›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現をtwitterで発信中

外資系に転職して後悔...その理由と失敗しないために今すべきこと【経験談】

転職失敗して後悔してる奴の体験談

 

悩める子羊
外資系に転職したいけど、後悔するのかな...
外資系転職で後悔している人の理由を知りたい...
外資系転職で失敗しないためには何をすればいいんだろう...

本記事では、そんな悩みを解消します。

 

記事の内容
・外資系に転職すると後悔する理由
・外資系転職で後悔していない人の特徴
・外資系転職で後悔しないために今すべきこと

外資系転職に興味がある人は多いのではないでしょうか。

しかし、転職すると後悔するのではないかと、不安になりますよね。

 

私もそうでした。

外資系に転職する前は後悔するのではないかと、なかなか一歩踏み出せず...

しかし、20代後半に外資系転職を決意し、転職を経験。

結論、私は外資系転職に全く後悔していません。むしろ転職してほんと良かったと思っています。

 

とはいえ、外資系企業で10年以上働く中で、後悔している人もたくさん見てきました。

後悔している人と後悔していない人、その違いはいったい何なのでしょうか。

本記事では、そんな自身の経験をもとに、外資系転職で後悔する理由、後悔していない人の特徴を解説します。

あわせて、後悔しないために今すべきことを解説。

 

この記事を読み終えれば、外資系転職で後悔する理由やしないための方法がわかり、外資系に転職してよかったと思える未来に近づけますよ。

それでは、始めていきます。

 

外資系転職で後悔したくないのであれば、転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロが自分に合った外資系の仕事を紹介してくれるので、後悔する可能性がグンっと下がります。

さらに、一般的には公開されていない外資系企業の求人情報も知ることができるので、自分に合った仕事が見つかる可能性も上がります。

 

外資系転職におすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

外資系に転職すると後悔する理由

外資系に転職すると後悔する理由

外資系転職で後悔している人の理由です↓

・言葉の壁
・文化の違い
・人間関係
・労働時間
・給与体系

・リストラ

 

それぞれ、詳しく解説します。

 

1.言葉の壁

後悔するひとつ目の理由は言葉の壁です。

具体的には、下記のような状況↓

・英会話に自信がなく、思ったように発言できない...
・英語で言いたいことが言えず、ストレスがたまる...
・日本語環境だと、何の問題もなかったのに...

 

上記のように、言葉の壁に苦戦。

なぜなら、外資系企業の場合、外国人スタッフと英語や他言語でコミュニケーションする必要があるからです。

日本語環境だと、言葉の壁はないですよね。日本語が通じるので。

結果、そのギャップにストレスを感じ、後悔。

 

外資系転職したいのであれば、今から英語力をあげておきましょう。

特に英会話ができれば、転職後の実際の作業が楽になります。

転職回数が多いのは優秀?

 

2.文化の違い

・カナダ人の上司に日本の商文化をイチから説明しないといけない...
・ブラジル人の同僚が空気を読まず話し続けている...
・アメリカ人スタッフからの返答が遅い...

 

上記のように、文化の違いでも苦戦します。

その理由は、各国の文化が異なるからです。

日本では、下記のような考え方が当たり前ですよね。

・お客様最優先
・空気を読む
・即返信

 

しかし、他国ではその考え方が当たり前ではありません。

そのため、文化の違いにストレスを感じ、外資系転職を後悔。

 

3.人間関係

人間関係に後悔しているケースは、二通りあります↓

外資系に転職し、仕事終わりの付き合いがなくなり寂しい...
・外資系転職したけど、日本人ばかりで日本社会みたい...

 

①: 仕事終わりの付き合いがなくなる

外資系企業では、仕事は仕事、プライベートはプライベートのように、きっちり分けている人が多いです。

そのため、日系企業のときにあったような、仕事終わりの飲み会などがなくなり、寂しく感じる人がいます。

 

②: 外資系なのに日本社会

外資系なのに、日本人スタッフばかりの職場環境もあります。

そのため、敬語や年功序列など日本独自の文化が強く残り、外資系転職したのに人間関係が変わらず後悔。

 

4.労働時間

・外資系なのに残業ばかり...
・他国に上司がいるのでオンラインミーティングが深夜...

 

上記のように、労働時間の長さに後悔する人もいます。

その理由は、外資系企業に残業が少ないイメージや、ワークライフバランスが良いイメージを持っているからです。

実際、外資系は仕事終わりにすぐ帰れる、ワークライフバランスが良い、といったイメージを持っていませんか。

しかし、それは成果を出していればの話です。

 

外資系企業は成果主義

外資系企業の場合、成果主義がほとんどなので、成果を出していればキホン周りから何も言われません。

しかし、成果が出ていなければ、残業も当たり前。さらに、上司とのミーティングの数も増え、労働時間は増えます。

結果、その現状に後悔。

 

5.給与体系

・外資系企業に転職してから、ボーナスがなくなった...

 

上記のように給与体系、特にボーナスについて後悔する人もいます。

その理由は、毎年ボーナスが出る外資系企業は少ないからです。

実際、私が働いて外資系企業では決まったボーナスはありませんでした。

そのため、ボーナスがないことを後悔しているスタッフも結構いました。

 

外資系では、ボーナスよりもインセンティブが多いです。

インセンティブとはノルマ達成者や成績優秀者に機会的に与えられる賞与のことです。

外資系は成果主義なので、成果を上げれば、その分報酬を与えるといったスタンスが多い。

 

6.リストラ

外資系企業に転職したら、リストラを経験...

 

上記のように、外資系企業でリストラを経験し後悔。

誰しもリストラは経験したくないですよね。

しかし、外資系企業は日系企業よりもリストラが多いです。

 

理由はいくつかあります↓

・実力主義
・転職が当たり前の考え方
・企業間の買収や合併が多い

 

上記のような理由により、外資系企業は日系企業よりもリストラが多いです。

実際、私もリストラを経験しました。

そして、多くのスタッフが後悔していました↓

外資系に転職すると後悔する理由

 

結論|理想と現実のギャップに後悔する

結論、後悔している人は理想と現実のギャップに後悔しています↓

・高収入→実際はボーナスなし
・残業なし→実際は成果が出ていなければ残業も必須
・人間関係が楽→職場によってはドライすぎたり、日本社会があったり

 

上記のように、転職後に現実を知り、後悔している人は少なくありません。

そのため、外資系企業に良いイメージを持ちすぎている人は注意が必要です。

【外資系はやめとけ】地獄の理由5選【結論:準備すれば問題なし】

 

理想と現実のギャップを埋めるには、転職エージェントに相談するのがおすすめ。

転職前に、転職のプロから社内情報を根掘り葉掘り聞くことができるからです。

結果、外資転職前に理想と現実のギャップを埋めることができます。

 

外資系転職におすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

悩める子羊
外資系企業に転職すると後悔しそう...。
オインゴ
安心して。後悔していない人もたくさんいるよ。下記で解説するね。

 

外資系転職で後悔していない人の特徴

外資系転職で後悔していない人の特徴

外資系転職で後悔していない人の特徴です↓

・成果が給料やインセンティブに反映され満足
・日本社会がなくストレスフリー
・成長を実感

 

①:成果が給料やインセンティブに反映され満足

成果が給料やインセンティブに反映されることに満足している人は、外資系転職に後悔していません。

例えば、下記↓

・月間売り上げを大幅にアップさせ、インセンティブで100万ゲット
・上半期の成績を上げ、プライベートのパソコンが支給される
・年間のノルマを達成し、年収が150万アップ

 

日本だと年収が上がっても、平均約2~3%のレベルなので、いきなり100万以上あがることは稀ですよね。

しかし、外資系企業であれば、成果主義なので、成果を出せば100万以上アップすることもあります。

実際、私は1年で150万円上がりました。また、私だけでなく、外資系で成果を出している友人や知人も年収がグンっと上がっています。

結果、外資系転職の給与面に大満足し、後悔なし。

 

外資系企業の平均年収は約800万円と言われています。

日系企業の平均年収は約400万円。外資系の半分です。

高収入が働く一番のモチベーションなら、日系よりも外資系。

 

②:日本社会がなくストレスフリー

下記のような日本社会に疲れていませんか?

・上司が帰るまで仕事を続ける
・敬ったり、へりくだったり、敬語に気を使う
・仕事が終わっても付き合いがあり、すぐ帰れない

 

上記は、日本の企業あるあるですよね。

しかし、英語環境の外資系企業であれば、空気を読む必要もないし、敬語に気を使う必要もありません。

結果、ストレスフリーな職場環境に大満足。そのため、外資系転職に後悔なし。

 

日本人スタッフばかりの外資系企業の場合、日本社会は存在します。

後悔する理由でもお伝えしたように、日本人スタッフが多い環境であれば、外資系でも日本社会は存在します。

そのため、職場環境を重要視する人は、外資系転職前に必ずチェックするようにしましょう。

 

③:自身の成長を実感

自身の成長を実感している人は、外資系転職に後悔していません。

例えば、下記↓

・他国の文化や価値観を知ることができた
・多国籍な環境で働くことによりグローバルな視野がもてた
・成果にコミットするマインドやスキルを身につけることができた

 

上記のように、日系企業ではなかなか身につけられないスキルや知識を得ることができ、自身の成長を実感。

自分の成長を感じることができれば、後悔はしませんよね。

外資系企業のメリットとデメリット

 

悩める子羊
外資系転職で後悔したくない...後悔しないためには具体的に何をすればいいんだろう...
オインゴ
ご安心を。下記でその方法を解説するね。

 

外資系転職で後悔しないために今すべきこと

外資系転職で後悔しないために今すべきこと

外資系転職で後悔しないために今すべきことです↓

・外資系企業の特徴を理解
・転職エージェントに相談
・英語の勉強(TOEICと英会話中心)

 

外資系企業の特徴を理解

まずは外資系企業の特徴を理解しましょう。

特徴を理解することで、理想と現実のギャップを埋めることができるからです。

具体的には、下記を理解しておきましょう↓

・成果主義
・高収入
・リストラ

 

成果主義

外資系企業は成果主義なので、成果を出していれば、時間に縛られることなく自由に働けたり、成果が給与やインセンティブに反映されます。

逆に成果を出していなければ、残業しなければならなかったり、上司から強く言われることも。

なので、外資系企業で働くなら、成果を出すことにコミットすることがとても重要。

 

高収入

外資系は日系企業と比較すると高収入です。

外資系の平均年収は800万円。日系企業の平均年収は400万円。

しかし、外資系はボーナスがないところがほとんど。また、家賃手当や社宅制度もないところがほとんど。

そのため、福利厚生を重視する人は、注意が必要です。

月収100万ってどんな仕事?【めちゃくちゃ稼げる仕事5選】

 

リストラ

外資系企業では日系企業よりもリストラがあります。

その理由は、成果主義や企業間の買収や合併が多いからです。

とはいえ、日本の企業でも買収や合併が増えてきているので、日本でも今後はリストラが当たり前になってくるかもしれません。

そのため、いつリストラされても大丈夫な働き方を考えることが大切。

 

転職エージェントに相談

次に、転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロが自分に合った外資系企業を紹介してくれるからです。

具体的には、自分の希望を細かく伝えることにより、その希望に合った求人案件を紹介してもらえます。

結果、理想と現実のギャップを限りなくゼロに近づけることができます。

 

転職エージェントの中でも、特に外資系転職に強い転職エージェントを選ぶようにしましょう。

その理由は、取り扱っている外資系求人の数が桁違いに多いからです。

そのため、自分の希望する仕事を見つけられる確率がグンっとあがります。

 

外資系転職におすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

英語の勉強(TOEICと英会話中心)

英語の勉強も始めましょう。

特にTOEICと英会話の勉強がおすすめです。

その理由は下記↓

求人に応募する際にTOEICが効果的
・英会話ができると転職後が楽

 

TOEIC

TOEICのスコアアップは、外資系転職に効果的です。

なぜなら、TOEICのスコアが高ければ高いほど、応募できる求人の数が増えるからです。

事実、800点や900点をもってれば、応募できる求人はたくさんあります。

結果、自分に合った外資系企業を見つける可能性が上がり、後悔する可能性がグンっと下がります。

英語が全くできない人におすすめ勉強法

 

英会話

英会話ができれば、外資系転職後の実際の作業が楽になります。

逆に英会話ができなければ、作業に支障をきたします↓

・外国人スタッフとのミーティング中に発言できず、嫌な作業を任せられる
・外国人上司に状況をうまく説明できず、評価が下がる
・外国人のクライアントとの交渉で誤解が生まれる

 

などなど、英会話ができないと、致命的な問題が起こることもあります。

そのため、今から英会話をきたえておきましょう。

ネイティブキャンプとQQEnglishはどっちがおすすめ?【英会話歴5年の私が解説】

 

まとめ|外資系転職の現実を知り、準備すれば後悔しない

まとめ|外資系転職の現実を知り、準備すれば後悔しない

おさらいです。

外資系転職で後悔する理由です↓

・言葉の壁
・文化の違い
・人間関係
・労働時間
・給与体系

・リストラ

 

後悔していない人の特徴です↓

・成果が給料やインセンティブに反映され満足
・日本社会がなくストレスフリー
・成長を実感

 

後悔しないために今すべきことです↓

・外資系企業の特徴を理解
・転職エージェントに相談
・英語の勉強(TOEICと英会話中心)

 

外資系転職では、後悔する人も後悔しない人もいます。

その違いは、現実を知り、準備し、結果にコミットしているかどうか。

誰しも後悔はしたくないですよね。

後悔したくないのであれば、今からその準備を始めましょう。

 

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

転職サイトはdoda

›› dodaエージェントサービスで転職