス英語もできたほうがいいです。

理由は、ビジネス英語を知らないと、戸惑うことが多いからです。

 

たとえば、下記のような場面↓

・お客と電話でのやりとり
・営業先にEmail
・クライアントと交渉

 

などなど、ビジネス英語ができないと、上記のような場面で戸惑います。

しかし、ビジネス英語を知っていれば、スムーズに対応できるようになります。

そのため、ビジネス英語も勉強しておきましょう。

 

とはいえ、ビジネス英語はマストではありません。

なぜなら、働きながら覚えることもできるからです。

実際、私は働き始めるまでビジネス英語を学んだことがありませんでした。

イチバン大切なのは、コミュニケーションがとれる基礎的な英語力なので、その部分を重点的にきたえましょう。

 

悩める子羊
必要な英語のスキルはわかったけど、どうやって身につければいいんだろう...
オインゴ
下記で、おすすめの英語勉強法を解説するね。

 

海外で働くためのおすすめ英語勉強法

海外で働く英語力を身につける近道

海外で働くためのおすすめ英語勉強法です↓

・留学やワーキングホリデー
・オンライン英会話
・アプリ

 

1.留学やワーキングホリデー

時間や資金に余裕がある方は、留学やワーキングホリデーがおすすめです。

実際に海外で長期間生活することで、実践的な英語力を身につけることができるからです。

 

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは海外で働いたり勉強したり、1年間生活できる制度です。

30歳以下の方であれば利用できます。

ワーキングホリデーとは?簡単にわかりやすく!ワーホリ経験者が解説

ワーキングホリデーとは?簡単に言うと?ワーホリ3ヵ国経験者が解説

 

ワーキングホリデーや留学し、ある程度の期間英語環境に染まれば、確実に英語力は身に付きます。

実際、私はそうすることで、英語力を身につけました。

外資系の買収後はリストラがある?

【ワーキングホリデーはやめた方がいい?】ワーホリの理想と現実

 

2.オンライン英会話

時間や資金に余裕がない方は、オンライン英会話がおすすめです。

低価格で好きな時間に、実践的な英語力を身につけることができるからです。

 

事実、オンライン英会話は留学と比較するとかなり割安です↓

  オンライン英会話 留学(語学学校の授業料)
1ヶ月の料金 月1万未満 月10万以上

※学校やコースによって料金は異なります。

 

上記はおよその料金ですが、オンライン英会話は留学の1/10の料金。

かなり安いですよね。

オンライン英会話のほうがレッスンが少なかったりしますが、好きな時間にうけることができるメリットもあります。

オンライン英会話と留学、どっちがおすすめ?【英語を効果的に伸ばす方法】

オンライン英会話と留学、どっちがおすすめ?【英語を効果的に伸ばす方法】

 

オンライン英会話の中には、レッスンが無制限で受けられるスクールもあります。

下記記事で詳しく解説しているので、ご参考にどうぞ↓

ネイティブキャンプは留学より効果的?最安でペラペラになる方法

ネイティブキャンプは留学より効果的?最安でペラペラになる方法

 

3.アプリ

「英会話するのはちょっと...」という方にはアプリがおすすめです。

ひとりで自分のペースで英語勉強することができるからです。

 

実際、隙間時間に英語勉強できます↓

・通勤時間
・ランチ休憩
・就寝前

 

TOEIC系のアプリがおすすめ

おすすめのアプリはTOEIC系のアプリ。

その理由は、TOEICが海外就職(日系企業)に有効だからです。

また、TOEICはビジネスに関係する問題をたくさん含んでいるので、ビジネス英語の上達にもつながります。

スタディサプリTOEICは効果ない?【私は1ヵ月で100点以上UPしました】

スタディサプリTOEICは効果ない?【私は1ヵ月で100点以上アップしました】

 

アプリから英語勉強に慣れていき、オンライン英会話で実践的な英語力を身につけるのもおすすめです。

無理なく続けられるものを選びましょう。

 

英語勉強法はたくさんありますが、海外で働くために必要なスキル(スピーキングとリスニングなど)を身につけることが重要です。

海外で働くことを意識しながら、英語勉強を行いましょう。

まとめ|オンライン英会話初心者は継続できる勉強方法を見つけましょう

【英語の勉強の仕方がわからない人へ】オススメの勉強法10選とコツ

 

まとめ|英語力を身につければ海外で働きやすくなる

まとめ|海外で働くには実践的な英語力が必要

英語力がなくても海外で働くことはできます。

しかし、できる仕事が制限され、仕事を選ぶことはできません。

逆に英語力があればあるほど、できる仕事が増え、海外で働きやすくなります。

 

そのため、海外で働きたい人、海外就職したい人は、今から英語力を身につけましょう。

特に実践的な英語力が必要になるので、スピーキングとリスニングを意識することが大切。

海外で働くことを意識しながら、英語勉強を行いましょう。

ワーホリ用クレジットカード選びのコツ

オンライン英会話初心者におすすめのスクール4社【DMM歴3年の私が解説】