›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現をtwitterで発信中

海外で働くのは英語話せない人でも可能?【できる仕事と転職方法】

英語話せない人でも海外で働くことは可能?できる仕事とデメリット

 

悩める子羊
英語話せなくても海外で働くことできるのかな...
英語話せない人ができる海外の仕事って、どんなのがあるんだろう...

本記事ではそんな悩みを解決します。

 

記事の内容
・海外で働くのは英語話せない人でも可能?
・英語話せない人が海外で働く方法
・英語話せない人が海外で働くデメリット

 

「英語は話せないけど、海外で働いてみたい...」と思う人は多いのではないでしょうか。

実際、私もそうでした。そして、そのまま行動してみました。

海外渡航時は全く英語が話せず、TOEICは350点程度。

それでも仕事を探し、最終的にはオーストラリア、カナダ、ニュージーランドの3ヵ国で合計7年間ほど働くことができました。

 

本記事では、そんな自身の経験をもとに、英語話せない人が海外で働けるかどうか、できる仕事やその方法について解説します。

あわせて、英語話せない人が海外で働くことのデメリットも解説。

この記事を読み終えれば、海外で働くリアルがわかり、今すべきことがクリアになりますよ。

それでは始めていきます。

 

海外で働きたいなら、転職エージェントに相談しましょう。

その理由は、一般的には公開されていない企業の求人も扱っているので、自分ひとりで探すよりも仕事を見つけやすいからです。

また、転職のプロが不安や疑問を解消してくれます。

 

おすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。そのため、海外で働くことができる仕事が見つかる可能性大。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。なので、海外で働くことができる仕事も見つかりやすい。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

海外で働くのは英語話せない人でも可能?

英語話せない人でも海外で働くことはできる?

さっそく、結論から。

英語話せない人でも海外で働くことはできます。

なぜなら、海外でも英語を必要としない仕事はあるからです。

 

英語を必要としない仕事

英語を必要としない仕事は大きく分けてふたつあります↓

・単純作業
・日本語環境の仕事

 

単純作業

・レストランでの皿洗い
・工場での流れ作業
・ホテルの清掃員

 

などなど、そもそもコミュニケーションをあまり必要としない単純作業であれば、英語も必要としません。

そのため、英語ができなくても働くことはできます。

 

日本語環境の仕事

・日本人相手のコールセンタースタッフ
・日本食レストランのキッチン補助
・日系の美容室のフロントスタッフ
・日系の旅行会社の事務スタッフ
・通訳がいる工場の仕事

 

などなど、働く環境が日本語環境であれば、英語を必要としません。

つまり、英語ができなくても働くことができます。

 

英語圏以外の仕事

また、英語圏以外で働くのであれば、そもそも英語がメインで話されていないので、英語を必要としません。

 

たとえば、下記↓

・中国
・韓国
・タイ
・ベトナム

 

などなど、上記のような国で働くのであれば、キホン英語を必要としません。

とはいえ、英語の代わりにその国の言語が必要になります。

 

番外編|海外でリモートワーク

日本語環境でリモートワークをできるスキルをもっていれば、英語を話せない人でも海外で働くことができます。

具体的には、下記のような職種↓

・Web制作(WebプログラマーやWebデザイナー)
・Webマーケター
・Webライター

 

上記のような職種で日本人相手にリモートワークすれば、英語ができなくても海外で働くことができます。

英語とは違うスキルが必要になりますが、旅をしながら海外で働くことも不可能ではありません。

ワーホリにクレジットカードが必要な理由

 

海外で自由に働きたいなら、今からWeb系のスキルを身につけましょう。

下記のオンラインスクールであれば、未経験からでも短期間(1~4ヶ月)でスキルを身につけることができます↓

Webサイト制作

TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No.1。経験豊富な現役エンジニアがマンツーマンでサポート。Webデザインコースもあります。1週間の無料体験が受講可能。

›› TechAcademyの無料体験を受講する

 

Webマーケター

DMM MARKETING CAMP:転職成功率98%のWebマーケター養成スクール。3ヶ月で未経験からWebマーケター。無料カウンセリングと転職サポートあり。

›› DMM MARKETING CAMPの無料カウンセリングを受ける

 

Webライター

ライティングハックス :月収100万以上のプロライターからライティングが学べます。無料で一部の講義内容がみれます

›› ライティングハックスの無料講義を見る

 

SHElikes(シーライクス):女性限定のクリエイティブスクール。25種類以上の人気コースから自分に合ったものを選べます。無料で体験レッスンが受講できます。

›› SHElikes(シーライクス)の無料体験レッスンを受講する

 

自分に合うかどうかは試してみないとわからないので、さっそく無料体験や無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

悩める子羊
英語できない人でもできる仕事は結構あるんだ...けど、その仕事をどうやって探せばいいんだろう...
オインゴ
下記でその方法を解説するね。

 

英語が話せない人が海外で働く方法

海外で働くための求人を探す方法

英語が話せない人が海外の仕事を探す方法はふたつあります↓

・求人サイト
・転職エージェント

 

求人サイト

まずはシンプルにGoogleなどで検索してみましょう。

そうすることで、実際の求人広告を見つけることができます。

 

たとえば、下記のようなキーワードで検索↓

・「海外 求人 英語不要」
・「海外 求人 語学不問」
・「海外 求人 英語力不問」

 

あとは、検索結果にでてきた求人サイトを確認。そして、気に入ったものがあれば応募。

仕事探しの王道ですが、英語が話せない人が海外の求人を見つけることも不可能ではありません。

 

もし国が決まっているのであれば、国を指定して検索するのもありです↓

・「オーストラリア 求人 英語力不問」
・「カナダ 求人 語学不要」
・「ニュージーランド 語学力不問」

 

まずは自分で検索し、どのような求人があるのか確認してみましょう。

 

転職エージェント

「自分で探すのが難しい...」と感じる人は転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントが就職や転職をサポートしてくれるので、安全安心。

また、一般的には公開されていない求人も紹介してもらえるので、転職できる可能性がグンっと上がります。

 

海外で働くことができる求人を扱っている人気の無料転職エージェントです↓

・エンワールド
・DODA

 

エンワールド

 

外資系専門の転職エージェントです。そのため、海外で働くことができる仕事が見つかる可能性大。

サービス満足度は94.8%、多くの人が利用し満足しています。

 

サポートの特徴
・一人一人に合わせたカウンセリング
・チームで求人探し
・入社後活躍

 

プロの転職コンサルタントが親身になって、ひとりひとりに合わせて相談に乗ってくれます。

無理に転職先を薦められることもないので、安心。

担当者だけでなく他のスタッフも一緒にチームで求人を探してくれるので、自分に合った求人が見つかりやすい。

また、入社後活躍とよばれる独自のサポートがあり、入社後も1年間サポートしてくれます。

›› エンワールドの無料相談はこちら

 

DODA

転職サイトはdoda

 

業界最大級の求人数約10万件を誇るDODAが提供している、エージェントサービスです。

スタッフがプロの視点からアドバイス・サポートしてくれます。

 

サポートの特徴
・応募書類のアドバイス
・選考通過を後押し
・面接前後のきめ細かいフォロー

 

人事担当者を引き付ける履歴書の書き方などのアドバイスをしてくれます。

応募書類だけでは伝わらない人柄などを、企業に伝え、選考通過を後押し。

面接で最大限アピールできるよう、面接前後もサポートしてくれます。

›› dodaエージェントサービス

 

悩める子羊
英語できなくても、海外で働けそう...
オインゴ
とはいえ、英語が話せないとデメリットもあるよ。下記で解説するね。

 

英語話せない人が海外で働くデメリット

英語話せない人が海外で働くデメリット

下記がそのデメリットです↓

・できる仕事が制限される
・現地の生活で苦労する
・情報が少なくなる

 

①:できる仕事が制限される

海外で働く場合、英語が話せない人はできる仕事が制限されます。

なぜなら、海外では、多数の仕事で英語が必要とされるからです。

その国で話されている言語が英語だと、仕事も英語が当たり前ですよね。

 

上記で紹介した英語が話せない人ができる海外の仕事は少数派です。

なので、英語が話せないと、できる仕事が制限されます。

体験談|理系の私が海外で働いた方法

 

②:現地の生活で苦労する

英語が話せない人は、現地の生活で苦労する可能性があります。

理由は、現地の生活では英語が必要になることもあるからです。

 

たとえば、下記↓

・電車やバスの案内が全て英語
・スーパーでのサインが全て英語
・カフェの注文が全て英語

 

上記のような状況で英語ができないと、きつそうじゃないですか。

実際、きついです。

なので、英語が話せない場合、現地の生活で苦労する可能性があります。

 

③:情報が少なくなる

英語ができないと情報が少なくなります。

その理由は、英語圏の場合、キホン英語で情報発信されているからです。

そのため、英語ができないと、情報を理解することができません。

 

具体的には、下記↓

・お店のセール情報
・求人情報
・新しいビザの情報

 

などなど、英語ができないと上記のような情報を収集することができず、チャンスを逃してしまう可能性があります。

英語が日本語に翻訳や通訳され、情報収集できる可能性もありますが、その場合ワンテンポ遅れて情報が入ってくるので不利です

 

結論|英語はできたほうがいい

上記のように英語が話せないとデメリットが多いので、結論、英語はできたほうがいい。

英語ができれば、英語の求人広告も見ることができるようになるので、海外で働くチャンスも増えます。

そのため、チャンスを増やしたいのであれば、今から英語勉強を始めましょう。

 

必要な英語力と勉強法については下記記事をご参考にどうぞ↓

英語が理解できない理由

 

まとめ|英語話せない人でも海外で働くことはできるけど話せた方がいい

まとめ|英語話せない人でも海外で働くことはできるけど話せた方がいい

英語話せない人でも海外で働くことはできます。

英語を必要としない仕事はあるからです。

実際に英語が話せない人でも、海外で働いている人はいます。

 

しかし、英語は話せたほうが、できる仕事が増えますし、現地の生活も楽になったりします。

なので、結論、英語は勉強したほうがいい。

海外で働く前に勉強するのもありですし、海外で勉強してから働くのもありです

英語を勉強する理由

 

自分のやりたいようにやりましょう。

そのほうが行動できます。

【悲報】海外移住して後悔...しなくても後悔...その理由10選【後悔しないために今すべきこと】