›› フォローすると英語が上達すると評判のtwitterアカウントはこちら

リモートワークとは?メリットとデメリット【体験談】

柔軟な働き方

「リモートワークとは?」

「リモートワークのメリット、デメリットって何?」

リモートワークに疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

本記事では下記を解説します。

記事の内容
・リモートワークとは?
・リモートワークのメリット
・リモートワークのデメリット
・リモートワーク成功の秘訣

 

リモートワーク歴5年以上の筆者が、リモートワークの意味やメリット・デメリットを解説します。あわせて、リモートワーク成功の秘訣も解説。
リモートワークに興味がある方、必見です。

 

リモートワークとは?

リモートワークとは

メリットやデメリットを解説する前に、まずはリモートワークについて説明します。

リモートワークの理解を深めましょう↓

 

リモートワークとは?

リモートとは「遠隔」の意味。

ワークは「働く」。

なのでリモートワークとは「遠隔で働く」ということ。

つまり、リモートワークとは、会社のオフィスではなく、離れたところで仕事を行う働き方です。

会社のオフィスではなく、家やコワーキングスペース、カフェなどで仕事を遠隔で行うので、自由度の高い働き方です。

 

リモートワーカーとは?

リモートワークしている人のことです。

シンプルです。

 

テレワークとは?

テレワークとは

テレは「遠い」という意味なので、テレワークは「遠くで働く」という意味。

なので、リモートワークと基本同じ意味です。

テレワークはリモートワークより昔から使われていた言葉なので、国や行政機関でよく使われています。

 

在宅ワークとは?

在宅なので家がメインの仕事場、在宅ワークとはつまり、家で働くということ。

リモートワークでは、家だけではなくカフェやコワーキングスペースなども含まれるので、リモートワークに在宅ワークが含まれるような認識です。

リモートワークの方が大きい枠組み。

 

リモートワークの種類

リモートワークの中にもさまざまな業種・職種があります。

営業、マーケター、デザイナー、エンジニアなどなど。

業種や職種は増え続けています。

需要があるので。

 

リモートワークのメリット

メリットとデメリット

では次に、リモートワークのメリットを解説していきます。

メインのメリットです↓

リモートワークのメリット
・どこでも働ける
・いつでも働ける
・ラッシュアワーの心配なし

 

メリット①どこでも働ける

リモートなので、どこでも働けます。

家やカフェ、コワーキングスペース、レンタルオフィス、働く場所はさまざま。

しかし、通常インターネット環境が必要になります。

職種にもよりますが、会社やクライアントとやりとりする必要があるので。

ただインターネットがあれば、Emailを送ることもできますし、Skypeなどでミーティングを行うこともできます。

なので、インターネット環境があれば、リモートワークは場所を選ばない。

 

 

メリット②いつでも働ける

リモートワークは場所を選ばないので、いつでも働けます。

会社にもよりますが、朝と夜だけ働いたり、深夜だけ働いたり。

私の場合、海外の会社の営業を日本で行っています。

世界各国にスタッフがいるので、時差もありますが、いつでも働くことのできる環境なので、問題ありません。

自分のライフスタイルに合わせることができます。

 

 

メリット③ラッシュアワーの心配なし

家で働くこともできるので、通勤の必要なし。

なので、ラッシュアワーを心配する必要ありません。

混雑した電車に乗る必要なし、渋滞の中運転する必要なし。

魅力的なメリットの一つかと。

 

番外編|会社のメリット

番外編ですが、なぜ会社はリモートワークを導入するのか?

会社側のメインのメリットです↓

・コスト削減
・生産性の向上
・優秀な人材の確保

まず、オフィスや設備をもたなくていいのでコスト削減。交通費等も払わなくていいので経費削減。

そして、社員は時間や場所に縛られず自由に働けるので、生産性の向上。

また、リモートワークなので、日本中・世界中から優秀な人材を雇うことが可能。

 

関連記事:【外資系に転職】失敗や後悔しないための注意点4つ

 

しかし良いことばかりじゃないのがこの世の中(笑)

続いてデメリットを解説していきます。

 

リモートワークのデメリット

リモートワークのデメリット

私が実際に感じたデメリットです↓

リモートワークのデメリット
・オン、オフの切り替えが難しい
・スタッフとの感情のシェアが難しい
・集中力を保つのが難しい

 

デメリット①オン・オフの切り替えが難しい

オン・オフがない

リモートワークはどこでも働けるので、オンとオフの境界線がありません。

会社のオフィスで働いている場合、会社から家に帰ってくると、ほっとします。

しかし、リモートワークの場合、家が職場のケースもあるので、ずっと働いているような感覚。

私もリモートワークの始めたては、この部分で苦戦しました。

基本家で働いているので、家が職場。

家にいると、仕事していないときも働いてる感覚。

心が休まらない。

 

 

デメリット②スタッフとの感情のシェアが難しい

リモートワークは、他のスタッフとオフィスで一緒に働いているわけではないので、喜怒哀楽をシェアするのが難しいです。

オフィスにいれば、何かあれば、他のスタッフとすぐ話せる環境。

しかし、リモートワークは基本一人です。

なので、何かあっても、スタッフとの感情のシェアが難しい。

 

デメリット③集中力を保つのが難しい

集中力が続かない

リモートワークは、家やカフェ、好きなところで働けるので、仕事に関係のないものが近い距離感にあります。

例えば、家にいれば、好きな漫画が近くにあったり。

カフェであれば、コーヒーや食べ物の匂いがしたり、大学生が騒いでいたり。

集中力が途切れるような誘惑や出来事があります。

 

リモートワーク成功の秘訣

リモートワーク成功の秘訣

リモートワークのメリットとデメリットを解説しましたが、失敗しないようにするにはどうすれば良いのか、気になりますよね。

成功するためにはどうすれば良いのか、解説します。

 

リモートワーク成功の秘訣とは?

成功の秘訣は自分で自分をコントロールすることです。

リモートワークは基本1人で働くことになるので、自分で自分をコントロールする必要があります。

成功の秘訣
・オンとオフを自分でコントロール
・感情を自分でコントロール
・集中力をコントロール

 

上記が自分でできなければ、リモートワークが失敗に終わることも。

なぜなら、他のスタッフがいつも近くにいて、助けてくれる環境ではないので。

自分で自分をコントロールしないと。

 

では自分をコントロールするにはどうすれば良いのか?

リモートワークできる環境を作る

リモートワークできる環境を作る

リモートワークできる環境を作れば、自分をコントロールすることが簡単になります。

一番のオススメは家の中に仕事部屋を作ること。

その部屋には、仕事関係の資料のみを置き、仕事に集中。

そうすれば、家が職場だったとしても、オン・オフをコントロールすることができるようになります。

また雑誌や漫画などがなければ、誘惑にも負けません。集中力も自分でコントロール。

感情のコントロールに関しては、スカイプなどで同僚に話してみたり。

家の周りをジョギングしたり。

実際に私がしていた方法です(笑)

 

なので、リモートワークしたいのであれば、自分が集中できる環境を作ることを強くオススメします。

 

まとめ|リモートワークのメリットとデメリットを知り、やってみる

リモートワークのメリットとデメリットを知り、やってみる

上記で解説したように、リモートワークにはメリットとデメリットいずれもあります。

まずは両方知ることが大切。

メリットのみに魅力を感じ、デメリットを知らずリモートワークしてみると、後悔することもあるので。

自分が仕事に集中できる環境を作れば、デメリットに対応可能。

なので、リモートワークするなら、仕事部屋を作ることをおすすめします。

仕事部屋を作り、自分で自分をコントロール。

 

始めはストレス感じるかもしれませんが、慣れます。

私もそうだったので。

誰しもはじめはできないので、ご安心を。

やりたい気持ちがあるのであれば、その気持ちを大切に。

やってみれば、景色は変わります。