›› 生活や仕事に使える英語をtwitterで発信中

海外で働くのは高卒でもできる!具体的な方法5つと注意点3つ

買収後にリストラされた場合の対応

 

悩める子羊
海外で働いてみたいけど、高卒でもできるのかな...
高卒が海外で働く方法ってどんなのがあるんだろう...

本記事ではそんな悩みを解説します。

 

記事の内容
・高卒が海外で働く方法
・高卒が海外で働くときの注意点
・高卒が海外で働くのに有利なスキル

 

海外で働いてみたい人は多いのではないでしょうか。

しかし、高卒だと学歴が気になり、不安になりますよね。

結論、高卒でも海外で働くことはできます。

現に、高卒で海外で働いている人はたくさんいます。

 

実際、海外で働くたくさんの日本人を見てきました。

私はオーストラリア、カナダ、ニュージーランドの3ヵ国で合計7年間ほど働いた経験があります。

そこで働いていた日本人の学歴はさまざまでした。中卒、高卒、大卒。

なので、高卒でも働けます。

 

では、具体的にはどのように働くのか。

本記事では、自身の経験をもとに、高卒が海外で働く方法や注意点について解説します。

あわせて海外で働くのに有利なスキルも解説。

この記事を読み終えれば、高卒が海外で働く具体的な方法がわかり、夢に向かって一歩前進できるようになりますよ。

それでは始めていきます。

 

高卒が海外で働く方法

高卒が海外で働く方法

さっそく、高卒が海外で働く具体的な方法を解説します。

方法は下記の5つです↓

・現地企業
・海外駐在員
・インターンシップ
・留学
・ワーキングホリデー

 

ひとつずつ解説します。

 

①:現地企業

現地企業に就職し海外で働く。

海外で働くことを想像したときに、イチバンに思いつく方法ではないでしょうか。

 

高卒には難しい

しかし、高卒が現地企業に就職するのは簡単なことではありません。

学歴やスキルを求める企業が多いからです。実際、大卒以上を求める企業も少なくありません。

結論、不可能ではありませんが、狭き門です。

 

国によっては、そもそも高卒だと就労ビザを取得することができない場合もあります。

 

②:海外駐在員

日本の企業に勤め、そこから海外駐在員として派遣され、海外で働くことも可能です。

海外駐在員も海外で働く方法としてイメージしやすいのではないでしょうか。

 

高卒には難しい

しかし、スキルや仕事経験がない高卒の場合、いきなり海外駐在員として働くことは難しいです。

まずは日本で経験を積む必要があるからです。

また、現地企業同様、海外駐在員も大卒を求める企業は少なくありません。

なので、こちらも狭き門です。

 

③:インターンシップ

インターンシップとは、職業体験のことで、就職前に仕事を体験するお試し期間のようなものです。

 

高卒でも簡単にできる

インターンシップは高卒でも簡単にできます。

その理由は、インターンシップ斡旋会社がサポートしてくれるからです。

 

デメリットがある

しかし、インターンシップ斡旋会社に費用を支払う必要があります。

また、インターンシップは無給、もしくは有給でも低い給料がキホンです。

なので、デメリットは多いです。

 

④:留学

国によっては、留学しながらバイトすることができます。

知らない人は多いですが、留学も海外で働く方法のひとつです。

 

高卒でも簡単にできる

留学は高卒でも簡単にできます。

語学学校であれば、学歴はキホン必要ないからです。

 

デメリットがある

とはいえ、留学もインターンシップ同様、費用がかかります。

また、就労時間に制限などがあります。

 

例えば、オーストラリアやニュージーランドであれば、週約20時間程度しか働くことができません。

なので、デメリットはあります。

【留学とホームステイの違い】全く別物?メリットとデメリット

【留学とホームステイの違い】全く別物?メリットとデメリット

 

⑤:ワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは、30歳以内の人が利用できる制度で、海外で働くことができます。

ワーキングホリデー制度の協定国のみですが、通常1年間の滞在が可能で、現地で自由に仕事を探すことができます。

ワーキングホリデーとは?簡単にわかりやすく!ワーホリ経験者が解説

ワーキングホリデーとは?簡単に言うと?ワーホリ3ヵ国経験者が解説

 

高卒でも簡単にできる

ワーキングホリデー、通称ワーホリは高卒でも簡単にできます。

国にもよりますが、基本的な条件は年齢。

18歳以上~30歳以下であればワーホリできます。

 

デメリットが少ない

ワーホリはインターンシップ費用や学費を払う必要がないので、費用を抑えて海外で働くことができます。

また、有給で働くことができますし、就労時間の制限もキホンありません。

つまり、デメリットが少ないです。

 

ワーホリでも学校に通う場合は学費が必要になります。

しかし、留学よりは短期間の就学かつフルタイムで働けるので、費用は抑えられます。

まとめ|DMM英会話を留学前に開始し、留学後の不安を減らしましょう

【留学とワーホリの違い】どっちがおすすめ?失敗しない選び方

 

結論|ワーキングホリデーがおすすめ

高卒で海外で働きたいのであれば、ワーキングホリデーがおすすめです。

理由は、高卒でも利用しやすい制度で、デメリットが少ないからです。

 

実際、高卒からワーキングホリデーしている方は少なくありません。

なので、ワーキングホリデーは高卒にとって現実的。

体験談|理系の私が海外で働いた方法

ワーホリの仕事と探し方!仕事が見つからない人の特徴と見つけるコツ

 

とはいえ、ワーキングホリデーを選択しても、他の方法を選択しても、海外で働く上で高卒ということが不利になることはあります。

下記で、高卒が海外で働く注意点を解説します。

 

高卒が海外で働く注意点

高卒が海外で働く注意点

高卒が海外で働く場合の注意点です↓

・求人が少ない
・給料が安い
・マウントをとられやすい

 

求人が少ない

高卒の場合、求人が少ないです。

その理由は、学歴やスキルがないからです。

 

学歴やスキルがないとできる仕事は限られてきます。

例えば、下記↓

・飲食店で皿洗い
・ホテルでクリーナー
・企業でデータ入力

 

などなど、上記のように簡単な単純作業がメインになります。

高卒の場合、上記のような仕事しか見つからないことがあります。

 

給料が安い

高卒の場合、給料が安いことが大半です。

理由は学歴やスキルを求めない仕事は誰でもできるからです。

 

日本でも、誰でもできる仕事は給料が安いですよね↓

・コンビニの店員
・飲食店のスタッフ
・工場での作業員

 

海外も同様です。

学歴やスキルを求めない仕事は、給料が安いです。

 

マウントをとられやすい

高卒の場合、マウントをとられやすいです。

なぜなら、学歴やスキルがないからです。

 

例えば、下記↓

・皿洗いしかできない高卒スタッフ
・スタッフをマネジメントしている大卒スタッフ

 

上記の場合、前者は後者に、なかなか頭が上がらないですよね。

そして、頼み事を頼まれても、断れなくなる。

結果、そこにつけこまれ、マウントをとられてしまいがち。

まとめ|ワーホリの語学学校の最適な期間は目標レベル次第

海外で働くメリットとデメリット20選【結論、海外で働くべき】

 

悩める子羊
高卒で海外で働くの、かなり不利な感じ...
オインゴ
安心して。上記のような状況をひっくり返す方法はあるよ。

 

高卒が海外で働くのに有利なスキル

高卒が海外で働くのに必要なスキル

高卒が海外で働くのに有利なスキルです↓

・英語力

 

英語力

英語力があれば、高卒でも仕事は見つけやすいです。

なぜなら、世界規模でみると、日本語と英語が出来る人は少数派だからです。

実際、私が働いていたオーストラリアやカナダでは、英語ができる高卒の人は仕事を難なく見つけていました。

 

英語ができると給料が上がる

英語ができると、仕事が見つけやすくなるだけではなく、給料も上がります。

その理由は、できる仕事が増えるからです。

 

例えば、下記↓

・皿洗いしかできないスタッフ
・接客も皿洗いもできるスタッフ

 

上記の場合、より給料の高い仕事を見つけられるのは後者です。

より多くのことができるからです。

なので、高卒で海外で有利に働きたいなら、英語を必ず身につけましょう。

まとめ|オンライン英会話初心者は継続できる勉強方法を見つけましょう

【英語の勉強の仕方がわからない人へ】オススメの勉強法10選とコツ

 

英語が話せないと海外で働けない?

そんなことはありません。

英語が話せない人でもできる仕事はあります。

 

しかし、海外で働く上で英語ができないとできる仕事は少なくなるので不利です。

なので、やはり英語はできたほうがいい。

ワーホリ用クレジットカード選びのコツ

オンライン英会話初心者におすすめのスクール4社【DMM歴3年の私が解説】

 

資格は必要?

結論、資格は必要ありません。

資格を必要としない仕事はたくさんあるからです。

 

資格はあったほうが有利

しかし、資格はあったほうが有利です。

そのスキルの証明になるからです。

 

例えば、下記↓

・英語が話せる人
・TOEIC800点をもっている英語が話せる人

 

上記の場合、書類審査を通りやすいのは後者です。

履歴書を見ただけで、そのスキルがわかるからです。

特に日系企業にはTOEICが有効なので、英語勉強の一環として、資格も取得しておきましょう。

買収後にリストラされない対策

海外で働くのに有利な資格7選【私は資格なしで海外就職しました】

 

まとめ|英語ができれば高卒でも海外でできる仕事はたくさんある

まとめ|英語ができれば高卒でも海外でできる仕事はたくさんある

高卒でも海外で働く方法はいくつかあります↓

・現地企業
・海外駐在員
・インターンシップ
・留学
・ワーキングホリデー

 

中でもワーキングホリデーは特におすすめの方法です。

高卒でも簡単にできますし、費用も抑えることができます。

しかし、英語力がなければ、できる仕事は限られてきます。給料も安いです。

 

なので、高卒で海外で有利に働きたいのであれば、英語力を身につけましょう。

英語力があれば、求人の数も増えますし、給料の高い仕事を見つけることも可能です。

その経験を活かし、帰国後に転職することもできます。

 

将来の選択肢を増やすため、今から始めましょう。

ワーホリ前におすすめのオンライン英会話【3ヵ国経験者の私が解説】

ワーホリ前におすすめのオンライン英会話【3ヵ国経験者の私が解説】