›› 生活や仕事に使える英語をtwitterで発信中

【カナダとオーストラリアの比較】どっちに行く?留学先を決める方法

ネイティブキャンプで留学以上の効果を得る方法

「カナダかオーストラリアに留学予定、どっちに行くか迷う…」

「ワーホリでオーストラリアに行く予定、けどカナダも気になる…」

国や都市選び、悩みますよね。

本記事ではそんな悩みを解消します。

 

記事の内容
・カナダとオーストラリアの比較
・カナダとオーストラリアのデメリット
・カナダとオーストラリア結局どっち?

 

私はカナダ、オーストラリア、ニュージーランドの3ヵ国でワーキングホリデーを経験しました。

それぞれの国に実際住んでみて、わかったことがあります。それは、それぞれの国にはそれぞれの良さがあり、デメリットもあるということ。

本記事では、経験をもとに、カナダとオーストラリアの特徴や違い、デメリット等を解説します。

留学先を決める方法もあわせて解説。

オーストラリアとカナダで迷っている人、留学先を決めかねている人、必見です。

 

カナダとオーストラリアの比較

カナダとオーストラリアの比較

さっそくカナダとオーストラリアを比較していきましょう。

比較まとめです↓

 

比較まとめ

  カナダ オーストラリア
面積 日本の約27倍 日本の約20倍
時差

-17時間(バンクーバー)

(サマータイムはー16時間)

+1時間(シドニー)

(サマータイムは+2時間)

気候

日本と季節は同じ

日本より寒い(場所によっては冬ー20℃以下になることも)

日本と季節が逆

日本より暑い(場所によっては夏40℃超えることも)

治安

世界治安ランキングトップ20に入るぐらい安全

スリなどには注意

世界治安ランキングトップ20に入るぐらい安全

スリなどには注意

物価

日本とそこまで変わらない

1カナダドル=約80円

日本とそこまで変わらない

1オーストラリアドル=約75円

留学費用 月約20万(ホームステイと授業料) 月約20万(ホームステイと授業料)
賃金 時給約1200円 時給約1500円
英語 アメリカ英語より イギリス英語より
ビザの期間

観光ビザ|6ヵ月

学生ビザ|学校に通う期間

ワーホリビザ|1年

観光ビザ|3ヶ月

学生ビザ|学校に通う期間

ワーホリビザ|1年
(条件を満たせばセカンド、サードワーホリ取得可能)

アクティビティ スキーやスノーボードなど冬のスポーツがメジャー ダイビングやシュノーケリングなど夏のスポーツがメジャー

 

 

時差

時差はカナダとオーストラリアで大きく異なります。

あまり時差がないのがオーストラリアなので、日本にいる友人や家族と繋がりやすいのはオーストラリア。

 

気候

都市にもよりますが、平均すると、カナダは日本より寒く、オーストラリアは日本より暑い。

カナダのトロントだと、冬に‐20℃以下になることも。オーストラリアのシドニーだと、夏に40℃以上になることも。

季節はカナダは日本同様、オーストラリアは日本の逆。なので日本の夏の時期はオーストラリアの冬の時期。

 

物価

物価は為替によりますが、現段階だといずれの国でも、スーパーで物を買うのであれば、日本との差をそこまで感じません。

2020年8月現在、1カナダドルは約80円、1オーストラリアドルは約75円。オーストラリアの方が若干安め。

 

留学費用

為替にもよりますが、カナダとオーストラリアの留学費用はそこまで変わりません。

語学学校の授業料金とホームステイ料金をあわせると、いずれも月約20万程度。

オーストラリアで働くには資格は必要?

【ワーホリの費用】国別の留学費用を比較!安い国と節約方法

 

賃金

最低賃金はオーストラリアの方が高いので、稼ぐのであればオーストラリア。

オーストラリアであれば学生ビザでも働けます。

オススメの留学先|英語圏

【オーストラリアで働く】働くために必要なものは1つだけ

 

上記のように、それぞれの国で共通しているところもあれば、異なっているところもあります。

では、それぞれのデメリットは何なのか?

下記で解説します。

 

カナダとオーストラリアのデメリット

カナダとオーストラリアのデメリット

それぞれのデメリットです↓

  カナダ オーストラリア
デメリット

・学生ビザでは働けない

・ワーホリビザに制限がある

・英語が訛っている

・家賃が高い

 

カナダのデメリット①学生ビザでは働けない

カナダの場合、学生ビザでは働けません。

正確には、専門学校や大学などに通う場合であれば働けますが、語学学校のみであれば働くことはできません。

しかし、オーストラリアでは語学学校のみでも働くことが可能。

 

カナダのデメリット②ワーホリビザに制限がある

カナダのワーホリビザは発行数に制限があります。

そのため、発行数を満たすと、その年はワーホリビザが取得できなくなります。

しかし、オーストラリアの場合、制限がありません。

 

オーストラリアのデメリット①英語が訛っている

オーストラリア英語は訛っています。

代表的な訛りは、「エイ」の発音が「アイ」。Nameは「ネイム」ではなく「ナイム」。

しかし、訛りが強いのは田舎で、シドニーやメルボルンといった都市部に住めばスタンダードな英語が学べます。

カナダであれば、田舎でも訛りはありません。

【オーストラリア英語の訛り】特徴と訛らない方法

【オーストラリア英語の訛り】特徴と訛らない方法

 

オーストラリアのデメリット②家賃が高い

オーストラリアは家賃が高いです。特にシドニーやメルボルン。

シドニー市内で一人部屋のシェアハウスを探すと、少なくとも月約AU$1200。バンクーバーだと、約CA$800。

オーストラリアの家賃はカナダの約1.5倍。

ワーホリ中のシェアハウスの探し方

【ワーホリでシェアハウス】探し方とトラブルを避ける方法

 

上記のように、カナダとオーストラリアともにデメリットがあります。

では、結局どっちに行った方がいいのか?どっちがオススメか?

下記で解説します。

 

カナダかオーストラリア結局どっち?

カナダかオーストラリア結局どっち?

結論、答えは人によります。

なぜなら、人それぞれ好みが違うからです。

例えば、寒いところが好きな人が、オーストラリアに行っても、暑さが嫌になります。

また逆に、暑いところが好きな人が、カナダに行っても凍えてしまいます。

 

留学先の決定方法

では、どうやって、カナダかオーストラリアを決めれば良いのか。

方法はいたってシンプルです。

自問自答からの都市比較。

まずは自問自答して自分の好みを知る。そしてその好みに合わせて都市を比較。

 

自問自答し自分の好みを知る

自問自答とは、自分で自分に質問すること。

国や都市比較の前に、自分はいったい何が好きなのか自問自答してください。

・暖かいところが好きなのか、寒いところが好きなのか
・都会が好きなのか、田舎が好きなのか
・自然が大好き、雪山で過ごしたい
・ビーチで毎日過ごしたい
・おしゃれな場所で生活したい
・アルバイトしてみたい
・バンジージャンプしてみたい

 

好みは人それぞれ。

友達や知り合いに勧められて、行先を決定してしまうと、その国や都市が自分に合わない可能性も。

その為、まずは自分は何が好きなのか自問自答してください。

希望や好みが多ければ多いほど、国や都市決めは簡単になっていきます。

 

自分の好みに合わせて留学先を決定

自問自答し、自分の好みを知った後は、その好みをベースに都市比較。

学生ビザでアルバイトがしたい、暑い国が好き、であればオーストラリア。

寒い国が好き、都会が好き、であればカナダのトロント。

 

上記のように、自分の好みに合わせて国や都市を比較。そうすれば、後悔する可能性はグッと低くなります。

なので、カナダとオーストラリアを比較する前に、まずは自問自答し、自分の好みを知りましょう。

 

まとめ|自分の好みに合わせてカナダとオーストラリアを比較

まとめ|カナダとオーストラリアにはそれぞれの良さがある

カナダとオーストラリアにはそれぞれの良さがあります。

共通点もありますし、全く違う部分もあります。

デメリットもあります。

 

まずは自問自答しましょう。

自分はいったい何が好きなのか。

そして、自分の好みに合わせて、国や都市を比較。

そうすれば、後悔する可能性はグッとさがります。

 

他人ではなく、自分で決める。

後悔しないワーホリや留学を。