›› フォローすると英語が上達すると評判のtwitterアカウントはこちら

【カナダとオーストラリアの比較】どっちでワーホリ?留学先を決める方法

ネイティブキャンプで留学以上の効果を得る方法

 

悩める子羊
カナダかオーストラリアでワーキングホリデーしたいけど、どっちがいいんだろう...ワーホリの国決め迷う...

本記事ではそんな悩みを解消します。

 

記事の内容
・カナダとオーストラリアの比較
・カナダとオーストラリアのデメリット
・カナダとオーストラリア、ワーホリするならどっち?

 

人気の留学先カナダとオーストラリア。どっちに行こうか迷う人は多いのではないでしょうか。

実際、私も迷いました。最終的には、暖かい気候にひかれオーストラリアに決定。

しかし、その後、カナダでもワーホリを経験。

そして、ニュージーランドでもワーホリを経験し、合計3ヶ国でワーキングホリデーを経験しました。

 

それぞれの国に実際住んでみて、わかったことがあります。それは、それぞれの国にはそれぞれの良さがあり、デメリットもあるということ。

本記事では、そんな自身の経験をもとに、カナダとオーストラリアを比較し、それぞれの特徴を解説します。

留学先を決める方法もあわせて解説。

オーストラリアとカナダで迷っている人、留学先を決めかねている人、必見です。

 

カナダとオーストラリアの比較

カナダとオーストラリアの比較

さっそくカナダとオーストラリアを比較していきましょう。

 

比較まとめ

それぞれの国の特徴をまとめました↓

  カナダ オーストラリア
面積 日本の約27倍 日本の約20倍
時差

-17時間(バンクーバー)

(サマータイムはー16時間)

+1時間(シドニー)

(サマータイムは+2時間)

気候

日本と季節は同じ

日本より寒い(場所によっては冬ー20℃以下になることも)

日本と季節が逆

日本より暑い(場所によっては夏40℃超えることも)

治安

世界治安ランキングトップ20に入るぐらい安全

世界治安ランキングトップ20に入るぐらい安全

物価

日本とそこまで変わらない

1カナダドル=約87円

日本とそこまで変わらない

1オーストラリアドル=約85円

留学費用 月約20万(ホームステイと授業料) 月約20万(ホームステイと授業料)
給料(最低時給) 約1300円 ※州により異なる 約1700円
英語 アメリカ英語 イギリス英語
ビザの期間

観光ビザ|6ヵ月

学生ビザ|学校に通う期間

ワーホリビザ|1年

観光ビザ|3ヶ月

学生ビザ|学校に通う期間

ワーホリビザ|1年
(条件を満たせばセカンド、サードワーホリ取得可能)

アクティビティ スキーやスノーボードなど冬のスポーツがメジャー ダイビングやシュノーケリングなど夏のスポーツがメジャー

 

特徴を詳しく解説していきます。

 

面積

いずれの国も日本よりかなり大きいです↓

  カナダ オーストラリア
面積 日本の約27倍 日本の約20倍

 

いずれも国土が大きく、発達している都市もたくさんあるので、国内旅行を楽しめます。

カナダの場合、アメリカが近いので、国外旅行も楽しめます。

オーストラリアであれば、ニュージーランド旅行が気軽にできます。

 

時差

時差はカナダとオーストラリアで大きく異なります↓

  カナダ オーストラリア
時差

-17時間(バンクーバー)

※サマータイムはー16時間

+1時間(シドニー)

(サマータイムは+2時間)

 

カナダは結構な時差があり、オーストラリアはあまり時差がありません。

そのため、日本とつながりやすいのはオーストラリアといえます。

心配性の人や、心配性の家族や友人がいるのであれば、つながりやすいオーストラリアがおすすめ。

 

気候

気候もカナダとオーストラリアでかなり異なります↓

  カナダ オーストラリア
気候

日本と季節は同じ

日本より寒い(場所によっては冬ー20℃以下になることも)

日本と季節が逆

日本より暑い(場所によっては夏40℃超えることも)

アクティビティ スキーやスノーボードなど冬のスポーツがメジャー ダイビングやシュノーケリングなど夏のスポーツがメジャー

 

季節はカナダは日本と同じ、オーストラリアは日本の逆です。つまり、日本の夏の時期はオーストラリアでは冬。

そして、カナダは日本より寒く、オーストラリアは日本より暑いです。

カナダのトロントだと、冬に‐20℃以下になることも。オーストラリアのシドニーだと、夏に40℃以上になることもあります。

 

アクティビティ

気候が異なるため、メインのアクティビティも異なります。

カナダはウィンタースポーツがメジャーで、オーストラリアはマリンスポーツがメジャーです。

 

暑い国がいいのであれば、オーストラリア。寒い国がいいのであれば、カナダ。

気候で国を決めるのもありです。

実際、私は気候でオーストラリアを選びました。

 

治安

いずれの国も、安全な国として認識されています↓

  カナダ オーストラリア
治安

世界治安ランキングトップ20

世界治安ランキングトップ20

 

とはいえ、スリなどは日本より多いので、注意が必要です。

高価なものは極力持ち歩かないようにしましょう。

シェアハウスでは、貴重品をスーツケースに入れて保管するようにしましょう。

 

物価

物価はそこまで変わりません↓

  カナダ オーストラリア
物価 1カナダドル=約87円 1オーストラリアドル=約85円

 

物価は為替によりますが、現段階だといずれの国も、日本との差をそこまで感じません。

 

留学費用

留学費用もそこまで変わりません↓

  カナダ オーストラリア
留学費用 月約20万(ホームステイと授業料) 月約20万(ホームステイと授業料)

 

学校やコース、為替にもよりますが、カナダとオーストラリアの留学費用はそこまで変わりません。

オーストラリアで働くには資格は必要?

 

給料

給料には大きく差があります↓

  カナダ オーストラリア
賃金(最低時給) 約1300円 ※州により異なる 約1700円

 

最低賃金はオーストラリアの方が高いので、稼ぐのであればオーストラリア。

オーストラリアであれば学生ビザでも働けます。

買収後にリストラされた場合の対応

 

カナダにはチップ文化があり、チップが給料としてもらえるところが多いです。

そのため、チップが多いところでは、オーストラリアと同じくらい稼ぐことも可能。

 

英語

英語はそれぞれベースが異なります↓

  カナダ オーストラリア
英語 アメリカ英語 イギリス英語

 

カナダはアメリカ英語、オーストラリアはイギリス英語がベースになっています。

そのため、発音や使用する英単語が少し異なります。

 

ビザ

ビザについても少し異なります↓

  カナダ オーストラリア
ビザの期間

観光ビザ|6ヵ月

学生ビザ|学校に通う期間

ワーホリビザ|1年

観光ビザ|3ヶ月

学生ビザ|学校に通う期間

ワーホリビザ|1年
(条件を満たせばセカンド、サードワーホリ取得可能)

 

カナダの場合、観光ビザでも6か月の滞在が可能。

オーストラリアの場合、条件を満たせば、セカンドワーホリ、サードワーホリが取得できます。

 

結論|カナダもオーストラリアもワーホリしやすい環境

カナダとオーストラリアに共通しているポイントです↓

・日本とそこまで物価は変わらない
・日本より時給が高い
・治安がいい

 

結論、いずれの国もワーホリしやすいです。

実際、私は両方の国でワーホリしましたが、どちらの国も良かったです。

悩める子羊
どっちも良いなら決めかねる...
オインゴ
そうだよね。ただ、それぞれを比較するとデメリットもあるよ。下記で解説するね。

 

カナダとオーストラリアのデメリット

カナダとオーストラリアのデメリット

下記がそのデメリットです↓

  カナダ オーストラリア
デメリット ・ワーホリビザに枚数制限がある
・学生ビザでは働けない
・雨の日が多い
・英語が訛っている
・家賃が高い
・水不足

 

それぞれ詳しく解説します。

 

カナダのデメリット

・ワーホリビザに枚数制限がある
・学生ビザでは働けない
・雨の日が多い

 

①:ワーホリビザに枚数制限がある

カナダのワーホリビザは発行数に制限があります。

そのため、発行数を満たすと、その年はワーホリビザが取得できなくなります。

しかし、オーストラリアの場合、制限がありません。

 

カナダでワーホリしたい場合は、早めにビザ申請するようにしましょう。

 

②:学生ビザでは働けない

カナダの場合、学生ビザでは働けません。

正確には、専門学校や大学などに通う場合であれば働けますが、語学学校のみであれば働くことはできません。

しかし、オーストラリアでは語学学校のみでも働くことが可能です。

 

カナダで働きたい場合は、ワーホリビザを取得するようにしましょう。

 

③:雨の日が多い

カナダは雨の日がかなり多いです。

例えばバンクーバーであれば、年間の雨や雪の日の数は約160日。

そのため、気分が落ち込みやすいと言われています。

 

逆にオーストラリアのゴールドコーストであれば、雨の日は約60日。晴れの日がかなり多いです。

気分が落ち込みやすい人は、オーストラリアを選びましょう。

 

オーストラリアのデメリット

・英語が訛っている
・家賃が高い
・水不足

 

①:英語が訛っている

オーストラリア英語は訛っています。

代表的な訛りは、「エイ」の発音が「アイ」。Nameは「ネイム」ではなく「ナイム」。

しかし、訛りが強いのは田舎で、シドニーやメルボルンといった都市部に住めばスタンダードな英語が学べます。

 

カナダであれば、田舎でも訛りはありません。

オーストラリアの訛りが気になる方は、都市部で生活しましょう。

【オーストラリア英語の訛り】特徴と訛らない方法

 

②:家賃が高い

オーストラリアは家賃が高いです。特にシドニーやメルボルン。

シドニー市内で一人部屋のシェアハウスを探すと、少なくとも月約AU$1200します。

カナダのバンクーバーだと、約CA$800。つまりオーストラリアの家賃はカナダの約1.5倍です。

 

とはいえ、オーストラリアは時給が高いので稼ぐことができます。

英語ができれば、時給2000円や3000円などの仕事も見つけることができるので、今から準備しておきましょう。

ワーホリ前におすすめのオンライン英会話【3ヵ国経験者の私が解説】

 

③:水不足

オーストラリアでは砂漠エリアも多く、水不足がよく問題になります。

そのため、シャワーの時間制限を設けているホストファミリーやシェアハウスもあったりします。

水の使用量に敏感なので、注意する必要があります。

 

海外では日本で当たり前のことが当たり前ではありません。

ワーホリではそのような気づきを得ることができるので、国の違いを前向きにとらえていきましょう。

 

悩める子羊
それぞれデメリットもあるし、結局どっちがいいんだろう...
オインゴ
迷うよね。でも安心して。下記で留学先を決める方法を解説するね。

 

カナダかオーストラリア、ワーホリするならどっち?

カナダかオーストラリア結局どっち?

結論、答えは人によります。

なぜなら、人それぞれ好みが違うからです。

 

例えば、寒いところが好きな人が、オーストラリアに行っても、暑さが嫌になります。

また逆に、暑いところが好きな人が、カナダに行っても凍えてしまいます。

では、どうやって、カナダかオーストラリアを決めれば良いのか。

 

留学先の決定方法

その方法はいたってシンプルです↓

1.自問自答して自分の好みを知る
2.その好みに合わせて国や都市を比較する

 

1.自問自答し自分の好みを知る

まずは自問自答し自分の好みを知りましょう。

自分の好みを知らなければ、自分に合った留学先を見つけることができないからです。

 

自問自答とは、自分で自分に質問すること。

国や都市比較の前に、自分はいったい何が好きなのか自問自答してください↓

・暖かいところが好きなのか、寒いところが好きなのか
・都会が好きなのか、田舎が好きなのか
・自然が大好き、雪山で過ごしたい
・ビーチで毎日過ごしたい
・おしゃれな場所で生活したい
・アルバイトしてみたい
・バンジージャンプしてみたい

 

好みは人それぞれ。

正解・不正解はないので、自分の気持ちに正直になりましょう。

希望や好みが多ければ多いほど、留学先の選択肢はしぼれます。

そのため、できる限り多くの希望や好みを見つけましょう。

 

友達や知り合いに勧められて、留学先を決定してしまうと、その国や都市が自分に合わない可能性が高いです。

まずは自分の好みを知りましょう。

【なぜワーホリ?】目的を徹底調査!目的別で国を決める方法

 

2.自分の好みに合わせて国や都市を比較する

自分の好みを知った後は、その好みをベースに国や都市を比較しましょう。

そうすることで、自分に合った国や都市を見つけることができるからです。

 

例えば、下記↓

・暑い国が好き、海が好き、都会が好き→オーストラリアのシドニー

・寒いほうがいい、自然好き、ある程度都会→カナダのバンクーバー

 

上記のように、自分の好みに合わせて国や都市を比較し決定。

そうすれば、後悔する可能性はグッと低くなります。

繰り返しになりますが、まずは自分の好みを知り、その好みに合わせて国や都市を比較しましょう。

 

語学学校の選び方

留学先と同じように、語学学校も同じように選べます↓

1.自分の希望や好みを知る
2.その希望や好みに合わせて学校を比較

 

語学学校の選び方や注意点は下記記事で詳しく解説しているので、ご参考にどうぞ↓

文化や価値観の違い

 

まとめ|自分の好みに合わせてカナダとオーストラリアを比較

まとめ|カナダとオーストラリアにはそれぞれの良さがある

カナダとオーストラリアにはそれぞれの良さがあります。

共通点もありますし、全く違う部分もあります。

デメリットもあります。

 

まずは自問自答しましょう。

自分はいったい何が好きなのか。

そして、自分の好みに合わせて、国や都市を比較。

そうすれば、後悔する可能性はグッとさがります。

 

他人ではなく、自分で決める。

後悔しないワーホリを。

ワーホリで人生が終わったと感じる人の特徴