›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現をtwitterで発信中

【体験談】外資系はボーナスなし?その理由と年収をアップさせる方法

月収100万以上稼ぐコツ

 

悩める子羊
外資系企業はボーナスもらえないのかな...もしそうなら、なんでなんだろう...
外資系でガッツリ稼ぎたい...年収アップさせる方法ってあるのかな...

本記事ではそんな悩みを解決します。

 

記事の内容
・外資系はボーナスなし?
・外資系のボーナス以外の報酬
・外資系で年収をアップさせる方法

 

外資系企業の高年収に魅力を感じ、転職を考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、ボーナスが出ないと聞くと、躊躇してしまいますよね。

 

本当にボーナスは出ないのでしょうか?

もしそうだとしたら、その理由はいったい?

ボーナス以外にもらえるものはある?

外資系企業3社で働いたことがある筆者が、そんな疑問を解消します。

 

本記事では、自身の経験をもとに、外資系のボーナスの有無やその理由を解説します。

あわせて、ボーナス以外の報酬や年収をアップさせる方法も解説。

この記事を読み終えれば、外資系のボーナスの仕組みや年収アップの方法がわかり、外資系でより稼げるようになりますよ。

それでは始めていきます。

 

外資系への転職が不安なら、転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロが具体的な不安や疑問を解消してくれます。各企業のボーナスや報酬、福利厚生なども一気にクリアになります。

また、一般的には公開されていない求人案件も紹介してもらえるので、外資系に転職できる可能性がグンっとあがります。

 

外資系転職におすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。年収800万円以上の求人も多数、その数は常時10000件以上。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

外資系はボーナスなし?

海外移住すると後悔する理由

さっそく、結論から。

悲報ですが、外資系はボーナスなしが当たり前です。

その理由は下記のふたつ↓

・ボーナスを払う習慣がない
・月給制ではなく年俸制

 

それぞれの理由を詳しく解説します。

 

理由①:ボーナスを払う習慣がない

外資系企業には決まったボーナスを毎年払う習慣がありません。

実際、ボーナスのある外資系企業はかなりレア。

 

事実、私が働いた外資系3社でも決まったボーナスの支給はなし。

そのうちの1社との雇用契約書にはこのような記載がありました↓

※賞与、その他特別手当について:就業先担当者の承認の上、別途支給する。

 

上記のように「承認の上」の記載があるので、絶対ではないということ。

日系企業の場合は、「夏季~円」や「冬季~円」の記載があったりしますよね。

しかし、外資系企業はそれがないのが当たり前。

つまり、決まったボーナスを毎年払う習慣がないので、外資系はボーナスなし。

 

理由②:月給制ではなく年俸制

外資系企業の多くが月給制ではなく年俸制です。

 

年俸制とは?

年俸制とは給与の単位を1年単位で決めることです。

逆に、月給制は月単位で決めること。日系企業のほとんどが月給制です。

年俸制の場合、1年の年俸を12で割った額が毎月支払われるような仕組み。

実際、私も年俸が先に決まり、それを12で割った月給が雇用契約書に記載されていました↓

・基本給与:月給~円

 

イメージとしては、ボーナスなども考慮し年俸が決められ、それを12で割ったものが毎月の給料としてもらえる感じです。

つまり、別途ボーナスが支給されるわけではありません。

そのため、外資系企業はボーナスが出ない。

 

福利厚生もなし?

ボーナスだけでなく福利厚生が気になる人も多いのではないでしょうか。

住宅手当や交通費なども大切なポイントですよね。

結論、外資系企業にも福利厚生はあります。

 

法廷福利費と法廷外福利費

福利厚生をもう少し深ぼると、法廷福利費と法廷外福利費に分かれます。

法廷福利費とは、法で義務付けられているもの。具体的には、社会保険料などです。

法廷外福利費とは法で義務付けられていないもの。住宅手当や交通費など。

 

外資系企業も社会保険料などの負担はもちろん行います。法で義務付けられているからです。

しかし、住宅手当などは支給していないところが多いです。

そのため、外資系は日系企業よりも福利厚生が充実していないと言えます。

外資系に転職すると後悔する理由

 

外資系企業でも交通費や接待費などの費用が経費として支払われることはよくあります。

実際、私が働いていた外資系2社では経費用のクレジットカードが個人に支給され、それでさまざまな費用を支払ってました。

 

結論:外資系はボーナスなし・福利厚生が充実していない

・ボーナスを払う習慣がない
・月給制ではなく年俸制

 

上記の理由で、外資系はボーナスなしが当たり前です。

また、福利厚生も日系と比べると充実しているわけではありません。

しかし、そういったものが加味され、年俸が決められているので、外資系は高収入とも言えます。

事実、外資系の平均年収は800万、日系の平均年収の2倍と言われているので、ボーナスなしでも高年収。

 

外資系への転職が不安なら、転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロが具体的な不安や疑問を解消してくれます。各企業のボーナスや報酬、福利厚生なども一気にクリアになります。

また、一般的には公開されていない求人案件も紹介してもらえるので、外資系に転職できる可能性がグンっとあがります。

 

外資系転職におすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。年収800万円以上の求人も多数、その数は常時10000件以上。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

悩める子羊
ボーナスがないのはわかったけど...何か報酬はないのかな...
オインゴ
あるよ。下記でボーナス以外の報酬を解説するね

 

外資系のボーナス以外の報酬

外資系のボーナス以外の報酬

外資系で支給されるボーナス以外の報酬です↓

・インセンティブ
・コミッション
・アウォード

 

インセンティブ

インセンティブとは、ターゲットやノルマなどを達成したときにもらえる報酬です。

具体的には下記↓

・第1四半期の売上ターゲット達成で10万支給
・年間の売上ターゲット達成で年収の10%を追加で支給
・上半期の売上がチームのトップであればプライベート用のパソコン支給

 

上記は、私が働いていた外資系で実際に支給されていた報酬です。

私は2つ目と3つ目を達成できたので、報酬とパソコンをゲットしました!

報酬が支給されたときは、嬉しさのあまり家族に自慢してました...

 

コミッション

コミッションとは、売上金額に応じて支給される報酬のことです。

例えば、下記↓

・基本給+売上の5%を支給
・年間売り上げ達成後の売上から10%を支給

 

上記のように売上に応じて支給される報酬がコミッションです。

後者の具体例はインセンティブの要素も含んでいますが、コミッションでもあります。

こちらも私が働いていた外資系で実際に支給されていた報酬です。

このコミッションで100万以上稼いでいるスタッフもいました...

 

アウォード

アウォードとは、企業への貢献度に応じて、チームや個人に賞や報酬を与えるシステムのことです。

下記がいい具体例です↓

・全世界のスタッフの中で売り上げ1位にMVP賞と賞金100万円
・前年比の売上成長率が最も高いチームに最優秀チーム賞と海外旅行をプレゼント
・顧客満足度が1番高かったスタッフにカスタマーサービス賞とAmazon商品券10万

 

上記も、私が働いていた外資系での実例です。

アウォードは、全世界のスタッフが1か所に集まり大きなイベントで表彰されることが多いです。

実際、私もアウォード参加のため、アメリカやイギリス、マルタなどに出張しました。

海外出張に憧れがある人にとっては、アウォード参加自体も報酬のひとつ。

ワーホリにクレジットカードが必要な理由

 

結論:外資系にはボーナス以外の報酬がたくさんある

・インセンティブ
・コミッション
・アウォード

 

上記のように外資系にはボーナス以外の報酬がたくさんあります。

そのため、ボーナスなしでも年俸以上稼ぐことは難しくありません。

 

外資系への転職が不安なら、転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロが具体的な不安や疑問を解消してくれます。各企業のボーナスや報酬、福利厚生など一気にもクリアになります。

また、一般的には公開されていない求人案件も紹介してもらえるので、外資系に転職できる可能性がグンっとあがります。

 

外資系転職におすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。年収800万円以上の求人も多数、その数は常時10000件以上。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

悩める子羊
短期的な報酬より、年収アップのほうがいい...
オインゴ
だよね。了解。下記で年収をアップさせる方法を解説するね。

 

外資系で年収をアップさせる方法

外資系で年収をアップさせる方法

外資系で年収をアップさせる方法は下記です↓

1.成果を出す
2.交渉する

 

1.成果を出す

まずは成果を出しましょう。

外資系は成果主義なので、成果を出すことで評価が上がります。

評価が上がることで、年収アップにつながります。

 

下記がいい例です↓

・ノルマを達成
・顧客満足度を上げ売上アップ
・新しいシステムを提案、導入し作業の効率化がアップ

 

上記のように、目に見える成果を出せば、企業に評価されます。

そして評価が上がり、結果、年収アップにつながる。

 

2.交渉する

成果を出したあとは年収アップを自ら交渉しましょう。

受け身だけでは、何も変わらない場合があるからです。

下記は私の実例です↓

・人事のほうから翌年の年収(前年比2~3%増)が伝えられる

・上司に直談判し(昨年の成果とともに)、人事に掛け合ってもらえるようお願いする

・翌年の年収が変更され、前年比30%増になる

 

上記のように、自分で交渉することにより、最終的には年収が30%上がりました。

日系企業ではあまり聞いたことがないですよね。

もし、人事が始めに提示した年収を受け入れていた場合、前年比2~3%増のみ。しかし交渉することで、30%増。

つまり、交渉は超大切。

 

交渉する際には周りのスタッフ(特に上司)との関係性を築いておくことも大切です。

関係性を築いておけば、言いたいことを我慢せず、ストレートにいうことができるからです。

また、関係ができていれば、給与の交渉だけでなく、労働環境の問題なども伝えることができます。

そのため、成果にコミットするだけでなく、周りのスタッフとの関係性も大切にしましょう。

外資系企業のメリットとデメリット

 

補足:年収アップを求め再転職もあり

年収アップの方法として、再転職もありです。

より高年収の企業に転職すれば、簡単に年収をアップさせることができるからです。

例えば、こんな感じ↓

・年収600万の外資系から年収800万の外資系に転職

 

当たり前ですが、より高年収の企業に転職すれば、年収は簡単にアップします。

実際、私は再転職することで、年収が100万、200万と上がっていきました。

月収100万ってどんな仕事?【めちゃくちゃ稼げる仕事5選】

 

海外では転職が当たり前。

とはいえ、再転職は...という人も多いのではないでしょうか。

日本では、何回も転職することに良い印象を持っていない人がほとんどですよね。

しかし、海外では転職が当たり前です。

事実、アメリカの平均転職回数は12回以上。

人生に疲れた20代が知っておくべきこと

 

外資系企業も転職が当たり前の考え方をもっていたりするので、転職回数をそこまで気にする必要はありません。

そのため、年収アップを求め、再転職も全然あり。

転職したいけどスキルがない30代は無理?

 

外資系転職におすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。年収800万円以上の求人も多数、その数は常時10000件以上。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

まとめ|外資系はボーナスなしでも収入を上げる方法がたくさんある

まとめ|外資系がボーナスなしでも収入を上げる方法はたくさんある

おさらいです。

外資系がボーナスなしの理由です↓

・ボーナスを払う習慣がない
・月給制ではなく年俸制

 

外資系のボーナス以外の報酬です↓

・インセンティブ
・コミッション
・アウォード

 

上記のように、ボーナス以外の報酬が外資系にはあります。

また成果を出し、年収アップを交渉することもできます。

まとめると、外資系にはボーナスよりも魅力的なものがたくさんある。

あとは、成果にコミットするだけ。

外資系は激務?その理由と乗り切る方法【外資だからこそ得られるもの】

 

外資系で成果を出せば、収入を倍増させることも不可能ではありません。

大幅な年収アップを希望するなら、外資系は特におすすめ。

迷っていてもなにも変わりません。

外資系に魅力を感じるなら、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

外資系転職におすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。年収800万円以上の求人も多数、その数は常時10000件以上。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。