›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現をtwitterで発信中

【ワーキングホリデーやめた方がいい】その理由5選【結論:ワーホリ行かなかった方が後悔】

外資系の買収後はリストラがある?


悩める子羊

ワーホリはやめた方がいいのかな…
ワーキングホリデーすると後悔するのかな…

本記事ではこんな悩みを解決します。


記事の内容
  • ワーキングホリデーはやめた方がいい?
  • ワーキングホリデー行ったほう方がいい理由
  • ワーキングホリデーはやめた方がいいと言われる理由
  • ワーキングホリデーで後悔しないために今からすべきこと
  • ワーキングホリデーやめた方がいい?に関するよくある質問


ワーキングホリデー行くべきか、行かないべきか。

ワーキングホリデーはやめた方がいいのか。不安になりますよね。

初めは私も不安でした。しかし、最終的にはワーホリをやめず経験し、結果3ヵ国でワーホリしました。

3ヵ国経験しわかったことがあります。

この記事を書いた人

オインゴ
オインゴ
  • ワーホリ3ヵ国経験者
  • オーストラリアで海外就職
  • 日本で外資系転職
  • 現在はフリーランスのマーケター
  • TOEIC975

もともとは理系出身、工場勤務、英語力ゼロ...
英語を学び、できるようになり、人生変わりました!!


本記事では、自身の経験をもとにワーキングホリデーはやめた方がいいのかどうかを解説します。

また、ワーホリで後悔しないために今からすべきこともあわせて解説。

この記事を読み終えれば、ワーキングホリデーはやめた方がいいと言われている理由や今すべきことがわかり、ワーホリしてよかったと言えるようになれますよ。

それでは解説していきます。


ワーキングホリデーはやめた方がいい?

ワーキングホリデーはやめた方がいい?

さっそく結論から。

ワーキングホリデーは絶対に行くべきです。

3ヵ国経験した私は断言できます。


ワーキングホリデーは絶対に行くべき

私がワーキングホリデーをすすめる理由は、ワーホリで人生が変わったからです。

具体的にはこんな感じで人生が好転しました↓

  • 英語ができるようになった
  • 海外就職や外資系転職ができた
  • 価値観が変わりストレスフリーになった


それぞれ詳しく解説します。


英語ができるようになった

私はワーキングホリデーで英語ができるようになりました。

ワーホリ行く前の私は、何を聞かれても返事はだいたい「イエス」w

しかし、ワーホリ後の私は「ノー」も言えるようになり、英会話も問題なくできるようになりました!

TOEICのスコアだと、これぐらい上達しました↓

TOEIC300点→TOEIC850点(ワーホリ1ヵ国目終了時)


海外就職や外資系転職ができた

私はワーホリ後に、海外就職や外資系転職ができました。

今では、フリーランスのマーケターとして、外国人のクライアントと英語を使って仕事をしています。

ですが、ワーホリ行く前は、食品関係の工場勤務。来る日も来る日も、流れ作業の毎日...目は死んだ魚でしたw

ワーホリのおかげで、全く違った人生を歩めています。


価値観が変わりストレスフリーになった

私はワーキングホリデーを経験し、価値観が変わり、ストレスフリーになりました。

具体的には、こんな感じで価値観が変わりました↓

レールに沿った人生が当たり前 → 自分らしく生きるのが当たり前


ワーホリ前は、人の目を気にして生きる毎日。

オインゴ

みんな大学卒業後は就職するし、とりあえず就職しないとな...
みんな転職してないし、自分も続けた方がいいんだろうな...


しかし、ワーホリ後は、考え方ががらっと変わりました。

人の目を気にするのではなく、自分の気持ちに正直に生きられるようになり、精神的にかなり楽に。


上記のように、私はワーホリで人生が変わりました。

そのため、ワーホリは絶対に行くべき。


悩める子羊

オインゴさんが特別なんじゃ...

オインゴ

そんなことないよ。みんながワーホリした方がいい理由をもう少し詳しく説明するね。


ワーキングホリデー行った方がいい理由

ワーキングホリデーに興味があるなら、行った方がいいです。

その理由は下記です↓

  • 経験が増える
  • さまざまな人に会える
  • 英語ができるようになる
  • がっつり稼げる
  • しないと後悔する


ひとつずつ詳しく解説します。


1.経験が増える

ワーキングホリデーすると経験が増えます。

なぜなら、日本で経験できないことができるからです。

例えば、下記↓

・海外に住む
・海外で働く
・海外と日本を比較する


上記のように、海外に住んだり海外で働いたりすることは、日本ではできないですよね。

同様に、海外と日本を比較することは、海外を知らないとできないことですよね。

ワーキングホリデーではそれができるようになります。

つまり、経験が増え、結果、成長できます。


ワーキングホリデーで人生が変わる

繰り返しになりますが、私はワーホリでさまざまなことを経験することにより成長でき、人生変わりました。

具体的には、このような感じです↓

大学卒業→企業就職→1年で退職→オーストラリアワーホリ→日本で転職→カナダワーホリ→日本で転職→ニュージーランドワーホリ→オーストラリアで現地就職→日本で外資系に転職→フリーランスに転身


ワーホリしてなければ、下記のような人生で終わっていたかと。

大学卒業→企業就職→転職


もしくは転職せずに、同じ企業でつとめていたかもしれません。

それを想像するとぞっとします。ストレスがたまり、病んでいたかもしれないので。

今はほんとワーホリしてよかったなと心から思っています。経験が増え、人生が変わりました。

結論、ワーキングホリデーは経験が増えるので行くべきです。


ワーホリで人生を変えた具体的な方法をまとめた note を作成しました!

・ワーホリだけでなく、人生に役立つマインド
・ワーホリ前にやっておけばよかったと思うこと
・後悔しない国選び、学校選びや留学エージェント選び
・英語ができるようになった方法
・ローカルの仕事をゲットするコツ
・ネイティブの友達を作る近道
・外国人との恋愛について
・帰国後の就職や転職にワーホリを活かす方法
・留学費用を10万以上節約する裏技


などなど、ワーホリ初心者が実践できるように、手順を0から10まで解説しています。

この記事の内容を実践すれば、ワーホリできるのはもちろんのこと、英語力ゼロからペラペラになることも、現地のカフェで働くことも、帰国後に平均年収800万の外資系に転職することも可能。

ワーホリが不安でたまらない、ワーホリで後悔したくない、ワーホリで人生を変えたいのであれば、ぜひこちらのnoteをご覧ください↓

【先着5名限定】半額!! 9800円→4900円

ワーホリで人生を変える方法


2.さまざまな人に会える

ワーキングホリデーするとさまざまな人に会えます。

その理由は出会いが多いからです。

実際、下記のような人たちに会えます↓

・大学生
・社会人
・元看護士
・元美容師
・元エンジニア
・韓国人
・中国人
・ブラジル人
・インド人
・フランス人
・ドイツ人
・イタリア人
・スペイン人


などなど、あげればキリがありません。

さまざまな経験をもつ日本人と会えますし、他国の人とも出会えます。もちろん現地の人にも会えます。

日本では、なかなか経験できないですよね。

ワーホリではそれが可能。


さまざまな人と話すメリット

さまざまな人と話すことにより、知識が増えます。

また、自分と違った考え方をもつ人と話すと新しい発見があったり、自分が変わるきっかけになったりもします。結果、成長できます。

結論、ワーキングホリデーではさまざまな出会いがあるので行くべき。


3.英語ができるようになる

3つ目の理由は「英語ができるようになる」です。

英語環境に染まることができるからです。

私の場合、ワーホリ3ヵ国を経験し、英語ゼロから英語を使って仕事ができるようになりました。


最終的にはTOEIC300→975までアップ。

私以外にもワーホリで英語ができるようにり、活躍している人はたくさんいます。

具体的には、下記のような感じ↓

・ショップ店員→フライトアテンダント
・携帯電話の販売→商社の営業
・工場勤務→外資系の事務


などなど、ワーホリで英語を習得し、それを活かして働いている人はたくさんいます。


英語圏以外であれば、その国の言語ができるようになります。

・韓国→韓国語
・フランス→フランス語
・スペイン→スペイン語

上記のようにワーホリで英語以外の言語も習得可能。


4.がっつり稼げる

4つめの理由は「がっつり稼げる」です。

なぜなら、日本よりも時給が高い英語圏が多いからです。

実際のデータを見てみましょう↓

時給(概算)
日本約1000円
オーストラリア約2000円
カナダ約1600円
ニュージーランド約1800円
アイルランド約1500円
イギリス約1600円


いかがでしょうか。

英語圏は日本の時給の1.5~2倍。

驚きの事実ですよね。

実際、私の友人はオーストラリアのレストランの揚場担当で月50万くらい稼いでいました...


英語圏以外の国では、日本と同じくらい、または日本より時給の低い国もあります。


5.行かないと後悔する

最後は、行くべき最大の理由です。

ワーキングホリデーは行かないと後悔します。

なぜなら、ワーキングホリデーには年齢制限があるからです。


ワーキングホリデーの年齢制限

ワーキングホリデーはキホン30歳以下の人が取得できるビザです。

31歳以上になると、取得できません。

つまり、31歳以上になると、ワーキングホリデーに行きたくても物理的に行けなくなります。


実際、31歳を過ぎて、ワーホリに行かなかったことを後悔している人は多いです。

私の友人や知り合いにもいます。

行きたくても行けない。つらいですよね。誰しも後悔したくないですよね。

後悔したくないなら、ワーキングホリデーは行けるうちに行くべき。


悩める子羊

ワーキングホリデー行った方がよさそうけど、やめた方がいいって言う人がいるのはなんでなんだろう…

オインゴ

気になるよね。その理由を下記で解説するよ。


ワーキングホリデーはやめた方がいいと言われる理由

ワーキングホリデーはやめた方がいいと言われる理由

ワーキングホリデーはやめた方がいいと言われる理由は下記です↓

  • 成長しない
  • 外国人の友だちができない
  • 英語が身につかない
  • お金があまり稼げない
  • 帰国後の就職がうまくいかない


それぞれ解説します。


①:成長しない

ワーホリをしたものの、全く成長しなかった人はワーホリは時間の無駄と感じ、「ワーキングホリデーはやめた方がいい」と言いがちです。

想像してみてください↓

・自分探しのためワーホリしたけど、何も変わっていない
・自分に自信をつけようとワーキングホリデーしたけど、自信はないまま
・人生経験を増やそうと思い渡航、経験値があまり増えていない


上記のような状況を想像すると、どうでしょうか。

「ワーキングホリデーはやめた方がいい」と言いたくなりませんか?


成長しなかったのは自分の責任

とはいえ、成長しなかったのは自分の責任です。

例えば、ワーホリ中下記のような生活をすると全く成長できません。

・ホームステイ中の部屋に引きこもり、誰とも会話をしない
・シェアハウスに引きこもり、日本の動画ばかり見る
・日本人としか話したり、遊んだりしない


上記は日本でもできることです。

そのため、海外で上記のような生活をしていても、全く成長できません。

つまり、成長していないのは自分の責任、ワーホリの責任ではありません。

ワーホリ中に行動を続ければ、自分の新たな一面を発見できますし、自分に自信もつきます。

そして、行動すれば、経験値があがり、必ず成長できます。

【体験談】ワーキングホリデーのデメリットとメリット10選【後悔しない方法】


②:外国人の友だちができない

ワーホリして外国人の友だちができなかった人も「ワーホリはやめた方がいい」と言いがち。

あなたも外国人の友だちができると思いワーホリしたものの、日本人の友だちしかできないとがっかりしませんか?

結果「ワーホリはやめた方がいい」と言ってしまう。


外国人の友だちができない原因

外国人の友だちができない原因もワーホリが原因ではありません。

その人の行動が原因です。

具体的には、このような行動です↓

・ワーホリ中、日本人と話す
・ワーホリ中、日本人と遊ぶ
・ワーホリ中、日本人と働く


上記を行っていても、外国人の友だちはできませんよね。

外国人の友だちを作る努力を全くしていないからです。

逆に、外国人の友だちを作ろうと自ら行動している人は、外国人の友だちができます。

実際、ワーホリを通して私は数え切れないくらいの外国人の友だちができました↓

・韓国人
・香港人
・台湾人
・タイ人
・ブラジル人
・スペイン人
・ドイツ人
・イタリア人
・トルコ人
・チェコ人
・イラン人
・インド人
・ブラジル人
・コロンビア人
・オーストラリア人
・カナダ人
・ニュージーランド人
・アメリカ人
・アイルランド人
・イギリス人


などなど、ほんと数え切れないです。

ワーホリで出会った外国人の友だちから学んだことも、数え切れないないくらいあります。

各国の文化や価値観、考え方など、ほんとたくさんのことが学べました。

また、世界中に友達がいるので、各国への旅行もさらに楽しくなりました。


③:英語が身につかない

「ワーキングホリデーはやめた方がいい」って言う多くの人は、ワーホリしたものの英語が身につかなかった人です。

・ワーホリしたけども、英語が身に付かず、意味がなかった。結果、ワーホリはやめた方がいい


という考え方です。

しかし、英語が身に付かなかった原因もワーホリに原因があるのではなく、その人に原因があります。

その人がワーホリ中、英語勉強しなければ、もちろん英語は身につきません。

例えば、ワーホリ中に下記のような行動をする人。

・日本人の友だちと過ごす
・日本食レストランで働く
・日本語の動画を見て過ごす


上記のような行動をしていては、英語は上達しません。

理由は、英語を勉強していないので。当たり前ですよね。


ワーホリ中に英語を身につける方法

では英語を身につけるにはどうすれば良いかというと、上記の逆の行動をするだけ↓

・外国人の友だちと過ごす
・ローカルのお店で働く
・英語の動画や番組を見る


シンプルですよね。英語環境に身をおけば、英語は身につきます。

ワーホリ中は上記を意識し行動しましょう。

そうすれば、英語は身につきます。


④:お金があまり稼げない

ワーホリでお金があまり稼げなかった人も、「ワーホリはやめた方がいい」と言います。

・オーストラリアやカナダは日本より時給がいいって聞いたけど、全然稼げなかった。ワーキングホリデーはやめた方がいい。


という結論。

しかし、こちらもワーホリが原因ではなく、その人が原因です。

現に、ワーホリで稼いでいる人はたくさんいるので。

お伝えしたように、私の友人はオーストラリアのレストランで調理補助として働き、月50万以上稼いでいました。


ワーホリで稼げない人の特徴

・英語ができない


上記がワーホリであまり稼げない人の特徴です。

なぜなら、日本語環境の仕事はキホン時給が安いからです。

英語ができないと、自ずと時給が安い仕事しか見つかりません。

体験談|理系の私が海外で働いた方法


⑤:帰国後の就職がうまく行かない

帰国後の就職がうまく行かなかった人も、「ワーキングホリデーはやめた方がいい」という人が多いです。

・ワーホリすれば、帰国後の就職に活かせると思っていたけども、役に立たなかった。なので、ワーキングホリデーはやめた方がいい。


という考え方。

しかし、こちらもワーホリを就職に活かせない原因はワーホリが原因ではなく、その人に原因があります。

なぜなら、就職に活かせるかどうかはワーホリで何をしたかによるからです。

例えば、下記の2人↓

・ワーホリ中、日本人の友達と過ごす。日本語レストランで働く。ただ楽しかっただけで英語力も身につかず帰国。

・ワーホリ中、外国人の友達と過ごし、価値観の違いを学ぶ。ローカルのお店で働き、実践的な英語力も身につけ帰国。


自分が面接官だと、どちらの人を雇いたいですか?

明らかに後者ですよね。

なので、帰国後の就職にワーホリを活かしたいなら、ワーホリ中の自分の行動を意識しましょう。

まとめ|自分の目的に合わせて留学かワーホリを決定する


結論|ワーホリの責任ではなく自分の責任

・成長しなかった人
・外国人の友だちができなかった人
・英語が身につかなかった人
・お金があまり稼げなかった人
・帰国後の就職がうまくいかなかった人


上記のような人の中には、ワーホリしたことを後悔する人もいます。

結果、「ワーキングホリデーはやめた方がいい」と言ったり。

しかし、そもそもはワーホリ中のその人の行動による結果です。

転職して後悔しかない理由


そうならないための結論です↓

ワーホリの責任ではなく、全て自分の責任と捉え、行動することを意識しましょう。

そうすれば、後悔することなく、成長することができます。


悩める子羊

とはいっても、ワーホリで後悔したくない…今からできることはあるのかな...

オインゴ

ワーホリで後悔しないために今すべきことを下記で解説するね。


ワーキングホリデーで後悔しないために今からすべきこと

ワーキングホリデーで後悔しないために今からすべきこと

後悔しないために今からすべきことです↓

・英語を勉強する


シンプルですが、とても大切なことです。

その理由を解説します↓


今から英語を勉強すべき理由

・現地の生活がスムーズになる
・できることが増える
・帰国後に活かせる


現地の生活がスムーズになる

英語を今から勉強しある程度身につけておけば、現地の生活がスムーズになります。

例えば、下記↓

・ホームステイ家族とコミュニケーションがとれる
・バスの運転手や店のスタッフに質問できる
・英語のサインが理解できる


などなど、通常はじめは苦戦することも、今から英語を勉強しておけば、よりスムーズに対応することができます。


できることが増える

・ローカルカフェで仕事
・現地のツアーに参加
・現地の人と交流


などなど、英語ができればできるほど、できることは増えていきます。

上記は通常ワーホリ開始直後にできることではないです。

しかし、今から英語を勉強しておけば、ワーホリ開始直後にすることも可能。

結果、英語が出来る分、ワーホリでできることが増えていきます。


帰国後に活かせる

できることが増えると、結果、帰国後に活かせます。

なぜなら、多くのことを経験すると、知識と自信がつくからです。

就職の時にも自信をもってワーホリ経験を話せますし、私生活でも話せることが増えます。


結論、今から英語を勉強するのはとても大切。


英語の勉強方法

英語の勉強方法はたくさんあります↓

1.参考書
2.海外ドラマや映画
3.アプリ
4.洋楽
5.日記
6.英単語
7.自分と英会話
8.友達と英会話
9.オンライン英会話


大切なポイントは、自分が楽しいと感じる英語勉強方法を見つけることです。

楽しければ自ずと勉強するので。自ずと勉強すれば、英語は上達します。

なので、いろいろな勉強法を試し、自分に合った勉強法を見つけましょう。

具体的な勉強法は下記記事で詳しく解説しているので、ご参考にどうぞ↓

まとめ|オンライン英会話初心者は継続できる勉強方法を見つけましょう


オンライン英会話

事前学習の方法として、オンライン英会話は特におすすめです。

なぜなら、スピーキングとリスニングを効果的に鍛えることができるからです。

というのも、ワーホリで現地で生活したり仕事を探したりするときにイチバン必要なのは、スピーキングとリスニングのスキルです。


なので、事前にそのスキルをある程度身につけておけば、現地の生活がかなり楽になります。

また、オンライン英会話は現地で語学学校に通うよりもかなり低価格なので、費用を抑えることもできます。

ワーホリ前におすすめのオンライン英会話【3ヵ国経験者の私が解説】


海外で生活できるかな...帰国後の就職大丈夫かな...と不安になっていませんか?

そんなあなたの不安を解消する note を作成しました!

・ワーホリだけでなく、人生に役立つマインド
・ワーホリ前にやっておけばよかったと思うこと
・後悔しない国選び、学校選びや留学エージェント選び
・英語ができるようになった方法
・ローカルの仕事をゲットするコツ
・ネイティブの友達を作る近道
・外国人との恋愛について
・帰国後の就職や転職にワーホリを活かす方法
・留学費用を10万以上節約する裏技


などなど、事前準備だけでなく、ワーホリ中やワーホリ後のことまで、全てをカバーしています。

また、ワーホリ初心者が実践できるように、手順を0から10まで詳しく解説。

この記事の内容を実践すれば、英語力ゼロからペラペラになることも、現地のカフェで働くことも、帰国後に平均年収800万の外資系に転職することも可能です。


ワーホリが不安でたまらない、ワーホリで後悔したくない、ワーホリで人生を変えたいのであれば、ぜひこちらのnoteをご覧ください↓

【先着5名限定】半額!! 9800円→4900円

ワーホリで人生を変える方法


ワーキングホリデーやめた方がいい?に関するよくある質問

ワーキングホリデーを迷っている人が不安に思う部分を解消していきます。

  • ワーホリ後は就職できない?
  • ワーホリの目的は必要?
  • 留学エージェントはどうやって決めればいい?


ワーホリ後は就職できない?

ワーホリ後は就職もできますし、転職もできます。

現に私はできました。工場勤務から外資系に。

とはいえ、ワーホリ後の就職や転職に苦戦する人は少なくありません。

その理由は、ワーホリに対してネガティブなイメージをもっている企業もいるからです。


下記記事でワーホリが就職や転職に不利になる理由や、有利にする方法を解説しているので、ぜひご覧ください↓

各オンライン英会話スクールはこんな人におすすめ


ワーホリの目的は必要?

ワーホリに行く目的はあったほうがいいです。

その方が行動するからです。

例えば、下記の2人↓

A: なんとなくワーホリ

B: 英語力を身につけ、さまざまな国の友だちを作り、視野を広げるためワーホリ


より行動するのはどちらでしょうか?

Bさんのほうが、明らかに行動しそうですよね。

そして、行動すれば、結果さまざまな経験やスキルを得ることができます。

ワーキングホリデーの口コミ


留学エージェントはどうやって決めればいい?

留学エージェントは自分で比較して決めたほうがいいです。

そのほうが自分に合った留学エージェントを見つけることができるからです。

注意点としては、他人のおすすめやネットだけで決めるのはやめた方がいいです。

自分に合わないことが多々あるからです。

そのため、自分で実際に比較して決めましょう。

【要注意】留学エージェント比較サイトの闇【元カウンセラーの本音】


まとめ|ワーキングホリデーは行ったほうがいい

まとめ|ワーキングホリデーは行くべき

おさらいです。

ワーキングホリデーは行ったほうがいいです。

その理由は下記です↓

・経験が増える
・さまざまな人に会える
・しないと後悔する


中には「ワーキングホリデーはやめた方がいい」と言う人もいますが、行かない方が後悔します。

ワーホリは30歳までしか利用できない制度なので、迷っているなら行きましょう。

そして、自分の行動に責任を持ちましょう。そうすれば必ず成長できます。

後悔しないために今するべきことは、英語勉強です。

さまざまな英語勉強法を試し、自分に合った勉強法を見つけましょう。

QQEnglishの口コミと評判【DMM歴3年以上の私が感じたデメリット】


海外で生活できるかな...帰国後の就職大丈夫かな...と不安になっていませんか?

そんなあなたの不安を解消する note を作成しました!

・ワーホリだけでなく、人生に役立つマインド
・ワーホリ前にやっておけばよかったと思うこと
・後悔しない国選び、学校選びや留学エージェント選び
・英語ができるようになった方法
・ローカルの仕事をゲットするコツ
・ネイティブの友達を作る近道
・外国人との恋愛について
・帰国後の就職や転職にワーホリを活かす方法
・留学費用を10万以上節約する裏技


などなど、事前準備だけでなく、ワーホリ中やワーホリ後のことまで、全てをカバーしています。

また、ワーホリ初心者が実践できるように、手順を0から10まで詳しく解説。

この記事の内容を実践すれば、英語力ゼロからペラペラになることも、現地のカフェで働くことも、帰国後に平均年収800万の外資系に転職することも可能です。


ワーホリが不安でたまらない、ワーホリで後悔したくない、ワーホリで人生を変えたいのであれば、ぜひこちらのnoteをご覧ください↓

【先着5名限定】半額!! 9800円→4900円

ワーホリで人生を変える方法