›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現をtwitterで発信中

【体験談】30代が海外で働くには?転職する方法と注意点【デメリットも解説!】

30代スキルなしでも転職できる職種


悩める子羊

30代が海外で働くにはどうすればいいんだろう...
海外で働きたいけど、年齢や英語が不安...

本記事ではこんな悩みを解消します。


記事の内容
  • 30代が海外で働くには?
  • 30代が海外で転職するときの不安と回答
  • 30代が海外転職するデメリットとメリット


海外で働いてみたい30代の方は多いのではないでしょうか。

しかし、具体的には何をすればいいのか、年齢的に大丈夫なのか、不安は尽きないですよね。


実際、私も不安でした。

30代で海外就職できるのか。

30代で専門的なスキルがないけど、大丈夫なのか。

しかし結果的には、30代の3年間、オーストラリアで働くことができました。

この記事を書いた人

オインゴ
オインゴ
  • ワーホリ3ヵ国経験者
  • オーストラリアで海外就職
  • 日本で外資系転職
  • 現在はフリーランスのマーケター
  • TOEIC975

もともとは理系出身、工場勤務、英語力ゼロ...
英語を学び、できるようになり、人生変わりました!!


そこで本記事では、そんな筆者の実体験をもとに、30代が海外で働くために必要なものを解説し、不安や疑問を解消します。

あわせて、30代が海外転職するデメリットやメリットも解説。

この記事を読み終えれば、30代が海外で働く方法がわかり、今のストレスから解放され海外で自由に生活できる可能性が上がりますよ。

それでは始めていきます。


海外で働きたいなら、今から英語力を身につけましょう。

英語力があれば、応募できる仕事の数が増え、希望の職に就ける可能性がグンっと上がります。

また、英会話ができれば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになり、生活が楽になります。

逆に英語力がなければ、仕事探しが難しくなったり、現地の生活で苦労する可能性大。


英会話を上達させるには、オンライン英会話がおすすめです。

英会話の実践練習ができるので、実践的なスキルが身につきます。

また、場所を選ぶことなく、隙間時間にレッスンが受けられます。

さらに、店舗型の英会話スクールと比較すると料金は1/10以下と格安。


おすすめのオンライン英会話スクール↓

・QQ English

講師が全員資格保持者。英語を教えるプロから英会話が学べるので、確実にスキルが身につきます。サービス評価No.1。

›› 【無料】QQ Englishの体験レッスンを受ける


・DMM英会話

世界121ヵ国の講師。講師の数・教材の数が多く、自分に合ったものを見つけやすいです。

›› 【無料】DMM英会話の体験レッスンを受ける


実際に体験レッスンを受けてみると、自分に合うかどうか判断できます。

2つとも試してみて比較すれば、自分により合ったものが見つかりますよ。

いずれも無料で体験レッスンが受けられるので、気になるものから試してみましょう


30代が海外で働くには?

30代が海外で働くには?

さっそく、30代が海外で働くために必要なものを解説します。

下記がその必要なものです↓

ビザ


30代が海外で働くためにはビザが必要

30代が海外で働くには、働くためのビザが必要です。


ビザとは

ビザとは、簡単に言うと「入国許可証」です。

その国に「入国してもいいですよ」という意味合いの許可証です。

例えば、ビザには下記のような種類があります↓

・観光ビザ
・学生ビザ
・就労ビザ


観光するための観光ビザ。

勉強するための学生ビザ。

そして、働くための就労ビザ。


海外で働ける就労ビザ

海外で働くには入国できるだけでなく、海外で働くことができるビザが必要になります。

それが、一般的には「就労ビザ」と呼ばれているものです。

観光ビザでは、基本的に働くことができません。

つまり、30代が海外で働くには就労ビザが必要になります。


ビザの種類や詳細は、国によって異なります。また、内容変更もよくあります。

そのため、各国の大使館や移民局のサイトで最新情報を確認するようにしましょう。


就労ビザを取得する方法

30代が就労ビザを取得する一般的な方法です↓

・就労ビザ取得をサポートしてくれる雇用主を見つける


就労ビザを取得するには雇用主が必要

就労ビザを取得するには、ビザ取得をサポートしてくれる雇用主(企業)が必要になります。

つまり、ビザを取得するには、先に雇用主を見つける必要があるということです。


海外で働くための雇用主の見つけ方

海外で働くための雇用主を見つける主な方法はふたつあります↓

・現地で見つける
・日本で見つける


現地で見つける

実際に現地に行って、現地で雇用主を見つける方法です。

具体的には、観光ビザや学生ビザで現地に訪問し、雇用主を探すということです。

しかし、この方法は雇用主が見つかる保証がないため、またビザに制限があるため、かなり難易度が高いと言えます。


日本で見つける

こちらがおすすめの方法です。

おすすめ理由は、日本で雇用主を探している間はビザを気にする必要がないからです。

日本人であれば、日本にいる間はビザが必要ありませんよね。

とはいえ、自分ひとりで就労ビザをサポートしてくれる雇用主を見つけることは簡単ではありません。


そこで、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロが、就職先を一緒に探してくれます。海外就職に関する不安や疑問も解消してくれます。

また、一般的には非公開の求人情報も提供してくれるので、就職先が見つかる可能性がグンっとあがります。

おすすめの無料転職エージェント↓

・JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

外資系や海外進出企業の転職支援に圧倒的な実績をもつ転職エージェント、オリコン顧客満足度は4年連続第1位!

世界11ヵ国に独自のグローバルネットワークを持っているため、外資系企業や海外進出企業の案件が充実。転職支援の実績は40万人以上。企業を熟知した転職のプロが1人1人のニーズに柔軟に対応してくれます。自分に合った希望の仕事が見つかる可能性大。

›› 【登録無料】JACの転職サポートを受ける


・DODAエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1

求人数は約10万件。外資系やグローバル企業の案件も豊富です。しかも80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけられない求人が見つかります。転職のプロが応募書類のアドバイスや選考通過の後押しやフォローもしてくれます。

›› 【登録無料】DODAエージェントサービスを利用する


悩める子羊
30代が海外で働く方法はわかったけど、まだまだ不安がたくさん...
オインゴ
ご安心を。下記でその不安を解消するね。


30代が海外転職する時の不安と回答

30代が海外転職する時の不安と回答

30代が海外で働くとなると多くの不安がでてきますよね↓

・年齢は大丈夫?
・英語は必要?
・資格は必要?
・専門的なスキルは必要?
・扶養家族がいても大丈夫?


それぞれ回答していきます。


年齢は大丈夫?

30代で海外転職できるのか不安...


年齢は、問題ありません。

その理由は、海外には年功序列の文化があまりないからです。

例えば、私が働いていたオーストラリアでは履歴書に年齢を記載する必要はありません。

そのため、そこまで年齢を気にする必要なし。


英語は必要?

30代でぜんぜん英語できないけど、海外で働けるのかな...


英語ができない人でも、海外で働くことは可能です。

理由は、英語を必要としない仕事もあるからです。

例えば、下記↓

・日本人相手のコールセンターの仕事
・働いている人のほとんどが日本人のオフィスワーク
・コミュニケーションがあまり必要のない工場の仕事


などなど、英語ができない人ができる仕事はあります。

とはいえ、英語ができないと仕事の選択肢がかなり絞られるので、英語はできたほうがいいです。

そのため、今からでも遅くないので、まずは英語の勉強を始めましょう。

英語が理解できない理由


海外で働きたいなら、英語力を身につけましょう。

英語力があれば、応募できる仕事の数が増え、希望の職に就ける可能性がグンっと上がります。

また、英会話ができれば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになり、生活が楽になります。

逆に英語力がなければ、仕事探しが難しくなったり、現地の生活で苦労する可能性大。


おすすめのオンライン英会話スクール↓

・QQ English

講師が全員資格保持者。英語を教えるプロから英会話が学べるので、確実にスキルが身につきます。サービス評価No.1。

›› 【無料】QQ Englishの体験レッスンを受ける


・DMM英会話

世界121ヵ国の講師。講師の数・教材の数が多く、自分に合ったものを見つけやすいです。

›› 【無料】DMM英会話の体験レッスンを受ける


実際に体験レッスンを受けてみると、自分に合うかどうか判断できます。

2つとも試してみて比較すれば、自分により合ったものが見つかりますよ。

いずれも無料で体験レッスンが受けられるので、気になるものから試してみましょう


資格は必要?

30代で資格とか全くもってないけど、海外で働けるのかな...


資格がなくても、全く問題ありません。

なぜなら、資格を必要としない仕事はたくさんあるからです↓

・企業の事務
・企業の営業
・企業の人事
・企業のマーケティング
・飲食店のマネージャー
・工場の製造スタッフ
・コールセンターのスタッフ


実際、私も資格なしで海外で働いていました。

そのため、資格なしでも問題ありません。


TOEICのスコアはあったほうが、仕事は見つけやすくなります。

理由はひとつ、TOEICのスコアを求める企業が多いからです。

また、スコアが高ければ高いほど、応募できる求人の数が増えます。

TOEICのスコアアップは、就職先を見つけるのにかなり効果的なので、今から準備を始めましょう。

英語話せない人におすすめのワーホリ前の勉強法


専門的なスキルは必要?

30代で専門的なスキルをもっていないけど、それでも海外で働けるのか不安...


専門的なスキルがなくても、大丈夫です。

理由は、未経験可の求人もあるからです。

実際、私も未経験から、海外で留学カウンセラーとして働き始めました。

というわけで、専門的なスキルがなくても大丈夫です。

転職したいけどスキルがない...30代は無理?リアルな現実と転職できる職種


扶養家族がいても大丈夫?

娘や子供がいるけど、それでも海外で働けるのかな...


家族がいても、大丈夫です。

なぜなら、就労ビザを取得していれば、扶養家族も同行することができたり、家族が配偶者ビザや家族ビザに申請することができるからです。

実際、オーストラリアやカナダでは扶養家族の渡航や配偶者ビザの申請が可能です。

とはいえ、国やビザの種類によりルールが異なるので、大使館や移民局で最新情報を確認するようにしましょう。


働く国や就職先について不安があるなら、転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロが、自分に合った国や就職先を紹介してくれます。

その手続き方法なども詳しく解説してくれるので、今すぐ相談してみましょう。


おすすめの無料転職エージェント↓

・JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

外資系や海外進出企業の転職支援に圧倒的な実績をもつ転職エージェント、オリコン顧客満足度は4年連続第1位!

世界11ヵ国に独自のグローバルネットワークを持っているため、外資系企業や海外進出企業の案件が充実。転職支援の実績は40万人以上。企業を熟知した転職のプロが1人1人のニーズに柔軟に対応してくれます。自分に合った希望の仕事が見つかる可能性大。

›› 【登録無料】JACの転職サポートを受ける


・DODAエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1

求人数は約10万件。外資系やグローバル企業の案件も豊富です。しかも80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけられない求人が見つかります。転職のプロが応募書類のアドバイスや選考通過の後押しやフォローもしてくれます。

›› 【登録無料】DODAエージェントサービスを利用する


悩める子羊
30代が海外で働くデメリットはないのかな...
オインゴ
デメリットやメリットも気になるよね。下記で解説するね。


30代が海外転職するデメリットとメリット

30代が海外転職するデメリットとメリット

下記がそのデメリットです↓

・帰国後の転職が難しくなる
・現地生活に慣れるのに時間がかかる
・ビザの選択肢が少ない


ひとつずつ解説します。


1.帰国後の転職が難しくなる

デメリットのひとつ目は、帰国後の転職が難しくなることです。

その理由は、日本は年をとればとるほど、転職が難しくなるからです。

実際、25歳よりも35歳、35歳よりも45歳のほうが求人の数は少なくなります↓

年齢別有効求人倍率の推移|東京労働局


海外でスキルを身につければ、帰国後の転職も難しくありません。

英語に磨きをかければ、帰国後に外資系企業に転職することも可能です。

事実、私は帰国後に外資系企業に転職することができました。

まとめ|30歳ワーホリ帰国後のキャリア構築はスキルがあれば問題なし


2.現地生活に慣れるのに時間がかかる

ふたつめのデメリットは、海外生活に慣れるのに時間がかかることです。

理由は、長年日本に住んでいるからです。

慣れ親しんだものから新しいものに変更するとき、慣れるのに時間がかかりますよね。


例えば、下記↓

・新しい街での生活
・新居での生活
・新しい車


海外生活も同様です。

慣れ親しんだ日本の生活から新しい海外生活に慣れるには時間がかかります。

とはいえ、時間がたてば慣れます。

留学カウンセラー時代に1000人以上の留学生をサポートしてきた経験からすると、20代だと慣れるのに1ヶ月。30代だと2,3ヶ月程度かかる印象です。

個人差はありますが、時間がたてば慣れていくので問題なし。


3.ビザの選択肢が少ない

3つめのデメリットは、ビザの選択肢が少ないことです。

具体的にいうと、30代は海外で働けるビザ「ワーキングホリデービザ」を取得することができません。(厳密には30歳だと取得可能。)

ワーキングホリデーでは、自由に雇用主を決めることができます。

ワーキングホリデーとは?簡単にわかりやすく!ワーホリ経験者が解説


つまり、20代だとワーキングホリデービザが取得できますが、30代では取得できません。

ビザの選択肢が少ないことは、30代の海外転職のデメリット。

ビザの選択肢が少ないことがメリットになることもあります。

就労ビザの場合、働くことがメインになるので、その分覚悟を決めることができます。

事実、ワーホリ(ワーキングホリデー)の場合、雇用主を決めず自由に働くことができるので、その分フラフラしてしまいがち。

なので、選択肢が少ないことにもメリットはあります。


30代が海外転職するメリット

30代の海外転職はデメリットだけではありません。

もちろんメリットもたくさんあります。

そのメリットです↓

・経験値が上がる
・視野が広がる
・自信がつく


1.経験値が上がる

海外で働くことで、経験値が上がります。

理由はシンプルで、新しいことを経験するからです↓

・海外就職
・海外生活
・海外旅行


いずれも日本で経験できないことですよね。

人は新しいことを経験すると成長します。

なので、経験値が上がるのは強いメリット。


2.視野が広がる

海外で働くと、視野が広がります。

その理由は、日本との違いを知ることができるからです。

例えば、下記↓

・文化や価値観の違い
・生活レベルの違い
・食生活の違い


日本でずっと働いていると、日本が良いのか悪いのか判断することはできません。

比較対象がないので。

しかし、海外で働けば、その違いを知ることができます。

結果、視野が広がります。


3.自信がつく

海外で働くことで、自信がつきます。

なぜなら、目標達成が自信につながるからです。

・時間内に全ての作業を終了
・営業で月のノルマを達成
・TOEICで700点を突破


などなど、目標を達成すると多少自信がつきますよね。

海外転職も同様に、達成すると自分に自信がつきます。

自分に自信がないなら、海外転職は特におすすめ。


海外で働くメリットやデメリットは他にもあります。

気になる方は、下記記事もご参考にどうぞ↓

まとめ|ワーホリの語学学校の最適な期間は目標レベル次第


まとめ|30代が海外で働くには就労ビザが必要

まとめ|30代が海外で働くには就労ビザが必要

おさらいです。

30代が海外働くには就労ビザが必要になります。

そして、就労ビザを取得するには雇用主が必要になります。

雇用主を見つける主な方法はふたつ↓

・現地で見つける
・日本で見つける


おすすめの方法はビザの制限がない後者。

そして一人でビザをサポートしてくれる雇用主を探すのは簡単ではないので、転職エージェントを利用するのが効果的かつ効率的。

人はその瞬間に行動しなければ、どんどん先延ばしにしてしまいます。


海外で働きたいですか?

その答えがYesであれば、今から行動しましょう。

おすすめの無料転職エージェント↓

・JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

外資系や海外進出企業の転職支援に圧倒的な実績をもつ転職エージェント、オリコン顧客満足度は4年連続第1位!

世界11ヵ国に独自のグローバルネットワークを持っているため、外資系企業や海外進出企業の案件が充実。転職支援の実績は40万人以上。企業を熟知した転職のプロが1人1人のニーズに柔軟に対応してくれます。自分に合った希望の仕事が見つかる可能性大。

›› 【登録無料】JACの転職サポートを受ける


・DODAエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1

求人数は約10万件。外資系やグローバル企業の案件も豊富です。しかも80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけられない求人が見つかります。転職のプロが応募書類のアドバイスや選考通過の後押しやフォローもしてくれます。

›› 【登録無料】DODAエージェントサービスを利用する