›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現が知りたい方はtwitterへ

留学で後悔したこと5つ【後悔しないために今すべきこと】

ワーホリで人生が終わったと感じる人の特徴

 

悩める子羊
留学経験者が後悔したことって何なんだろう...
留学で後悔しないためには何をすればいいんだろう...

本記事ではそんな悩みを解決します。

 

記事の内容
・留学で後悔したこと
・留学で後悔しないために今すべきこと

 

留学で後悔したくないですよね。そのためには何をすればいいのか。

私は留学業界で10年以上働いていますが、後悔する留学生をたくさん見てきました。

また、自身も3ヵ国で留学(ワーホリ)をしたことがありますが、いくつか後悔したことがあります。

ワーキングホリデーとは?簡単にわかりやすく!ワーホリ経験者が解説

 

本記事では、そんな経験をもとに、留学で後悔することを解説します。

あわせて、留学で後悔しないために今すべきことを解説します。

この記事を読み終えれば、後悔しない留学を経験できますよ。

それでは解説していきます。

 

留学で後悔したこと5つ

留学で後悔したこと5つ

下記が留学で後悔したことです↓

・英語勉強
・留学時期
・留学生活
・留学先
・留学エージェント

 

ひとつずつ詳しく解説します。

 

①:英語勉強

「もっと英語を勉強すればよかった」

留学で後悔することのランキング一位です。

多くの人が英語勉強について後悔します。

 

特に留学前の英語勉強について後悔します。

なぜなら、留学後に英語の必要性を強く感じるからです。

 

英語ができないと日常生活で困る

例えば、下記。

・電車の駅でチケットを買う
・バスの運転手に道を聞く
・カフェでコーヒーを買う

 

上記は日本だと全く困らないですよね。しかし、「英語で」となるとかなり苦戦します。

実際、私も日常生活のコミュニケーションで苦戦しました。そして「留学前にもっと勉強すればよかった」と後悔しました。

 

②:留学時期

「もっと早く留学すればよかった」

留学時期についても多くの人が後悔します。

その理由は、英語ができれば将来の可能性が大きく広がるからです。

 

例えば、下記。

・海外で働く
・外資系企業で働く
・世界を飛び回りながら働く

 

英語ができれば、上記のようなことができるようになります。

実際、私は英語ができるようになり、上記の全てを叶えました。

ネイティブキャンプとQQEnglishの効果的な勉強法
外資系に向いてる人の特徴
ワーホリにクレジットカードが必要な理由

 

留学する時期は早い方がいい

留学する時期が早ければ早いほど、可能性は広がっていきます。

なぜなら、一般的に人は年を重ねるほど、肉体的にも精神的にも動きづらくなっていくからです。

結果、「もっと早く留学すればよかった」と後悔する人は少なくありません。

 

③:留学生活

「留学中もっといろいろすればよかった」

留学中の生活にたいして後悔する人も多いです。

 

例えば、下記のような留学生活。

・日本人の友達と日本語で過ごす
・日本食レストランでアルバイトする
・家にひきこもりネット動画を見続ける

 

上記は日本でもできますよね。

しかし、日本でもできることを留学中にする人は多いです。

理由は、楽だから。もしくは楽しいから。

それをしてしまうと、結果「自分は何をしていたんだろう...もっといろいろすればよかった...」と後悔してしまいます。

まとめ|英語勉強のきっかけは人それぞれ、やりたい気持ちを大切に

 

④:留学先

「もっと真剣に留学先を選べばよかった」

 

留学先を後悔する人も少なくありません。

例えば、下記のように。

・オーストラリアを選べばよかった
・違う語学学校を選べばよかった
・専門学校や大学を選べばよかった

 

留学先を後悔する原因

留学先を後悔する原因の多くは、「他人まかせにしている」ことです。

・友達が良いって言っていたから
・知り合いがそこで留学してたから
・留学エージェントがすすめていたから

 

上記のように、人の意見だけで決めてしまうと後悔します。

その理由は、自分で決めていないから。

自分で情報を集め、比較し、真剣に決断すると後悔しません。

留学後にその部分に気付き、結果「もっと真剣に留学先を選べばよかった」と後悔。

 

⑤:留学エージェント

「違う留学エージェントを選べばよかった」

 

選んだ留学エージェントで後悔する人も少なくありません。

理由はいくつかあります↓

・留学後サポートしてくれなかった
・留学前に言っていたことと実際は違った
・すすめられた学校が日本人だらけだった

 

留学後、上記のような状況になり、「違う留学エージェントを選べばよかった」と後悔。

よくある話です。

私は現地で留学エージェントをしていましたが、実際、留学エージェント選びに後悔をしている人をたくさんみました。

 

留学エージェント選びについては下記記事で詳しく解説しているので、ご参考にどうぞ↓

スタディサプリTOEICのデメリット

 

悩める子羊
多くの人が後悔してるんだ...後悔したくない...後悔しないためにはどうすればいいの?
オインゴ
下記で解説するね。

 

留学で後悔しないために今すべきこと

留学で後悔しないために今すべきこと

後悔しないために今すべきことです↓

・留学に対する考え方を改める
・目標や目的を設定する
・英語を勉強する

 

1.留学に対する考え方を改める

まずは留学に対する考え方を改めましょう。

なぜなら、考え方が後悔しないために大切だからです。

 

実際、下記の考え方だと後悔します↓

・留学で自分は変われる

後悔する理由は、留学すること自体に期待しているからです。

残念ながら、それでは変われません。自分を変えれるのは自分です。留学ではありません。

 

留学するだけでは何も変わらない

留学したとしても、日本人と過ごしたり、1日中動画をみたりして過ごしていると何も変わりません。

日本にいるのと行動が変わらないので。

結果、後悔します。

 

なので、下記のような考え方に変えるべきです↓

・自分の行動次第で自分は変われる

 

上記のように、留学に期待するのではなく自分の行動を意識しましょう。

そうすれば、自ら行動するようになります。結果、たくさんのことを経験し、成長できます。

そして、変われます。つまり、後悔しません。

外資系の買収後はリストラがある?

 

2.目標や目的を設定する

次に目標や目的を設定しましょう。

その理由は、人は目標や目的があるからこそ行動するからです。

 

例えば、下記。

・なんとなく留学

・外資系企業で働ける英語力を身につけるため留学

 

英語力を身につけ帰国するのは、明らかに後者ですよね。

なので、目標や目的を設定することは大切。

結果、「なんのために留学したんだろう...」と後悔しません。

 

目標や目的が見つからない場合

目標や目的が見つからない場合は、留学に興味をもった理由を深掘りしましょう。

深掘りすれば、何かしら見つかります。

詳しくは下記記事で解説しているので、ご参考にどうぞ↓

まとめ|外資系に向いてない人でも向いてる人になれる

 

目標や目的別に留学先を決める

目標や目的が決まれば、留学先は決めやすくなります。

なぜなら、国によって特徴が違うからです。

【なぜワーホリ?】目的を徹底調査!目的別で国を決める方法

 

例えば、留学中アルバイトしたいのであれば、アルバイトできる国を選ぶ必要があります。

事実、オーストラリアやニュージーランドは学生ビザでも働けますが、アメリカやイギリスでは学生ビザで働くことができません。

留学後にそれを気づいても遅いです。後悔します。

なので、はじめに自分の目標や目的を設定しましょう。

 

 

3.英語を勉強する

最後に、今すぐ英語の勉強を始めましょう。

理由は、英語ができればできるほど留学で困らないからです。

結果、渡航後に後悔しません。

 

実際、英語ができれば、留学中困りません↓

・ホストファミリーと会話できる
・バスの運転手に場所を聞ける

・学校スタッフに質問できる

 

などなど、英語ができれば、多くの留学生がつまずくポイントでもスムーズに対応できるようになります。

誰しも困りたくないですよね。

であれば、今すぐ英語勉強を始めましょう。

 

英語の勉強方法

英語の勉強方法はたくさんあります。

ポイントは自分が楽しいと感じる勉強法を見つけることです。

楽しければ自ずと勉強し、英語がより早く上達するので。

おすすめの勉強方法は下記記事で解説しているので、ぜひご参考に↓

まとめ|オンライン英会話初心者は継続できる勉強方法を見つけましょう
 
留学前の英語勉強として、特におすすめなのが「オンライン英会話」です。

なぜなら、海外生活に必要なスピーキングとリスニングを効果的に鍛えることができるからです。

おすすめのオンライン英会話スクールは下記記事で解説しているので、こちらもご参考にどうぞ↓

【オンライン英会話歴3年の私がおすすめ】オンライン英会話スクール5校

 

留学中にすべきこと

留学中はいろいろなことにチャレンジしましょう。

なぜなら、チャレンジすることにより経験値があがり、成長できるからです。

結果、留学したことに満足し、後悔しません。

 

留学中にできること

英語勉強はもちろんですが、その他にもできることはたくさんあります↓

・交流
・観光
・恋愛
・発信
・仕事 ※国やビザの種類による

 

シェアハウスに住んだり、さまざまな国の友達をつくったり、旅行したり、恋愛もしたり。

そんな経験をSNSやブログなどで発信したり。働くことができる状況であれば、アルバイトにもチャレンジしたり。

できる限りたくさんのことにチャレンジしましょう。

そうすれば、経験値が増え、必ず成長できます。そして留学に後悔しません。

ワーホリ中のシェアハウスの探し方

 

留学後にすべきこと

留学後は留学で学んだスキルや経験を活かしましょう。

その理由は、スキルや経験を活かせる場所がたくさんあるからです。

 

例えば、留学で学んだ英語は下記で活かせます。

・外国人とのコミュニケーション
・就職や転職
・情報収集

 

などなど、活かせる場所がたくさんあるのに、活かさないのはもったいないですよね。

なので、留学後は培った経験やスキルを活かし、新しいことにチャレンジしていきましょう。

そうすれば、留学後もできることが増え、人生の選択肢が増えていきます。

スタディサプリTOEIC無料体験の始め方

 

まとめ|今から行動すれば留学で後悔しない

まとめ|今から行動すれば留学で後悔しない

留学で後悔している人は、留学前や留学中に行動していない人です。

後悔しないためにすべきことはシンプル。今から「行動する」ということです。

 

具体的には、今から下記を行いましょう↓

・留学に対する考え方を改める
・目標や目的を設定する
・英語を勉強する

 

特に英語はできればできるほど、留学中にできることが増えていくので、今すぐ始めましょう。

今から行動すれば、留学で後悔しません。

 

英会話初心者におすすめのオンライン英会話スクールを下記記事で解説しているので、ぜひご参考に↓

ワーホリ用クレジットカード選びのコツ