›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現が知りたい方はtwitterへ

外資系転職は英語できないと無理?【外資系で10年以上働く私が解説】

外資系に向いてる人の特徴

 

悩める子羊
外資系に転職したいけど、英語できないとムリなのかな...
英語力がないまま外資系企業に就職すると、大変なのかな...

本記事ではそんな悩みを解決します。

 

記事の内容
・外資系転職は英語できないと無理?
・外資系転職後に英語できないと困ること
・外資系転職で失敗しないために今すべきこと

 

外資系企業で働いてみたい人は多いのではないでしょうか。

しかし、英語ができないと無理なんじゃない...と不安になりますよね。

 

実際、私もそうでした。

外資系へ転職する前は自分の英語力に自信がなく、英語ができないまま外資系に転職することに不安を感じていました。

しかし、今では外資系企業で10年以上働いています。

 

そこで、本記事では自身の経験をもとに、英語できない人が外資系企業で働けるのかどうかを解説します。

あわせて、外資系転職後に英語できないと困ることや困らないためにすべきことを解説。

この記事を読み終えれば、外資系転職での英語の必要性や今すべきことがわかり、外資系転職で失敗しないようになりますよ。

それでは始めていきます。

 

外資系転職は英語できないと無理?

外資系転職は英語できないと無理?

さっそく、結論から。

外資系転職は英語できなくても可能です。

その理由は下記です↓

・日本語環境の外資系企業もあるから
・単純作業のみを求める外資系企業もあるから

 

ひとつずつ解説します。

 

理由①:日本語環境の外資系企業もあるから

外資系企業は英語環境ばかりではありません。日本語環境の外資系もあります。

例えば、下記のような企業↓

・従業員のほとんどが日本人
・顧客が日本人

 

話す相手が日本人だと、英語は必要ないですよね。

そのため、英語ができない人でも働くことは可能。

 

理由②:単純作業のみを求める外資系企業もあるから

コミュニケーションが必要ない単純作業のみを求める外資系企業もあります。

例えば、下記のような仕事↓

・工場での流れ作業
・データ入力

 

そもそもコミュニケーションがあまり求められない仕事であれば、英語ができなくても問題ありません。

 

悲報|英語を求めない外資系企業は少数派

とはいえ、上記のような英語を求めない外資系企業は少数派です。

実際、英語力を求める企業がほとんどです。

現在日本には5000社以上の外資系企業がありますが、ほとんどの求人広告で英語力の証明(通常TOEIC700点以上)が求められています。

 

そのため、英会話に自信がなくとも、少なくともTOEICのスコアは取得しましょう。

›› スタディサプリTOEICを7日間無料で試す

スタディサプリTOEICは効果ない?【私は1ヵ月で100点以上UPしました】

 

悩める子羊
TOEICのスコアさえあればいいのか...
オインゴ
その考え方はちょっと危険だよ。その理由を下記で詳しく解説するね。

 

外資系転職後に英語ができないと困ること

外資系転職後に英語ができないと困ること

外資系転職後に英語ができないと困ることです↓

・昇進のチャンスを逃す可能性が高い
・コミュニケーションにストレスを感じる
・外資系企業の理想と現実にストレスを感じる

 

それぞれ詳しく解説します。

 

1.昇進のチャンスを逃す可能性が高い

英語ができないと昇進のチャンスを逃す可能性が高いです。

理由は、上のポジションにいる外国人スタッフとコミュニケーションが取れないからです。

 

事実、外資系企業は外国人が出資している企業なので、上のポジションに外国人スタッフがいるのがほとんど。

外国人上司とコミュニケーションがとれないとなると、なかなか昇進するのは難しいですよね。

 

プロジェクトによっては英語が必要な場合もある

また、自分の職場が日本語環境だったとしても、プロジェクトによっては英語が必要な場合もあります。

協力するチームメンバーが英語しか話せない外国人の場合もあるからです。

その際、英語が話せなければ、プロジェクトから外されたり。

結果、昇進を逃す可能性大。

オンライン英会話初心者が撃沈した体験談

 

2.コミュニケーションにストレスを感じる

英語ができないとコミュニケーションにストレスを感じます。

なぜなら、英語が必要な場合、手間や不安が増えるからです。

 

例えば、下記のような状況↓

・同僚の外国人とチャット
・外国人上司と面談
・外国人の部下に指示

 

上記のような状況で英語ができないと、通訳や翻訳が必要になります。つまり、ひと手間加わります。

また、英語ができないので、ちゃんと伝わっているかどうか不安になります。

結果、必要以上にストレスを感じます。

ネイティブキャンプは留学より効果的?最安でペラペラになる方法

 

3.外資系企業の理想と現実にストレスを感じる

英語ができないと外資系企業の理想と現実にストレスを感じる可能性が高いです。

その理由は、日本語環境の場合、日本の文化や習慣が存在するからです。

 

外資系企業にこんなイメージを持っている人はいませんか?

・日本の企業のように堅苦しくなく、ラフな感じ
・外国人スタッフとハイタッチしたり、ハグしたり
・定時に帰国しても問題なし

 

上記のように思っている人も少なくないはず。

しかし、外資系企業でも日本語環境だと、日本の文化や習慣が存在します。

意見の対立を感じてもストレートに物事を言わなかったり、できるのにできないと謙遜したり。

丁寧語や尊敬語、日本独特の気の使い方など、日本社会は少し堅苦しい。

 

結果、外資系の理想と現実が異なり、ストレスを感じてしまいます。

実際、私も職場が変わり、日本人チームの一員として働くことになった時、その文化や習慣にギャップを感じ、ストレスを感じることがありました。

 

悩める子羊
英語できないと困るのはわかったけど、結局何から始めればいいんだろう...
オインゴ
安心して。失敗しないために今からすべきことを解説するね。

 

外資系転職で失敗しないために今すべきこと

外資系転職で失敗しないために今すべきこと

英語できない人が外資系転職に失敗しないために、今からすべきことです↓

・TOEICのスコアアップ
・英会話を上達させる
・転職エージェントを活用

 

TOEICのスコアアップ

まずは、TOEICのスコアアップを目指しましょう。

理由はふたつあります↓

・仕事の選択肢が増える
・ビジネス英語が上達する

 

仕事の選択肢が増える

TOEICをスコアアップさせることで、仕事の選択肢が増えます。

外資系企業のほとんどがTOEICのスコアを求めているからです。

そのため、できればできるほど、応募できる外資系企業が増え、仕事の選択肢が増えます。

スタディサプリTOEICで900点とれる?【私は1ヵ月で975点とれました】

 

ビジネス英語が上達する

TOEICを勉強することで、ビジネス英語が上達します。

TOEICには、ビジネスでよく使われる単語や文法が含まれているからです。

実際、ReadingやListeningの問題では、ビジネスでのワンシーンが切り取られたような問題が結構でてきます。

 

繰り返しになりますが、まずはTOEICでスコアアップを目指しましょう。

›› スタディサプリTOEICを7日間無料で試す

 

少なくともTOEIC700点以上を目指しましょう。

そうすれば、応募できる外資系企業も増えてきます。

スタディサプリTOEICの評判と口コミ【1ヵ月試した私がデメリットも解説】

 

英会話を上達させる

次に、英会話を上達させましょう。

その理由は、英語の読み・書きだけでは、不十分だからです。

 

例えば、下記↓

・外国人上司に進捗報告
・外国人の同僚とのミーティング
・外国人のクライアントと打ち合わせ

 

上記をするには、英会話が必要になります。

読み・書きだけがでは不十分です。

そのため、英会話も上達させましょう。

›› DMM英会話を無料体験してみる

 

DMM英会話の留学前の効果

 

転職エージェントを活用

転職エージェントも活用しましょう。

なぜなら、転職エージェントが自分に合った仕事を紹介してくれるからです。

結果、自分に合った仕事が見つかる可能性があがります。

 

たとえば、下記↓

・自分だけで仕事を探す
・自分と転職エージェントで仕事を探す

 

仕事が見つかりやすいのは、明らかに後者ですよね。

しかも、無料でサポートしてくれる転職エージェントもあるので、活用しない理由なし。

無料の転職エージェントを活用しましょう。

 

外資系企業に強い無料の転職エージェント↓

エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント。そのため外資系の仕事の多さは日本でトップクラス。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント。外資系やグローバル企業の案件も豊富です。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

まとめ|外資系転職を希望するなら英語を勉強しましょう

まとめ|外資系転職を希望するなら英語を勉強しましょう

英語ができない人でも外資系企業で働くことは可能です。

しかし、求人の数は少なく、転職後のデメリットもあります↓

・昇進のチャンスを逃す可能性が高い
・コミュニケーションにストレスを感じる
・外資系企業の理想と現実にストレスを感じる

 

転職後に苦労したくないなら、今から英語勉強を始めましょう。

英語ができれば、外資系の仕事の幅が広がりますし、昇給の可能性もあがります。

転職後のストレスを減らすこともできます。

 

長期的にみると、英語できないまま外資系転職するより、英語ができるようになってから転職したほうが圧倒的にメリットが多いです。

外資系転職を目指すなら、今すぐ英語を鍛えましょう。

まとめ|オンライン英会話初心者は継続できる勉強方法を見つけましょう