›› 生活や仕事に使える英語をtwitterで発信中

【アイルランド留学とワーホリ】カナダやオーストラリアとの比較!

トリニティカレッジ

「アイルランドとカナダ、どっちに留学しよう...」

「ワーホリでアイルランド行こうかな、でもオーストラリアも気になる...」

アイルランド留学やワーホリ、気になりますよね。

 

本記事では下記を解説します。

記事の内容
・アイルランドをカナダやオーストラリアと比較
・アイルランド留学とワーホリのメリット
・アイルランド留学とワーホリのデメリット
・ダブリンのおすすめ観光スポット

 

 

ワーホリ3ヵ国経験者、留学業界で10年以上の経験のある筆者が、アイルランドをカナダやオーストラリアと比較。アイルランド留学のメリットとデメリットを解説します。

アイルランドのおすすめスポットもご紹介。

アイルランドで留学やワーホリを検討中の方、必見です。

 

アイルランドをカナダやオーストラリアと比較

アイルランドとカナダやオーストラリアを比較

早速、アイルランドをカナダやオーストラリアと実際に比較してみましょう。

下記を比較します↓

アイルランドとカナダとオーストラリアの比較
・留学費用
・日本人の割合
・アジア人率とヨーロッパ人率
・英語の特徴と訛り
・旅行

 

ひとつずつ解説します。

 

比較①留学費用

ワーホリや留学を検討したとき、留学費用気になりますよね。

留学費用のメインは、授業料と滞在費と生活費。

生活費のメインは食費。ホームステイをすれば食事はついてくるので、授業料と滞在費で比較↓

 

1ヶ月のおよその費用です。

国/費用(月) 授業料 滞在費(ホームステイや学生寮)
アイルランド 15万 12万
カナダ 10万 10万
オーストラリア 10万 10万
イギリス 20万 15万

※レッスンは週20時間、ホームステイは1日2食で比較。上記はあくまでもおよその金額、学校や時期、コースやレッスン数により料金は前後します。

 

ある程度の質を求めるのであれば、上記ぐらいの費用はかかります。

もっと安い学校もありますが、安いところに行くと、講師がネイティブではなかったり、校舎が汚かったり、レッスン時間が短かったりするので、注意が必要。

 

上のテーブルで比較すると、留学費用は、カナダやオーストラリアの方が割安。

アイルランドの留学費用は少し割高になりますが、イギリスと比較するとまだまだリーズナブル。

 

比較②日本人の割合

外務省のデータを確認すると、カナダは、人口が約3700万人、そして在留邦人(その国に住んでいる日本人)は約7万人。

計算すると日本人の割合は約0.2%。

オーストラリアは、人口約2500万人、在留邦人は約10万人。日本人の割合は約0.4%。

アイルランドは人口約500万人、在留邦人約2300。日本人の割合は0.05%

 

表で比較すると下記のような感じ↓

  人口 在留邦人 日本人の割合
カナダ 3724万人 7万人 0.2%
オーストラリア 2500万人 10万人 0.4%
アイルランド 500万人 2300人 0.05%

 

計算すると、日本人の割合は、カナダはアイルランドの4倍、オーストラリアは8倍。

もちろん、旅行客の数やシーズン、また都市により日本人の割合は前後しますが、全体的に見て、アイルランドの方が少ないのは事実。

結果、アイルランドの日本人の割合は低い。

 

比較③アジア人率とヨーロッパ人率

アイルランドはアジア人比率が低く、ヨーロッパ人率が高い。

なぜならアイルランドはヨーロッパにあり、フランスやイタリア、スペインなどから近いので。

逆にオーストラリアやカナダはアジア人率が高く、ヨーロッパ人率はそこまで変わらない印象。

オーストラリアやカナダのアジア人率が高い理由は、韓国や中国といった国にもオーストラリアやカナダは人気の留学先だからです。

人気の理由は住みやすさ、勉強する環境、自然、気候、給料等いろいろありますが、永住権目的のアジア人も少なくないです。

 

なので、よりアジア人率が低く、ヨーロッパ人率が高い国で留学やワーホリしたいのであれば、アイルランドの方がオススメ。

 

比較④英語の特徴と訛り

比較④英語の特徴と訛り

英語を学ぶとなると、その国の英語の特徴や訛りが気になりますよね。

アイルランド英語の特徴は、少し早口。

英語自体はイギリス英語よりで、ダブリンで学ぶのであれば、そこまで訛りがあるわけではないです。

田舎に行くと、多少強い訛りがありますが、それはオーストラリア・カナダも同様。

英語をアメリカ英語とイギリス英語の2つに大きく分けると、アイルランドとオーストラリアはイギリス英語。

カナダはアメリカ英語。

アイルランドとオーストラリアはイギリス英語なので、1階はFirst Floorではなく、Ground Floor。

アイルランドやオーストラリアの場合、2階はFirst Floorなので、ご注意を。

 

日本人に馴染みのある、Rを巻き舌で発音するのはアメリカ英語。

カナダはアメリカ英語より。

なので、カナダの英語は馴染みがあるので、学びやすいと言われたりも。

 

ただ、私の場合、主に英語はオーストラリアで身につけました。

しかし、アイルランド・カナダ・アメリカ・イギリスどこにいっても、オーストラリアで学んだ英語は通じたので、英語圏の都市部で英語を学ぶのであれば、問題なし。

なので、アイルランドのダブリンで英語を身につけても、世界各国通用するのでご安心を。

【オーストラリア英語の訛り】特徴と訛らない方法

【オーストラリア英語の訛り】特徴と訛らない方法

 

比較⑤旅行

ヨーロッパ旅行

アイルランドはヨーロッパにある国なので、ヨーロッパ旅行しやすい。

例えば、アイルランドからイギリスに旅行。

アイルランドからイギリスであれば、直行便で約1時間。

カナダのバンクーバーからだと、約9時間...

オーストラリアからだと、約17時間!?

どう考えても、17時間のフライトよりも、1時間のフライトの方が楽ですよね?

 

フランスやイタリア、スペインに旅行したいといったケースも同様。

アイルランドからであれば、数時間。

また料金もアイルランドからであれば、格安。

ヨーロッパ旅行を楽しみたい人には、アイルランドが断然オススメ。

アメリカ旅行を楽しみたいのであればカナダ。ニュージーランドであればオーストラリア。

ネイティブキャンプで留学以上の効果を得る方法

【カナダとオーストラリアの比較】どっちに行く?留学先を決める方法

世界を飛び回る仕事の種類

【ワーホリ】オーストラリアとニュージーランドどっちがおすすめ?違いを比較!

 

アイルランドの特徴はなんとなくわかってきたけど、アイルランド留学のメリットやデメリットをもっと知りたい...

という方も多いのでは。

下記で、アイルランド留学のメリットやデメリットを詳しく解説します。

 

アイルランド留学とワーホリのメリット

アイルランド留学・ワーホリのメリット

アイルランド留学とワーホリのメリットです↓

アイルランド留学とワーホリのメリット
1.日本人が少ない
2.アジア人が少なく、ヨーロッパ人が多い
3.ヨーロッパ旅行しやすい
4.ダブリンはおしゃれ
5.イギリスよりもリーズナブル
6.世界的に有名なお酒がある

 

一つずつ解説します。

 

メリット①日本人が少ない

上記でもお伝えしましたが、アイルランドは英語圏ですが、他国よりも日本人が少ない。

留学やワーホリの穴場です。

理由としては、アイルランドは日本人にとってそこまでメジャーな国ではないから。

留学やワーホリと聞いて、アイルランドを思い浮かべますか?

Yesと答える人はまだまだ少ない。

オーストラリア、カナダ、アメリカ、イギリス、ニュージーランドといった国を思い浮かべる人がほとんど。

 

なので、英語圏で、より日本人が少ない環境を希望するなら、アイルランドはオススメ。

 

メリット②アジア人が少なく、ヨーロッパ人が多い

こちらもお伝えしましたが、アイルランドはアジア人率も低い。

理由としては、上記と同じで、韓国や中国にとってもアイルランドはマイナーな留学先。

逆にヨーロッパ圏の人にとっては、メジャーな留学先。

というのもアイルランドはEUに属していて、EU内での移動・留学はEU外よりもスムーズだから。

そのため、EUに属している国、フランス・イタリア・ドイツといった国からの留学生の割合も高い。

 

最近では、トルコやブラジルからの留学生も増えています。

アイルランドが留学の穴場ということに気づき始めたのかも...

 

メリット③ヨーロッパ旅行しやすい

アイルランドはヨーロッパに位置し、イギリスの横にある島国です。

他国に旅行しようとなると、飛行機で移動。

例えば、日本からフランスのパリに行くとなると、直行便で約12時間30分。

しかし、アイルランドからであれば、約2時間。

近くないですか?

また、アイルランドには格安航空会社ライアンエアーがあり、ヨーロッパ各国へ格安で行くことができます。

例えばアイルランドのダブリンからフランスのパリであれば、往復1万円未満。

日本からパリであれば、直行便だと往復10万円前後。

アイルランドからのヨーロッパ旅行は格安。

 

 

メリット④ダブリンはおしゃれ

アイルランドはおしゃれ

アイルランドの首都ダブリンはおしゃれ。

雰囲気のあるバーやカフェ、またアパレルのお店もたくさんありますし、歴史的な建造物、お城や教会もあります。

新しいものと歴史的なものを両方味わうことができます。

雰囲気はイギリスのロンドンに似ています。

おしゃれなカフェでランチ、その後、雰囲気のあるバーでアイリッシュウィスキーを嗜む。

そんな生活いかがです?

ちなみにアイルランドでは、飲酒は18歳以上からOK。

 

メリット⑤イギリスよりもリーズナブル

こちらはイギリスとの比較。

ダブリンはロンドンに似ていると言いましたが、ロンドンよりも宿代はリーズナブル。

ダブリンの市内近郊でシェアハウス(シングルルーム)を探すと、相場は7万前後。

ロンドンであれば相場は10万前後。

ロンドンはダブリンの1.5倍くらいします。

理由としては、ロンドンの方が規模が大きく、より都会なので。

 

ダブリンはロンドンよりも規模は小さいですが、ロンドンに雰囲気が似ていて、費用はリーズナブル。

なので、イギリス留学やワーホリを検討されていて、予算の関係で断念する場合、アイルランドを選択肢に入れるべき。

 

メリット⑥世界的に有名なお酒がある

ギネスビール

アイルランドといえば、ギネスビール。そしてアイリッシュウィスキー。

アイルランドには世界的に有名なお酒があり、お酒好きにはたまらない環境。

ダブリンにはアイリッシュパブの聖地と言われている、テンプルバーエリアがあります。

テンプルバーエリアでギネスビールを注文。

ギネスビールの注ぎ方もおしゃれで、ギネスビールの場合、一度注いでから、1~2分放置。

泡と液体の分離を待って、再度注ぐ。

私はその注ぎ方を知らなかったので、バーカウンターに放置されたビールが注がれたグラスを取ろうとし、スタッフに注意されました(笑)

その待ち時間が、ギネスビールを美味しくするらしい...

 

 

メリットの次はデメリット。

下記でアイルランド留学とワーホリのデメリットを解説します。

 

アイルランド留学とワーホリのデメリット

アイルランドワーホリ・留学のデメリット

留学費用を比較すると、アイルランドはカナダやオーストラリアよりも割高。

留学費用が割高なのはデメリットの1つ。

その他のデメリットとは?

下記がアイルランドのデメリットです↓

アイルランド留学とワーホリのデメリット
1.規模が小さい
2.雨の日が多い
3.ワーホリビザの倍率が高い
4.仕事の数が少ない

 

ひとつずつ解説します。

 

デメリット①規模が小さい

アイルランドの国のサイズは、カナダやオーストラリアの100分の1以下。

規模が小さい。

また、有名な都市が少ない。

有名な都市やエリアが少ないと、留学やワーホリ中、飽きたりすることも。

アイルランドのメジャーな都市と言えば?

ダブリン。

カナダにはバンクーバーやトロント、モントリオールやケベック。

オーストラリアには、シドニー、メルボルン、ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズ、パース。

 

カナダやオーストラリアでは国内旅行や国内観光が楽しめるけども、アイルランドでは...

しかしアイルランドは、ヨーロッパ旅行がしやすいので、ヨーロッパ好きには問題ないかと。

 

デメリット②天気が変わりやすい

デメリット②天気が変わりやすい

1日の中に4季がある。

と言われているぐらい、アイルランドの1日の天気は変わりやすいです。

晴れていたのに、急に雨が降ったり。大雨だったのに急に晴れたり。

しかし温度は、冬は寒くなっても0℃、夏は暑くなっても20℃。

そこまで温度差があるわけではないので、過ごしやすいと言えば過ごしやすい。

 

なので、ずっと晴れの日が良くて暑い方がいいという人には、あまりオススメできない環境ですが、少し涼しいぐらいの方が良い人であれば、問題なし。

 

デメリット③ワーホリビザの倍率が高い

現在、アイルランドは日本に対して、年間ワーホリビザを800名の方へ発行。

カナダは6500名。

オーストラリアは無制限。

なので、アイルランドの場合、抽選となり、なおかつ倍率が高くなるため、ワーホリビザの取得が難しい。

アイルランドワーホリの抽選で落ちた場合、ワーホリがどうしてもということであれば、他国を検討するのもあり。

どうしてもアイルランドということであれば、アイルランドの学生ビザを検討するのもあり。

というのもアイルランドの学生ビザは、半年以上のコースに申し込めば、アルバイトも可能になるので。

 

 

デメリット④仕事の数が少ない

アイルランドは規模が小さく、メジャーな都市が少ないので、求人の数も少ない。

カナダやオーストラリアの方が、仕事の数は多いので、英語ができなくても、できる仕事があったり。

日本食レストランや日系のお店の数も多いので。

しかし、アイルランドの場合、求人の数が少ない分、より高い英語力を求められるケースが多い。

なので、英語力があまりないのであれば、まずは語学学校でしっかりと英語を学ぶべき。

留学やオンライン英会話で英語を効果的に伸ばす方法

【ワーホリで通う語学学校の期間】最適な期間と費用を格安にする方法

体験談|理系の私が海外で働いた方法

ワーホリの仕事と探し方!仕事が見つからない人の特徴と見つけるコツ

 

アイルランド留学とワーホリにはデメリットがあるけども、それは他国も同様。

メリット・デメリットはどの国にもあります。

大切なのは、デメリットも考慮し、決断すること。

決断する前に、アイルランド観光スポットも知りたい...

という方に、ダブリンのおすすめ観光スポットを下記でご紹介します↓

 

ダブリンのおすすめ観光スポット

ダブリンのおすすめ観光スポット

最後にダブリンのおすすめ観光スポットをご紹介。

アイルランドで留学やワーホリする方は、まずダブリンから生活を始める人がほとんど。

なぜなら、語学学校はダブリンに集中しているので。

 

ダブリンのおすすめエリアです↓

Trinity College (トリニティカレッジ)

トリニティカレッジ

トリニティカレッジとはダブリン大学のことで、アイルランド1位の名門校。

日本でいう東大です。

アイルランド最古の国立大学で400年以上の歴史があります。

図書館には、貴重な本がたくさん展示されており、映画の世界のような雰囲気。

観光客にとても人気のある観光スポットです。

行列ができて、入場制限されていることが多く、待ち時間があったりするので、観光するなら早めの時間帯で。

 

 

Temple bar(テンプルバー)

テンプルバー

アイリッシュパブが立ち並んでいる、おしゃれエリア。

カラフルで雰囲気のある建物が多く、インスタ映え間違いなし。

見るだけでも楽しめますが、来たからには、ギネスビールを楽しまないと。

アイリッシュウィスキーを嗜まないと。

 

Grafton Street(グラフトンストリート)

アイルランドでショッピング

アパレルのお店や、カフェなどが密集しているショッピングエリア。

ショッピングはこのエリアで決まり。

 

まとめ|アイルランドは留学とワーホリの穴場

アイルランドはカナダやオーストラリアと比べ、日本人が少ない。

またアジア人率も少なく、ヨーロッパ人率が高い。

英語環境に染まりたい人には、とてもオススメ。

 

しかし、費用的には、カナダやオーストラリアよりも少し割高。

また国の規模的に小さく、国内旅行のオプションは少ない。

だけども、ヨーロッパ旅行は格安で、ヨーロッパ各国に旅行しやすい。

 

アイルランドにはカナダやオーストラリアにはない魅力があります。

しかし、もちろんデメリットも。

なので、メリット・デメリットを考慮し、決定。

そうすれば、後悔しない。

 

一生モノの経験、留学・ワーホリをアイルランドで。