›› フォローすると英語が上達すると評判のtwitterアカウントはこちら

退職して留学し後悔...その理由と対策【私は外資系に転職できました】

買収後の社員のリストラ

 

悩める子羊
退職して留学してみたい...けど後悔するのかな...
帰国後の転職うまくいくかな...

本記事ではそんな悩みを解決します。

 

記事の内容
・退職して留学し後悔した理由
・退職して留学しても後悔しない方法

 

退職して留学すると後悔するかも...と不安になりますよね。

私も退職する時に不安になりました。しかし、留学(ワーキングホリデー)を決断し、新卒で入社した会社を1年でやめ、オーストラリアに渡航。

ワーキングホリデーとは?簡単にわかりやすく!ワーホリ経験者が解説

 

その後は、カナダ、ニュージーランドも経験し、オーストラリアに戻り現地就職。日本帰国後は外資系に転職しました。

結論、私は留学したことを後悔していません。むしろ、留学してほんとよかったなと思っています。人生が良い方向に変わったので。

しかし、中には後悔する人もいます。私は留学業界で10年以上働いていますが、後悔する人もたくさん見てきました。

 

本記事では、そんな自身の経験や後悔した人の意見をもとに、後悔した理由、後悔しないためには何をすればいいのかを解説します。

この記事を読み終えれば、退職して留学しても後悔しないようになれますよ。

それでは、解説していきます。

 

退職して留学し後悔した理由

退職して留学し後悔した理由

退職して留学して後悔した人は、主に下記で後悔しています↓

・英語が身につかなかった
・うまく転職できなかった
・失ったものが大きかった

 

ひとつずつ解説します。

 

①:英語が身につかなかった

「退職し留学したものの、英語が身につかなかった」

と、後悔する人は少なくありません。

 

例えば、下記↓

・退職してフィリピンで3ヶ月留学したけど、全く英語が身につかなかった
・退職してカナダで半年間留学したけど、思うように英語が伸びなかった
・退職してオーストラリアで1年間ワーホリしたものの、ペラペラになれなかった

 

などなど、よくある話です。

英語を身につけるため留学したものの、英語が身につかなかったら後悔しますよね。

まとめ|英語勉強のきっかけは人それぞれ、やりたい気持ちを大切に

 

②:うまく転職できなかった

「退職して留学し帰国、けど転職がうまくいかなかった」

と、帰国後の転職で後悔する人は多いです。

 

例えば、下記↓

・退職してマルタで3ヵ月留学したけど、転職に活かせなかった
退職してアメリカで半年間留学したけど、他業種に転職できなかった
・退職してアイルランドで1年間ワーホリしたけど、転職うまくいかなかった

 

などなど、帰国後の転職がうまくいかず後悔。

転職に留学が活かせると思い留学したものの、帰国後の転職がうまくいかなければ後悔しますよね。

各オンライン英会話スクールはこんな人におすすめ

 

③:失ったものが大きかった

「退職して留学したけど、失ったものが大きかった」

と、後悔する人も少なくありません。

 

例えば、下記のようなものを失い後悔↓

・お金
・キャリア
・社会的信用
・恋人
・時間

 

上記のように、失ったものが大きかったので後悔。

確かに、退職して留学したものの、失ったものが大きすぎると後悔しますよね。

 

後悔していない人

では逆に、退職して留学し後悔していない人は、なぜ後悔していないのでしょうか?

その理由は下記です↓

・英語が身についた
・転職がうまくいった
・得たものが大きかった

 

後悔していない理由は、後悔している人の理由の逆です。

英語が身につき、転職がうまくいき、得たものが大きかったので、後悔していない。

実際、私は上記の理由で、後悔していません。

外資系の買収後はリストラがある?

 

結論|得たものが大きければ後悔しない

結論、失ったものよりも得たものが大きければ、後悔はしません。

なので、退職して留学し後悔しないためにすることは、「留学で得るものを増やすということ」です。

 

悩める子羊
留学で得るものを増やすには、具体的にはどうすればいいの?
オインゴ
下記で解説するね。

 

退職して留学しても後悔しない方法

退職して留学しても後悔しない方法

留学で得るものを増やし後悔しないために、具体的には下記を行いましょう↓

 

留学前
・留学に対する考え方を改める
・目標や目的を設定する
・英語を勉強する

 

留学中
・チャレンジする

 

留学前

・留学に対する考え方を改める
・目標や目的を設定する
・英語を勉強する

 

理由

「留学が変えてくれる」という考え方ではなく、「自分の行動で変わる」という考え方をもてば、行動する量が増えます。

目標や目的を設定することにより、より行動するようになります。

事前に英語を勉強しておけば、留学中できることが増えます。

上記を実践すると、行動の量が増え、留学中できることが増え、結果、留学で得るものが増えます。

 

留学で後悔しないために今すべきことは下記記事で詳しく解説しているので、ぜひご参考に↓

ワーホリで人生が終わったと感じる人の特徴

 

退職する前には、クレジットカードも作っておきましょう。

退職してからだと、審査が通りにくくなるからです。

留学やワーホリにおすすめのカードは下記記事で詳しく解説しています↓

ワーホリにクレジットカードが必要な理由とおすすめのカード【選び方のコツ】

 

留学中

・チャレンジする

 

留学中はさまざまなことにチャレンジしましょう。

なぜなら、チャレンジすればするほど、どんどん経験が増え、留学で得るものが増えていくからです。

例えば、下記↓

・外国人の友達を作る
・外国人と一緒に暮らす
・外国人と一緒に旅行する

 

上記のように、さまざまなことにチャレンジしましょう。

特に日本であまりできないことにチャレンジ。そうすれば、レアな経験が増え、留学で得るものが増えていきます。

 

チャレンジするために

留学中にさまざまなことにチャレンジするためには、英語が必要になります。

なぜなら、キホン外国人とのコミュニケーションになるからです。

そのため、留学前から英語勉強しておきましょう。特にスピーキングとリスニングを鍛えておきましょう。

事前に英語勉強しておけば、より多くのことにチャレンジできるようになります。

 

留学前の勉強はオンライン英会話がおすすめです。

その理由は、スピーキングとリスニングを効率よく鍛えることができるからです。

おすすめのオンライン英会話スクールは下記記事で解説しているので、ご参考にどうぞ↓

【オンライン英会話歴3年の私がおすすめ】オンライン英会話スクール5校

 

留学中に働く

退職し留学する人には、「留学中に働くこと」もおすすめします。

理由は、その経験を転職に活かすことができるからです。

 

実際、海外で働くことにより、下記を学べます↓

・実践的な英語
・外国人の働き方
・海外と日本との違い

 

実際に働くことにより、学校では学べないことが学べます。

結果、より実践的なスキルが身につき、転職に活きてきます。

なので、留学中に働くことは、特におすすめ。

 

ただし、日本食レストランなどの日本語環境で働くのはあまりおすすめしません。

なぜなら、日本とあまり変わらない環境だからです。学べるものが少ないです。

なので、ローカルのお店や企業にチャレンジしましょう。学べるものは圧倒的に多いです。

しかし、そのためには、高い英語力が必要になるので、留学前から英語勉強しておきましょう。

ワーホリ用クレジットカード選びのコツ

 

海外で働くには、働けるビザが必要になります。

例えば、オーストラリアやニュージーランドは学生ビザでも働けますが、アメリカやイギリスは働くことができません。

なので、まずは留学の目的や目標を明確にしてから、留学先を決めましょう。

ワーホリで人生終わったと感じないためにすべきこと

 

まとめ|退職して留学しても後悔しないように今から行動しましょう

まとめ|退職して留学しても後悔しないために今から行動しましょう

退職して留学し後悔した人は、失ったものが大きいので後悔しています。

逆に、後悔していない人は、得たものが大きいので後悔していません。

となると、後悔しないためにやることはシンプルです。

得るものを増やすということです。

 

得るものを増やすためには、行動あるのみです。

行動すれば、英語も身につきますし、経験も増えますし、自信にもつながります。

結果、スキルと経験と自信がつき、転職もうまくいきます。

そして、退職して留学したことを後悔しません。

 

なので、今から行動しましょう。

まずは考え方を改め、目標や目的を設定し、英語勉強を始めましょう。

まとめ|オンライン英会話初心者は継続できる勉強方法を見つけましょう