›› フォローすると英語が上達すると評判のtwitterアカウントはこちら

【ワーホリの費用】国別の留学費用を比較!安い国と節約方法

オーストラリアで働くには資格は必要?

「ワーホリを検討中、国別の留学費用が知りたい...」

「留学費用をできるだけ抑えたい、安い国ってどこなんだろう...」

できるなら、費用を抑え、ワーホリや留学したいですよね。

 

本記事では下記を解説します。

記事の内容
・国別の留学費用
・国決め|ワーホリ費用の安い国
・ワーホリや留学費用を安くする方法

 

ワーホリ3ヵ国経験者、留学業界で10年以上働いている筆者が、国別の留学費用を解説します。

ワーホリや留学の費用を抑える方法も解説。トータルで10万以上の費用を抑えることも難しくないです。

国別留学費用が知りたい方、留学費用を抑えたい方、必見です。

 

国別の留学費用

国別の留学費用

ワーホリや留学する人は、まず英語を学ぶという方がほとんど。

英語を学びながら、ホームステイしたり、学生寮に滞在したり。

なので、留学費用のメインは、授業料と滞在費。

その授業料と滞在費を比較します↓

 

英語圏の留学費用

レッスン時間は週約20時間程度、滞在はホームステイで1日2食付きを比較。

そのおよその費用です↓

国/費用(月) 授業料 滞在費(ホームステイや学生寮)
カナダ 10万 10万
オーストラリア 10万 10万
ニュージーランド 10万 10万
イギリス 20万 15万
アイルランド 15万 10万
アメリカ 20万 15万

都市、学校、レッスン数により費用は多少前後しますが、ある程度の質を求めるのであれば、上記ぐらいかかります。

安いところに行くと、学校の先生がネイティブでなかったり、レッスン数が短かったり。

 

留学費用の安い国

国別で比較すると、イギリス・アメリカ・アイルランドはカナダ・オーストラリア・ニュージーランドに比べると割高。

全体的な費用を抑え、留学やワーホリされたいのであれば、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドがおすすめです。

関連記事:【アイルランドでワーホリ・留学】オーストラリアやカナダにはないメリット

 

しかし、留学費用が安い国というだけで国を決定するのは危険です。

なぜなら、他の理由で、その国が自分に合わなかったりするケースもあるので。

下記で詳しく説明します。

 

 

国決め|ワーホリ費用の安い国

国決め|ワーホリ費用の安い国

費用が安いで国を決めるのは危険

その理由は、費用だけで国を決めてしまうと、その国が自分に合わない可能性があるので。

例えば、費用が安いといった理由でニュージーランドに決定。

しかし、渡航後に自分はやっぱりヨーロッパっぽい街並みや雰囲気が好きだった...

と後悔する可能性も。

もしくは、費用が安いといった理由でカナダに決定。

しかし、渡航後にもともとアメリカに憧れがあったんだった...

と後悔する可能性も。

 

なので、費用が安いだけで国を決めるのは危険です。

誰しも後悔したくないですよね。

であれば、どうやって国を決めれば良いのか?

 

ワーホリや留学の国決め

国選びで後悔しないためには、まず自問自答することが大切です。

自問自答し、自分は海外で何がしたいのか、どういったところに住みたいのか、などなど、自分の希望をできる限り多く挙げる。

そして、その出てきた希望に合わせ、国を比較し、決定。

 

そうすれば、後悔しない。

なぜなら、さまざまな自分の希望に合わせて、国を選んでいるので。

ひとつだけの希望、費用だけで選ぶと後悔する可能性が高いです。

詳しい決め方は下記で解説しているので、ご覧ください↓

世界を飛び回る仕事の種類

 

しかし、やはり費用は大事ですよね。

費用を抑えてワーホリや留学したいという方がほとんどでは。

下記で、留学費用を安くする方法を解説します↓

 

ワーホリや留学費用を安くする方法

ワーホリや留学費用を抑える方法

ワーホリや留学費用を安くする方法です↓

費用を安くする方法
渡航前
1.留学エージェント
2.語学学校の授業料
3.航空券
4.海外保険
5.英語の勉強

渡航後
6.シェアハウス
7.自炊
8.ハッピーアワー

 

ひとつずつ解説します。

 

1.留学エージェント

ワーホリや留学が初めてで不安。

そういった方がほとんどだと思います。

その場合、利用するのが留学エージェント。

しかし、留学エージェントによっては、有料サポートのところも。サポート料が10万円以上したり。

安心してください。

無料エージェントもあります。

しかも、有料エージェントとサポート内容があまり変わらなかったり。

 

なので、まずは有料エージェント・無料エージェントを比較してください。

そして、差をあまり感じないようであれば、無料エージェントを利用しましょう。

そうすれば、サポート費用を抑えることができます。

 

2.語学学校の授業料

次に留学費用のメイン、語学学校の授業料。

授業料を抑えるには、キャンペーンを利用するのが一番です。

通常、語学学校は授業料15%オフのようなキャンペーンを行っていることが多いので、そのキャンペーンを利用してお申し込みすれば、かなり費用を抑えることが可能。

それだけで、10万円程度安くなったり。

なので、まずはキャンペーン費用を確認しましょう。

 

また長期で行く場合、現地で延長するよりも、初めから長期で申し込んだ方が安くなります。

なぜなら、長期で申し込んだ場合、1週間の単価が安くなるからです。

気持ちがブレにくい人は、初めから長期でお申し込みしましょう。

 

3.航空券

航空券

海外に渡航するので、航空券が必要。

航空会社にもよりますが、通常はやめに購入すれば、比較的お安く購入できます。

直近で購入してしまうと、割高になることが多いので、はやめに購入するのがおすすめ。

また航空会社によってはキャンペーンを行っていたりするので、キャンペーン情報をチェックすることも大切です。

キャンペーンを利用し、費用を抑える。

 

4.海外保険

海外保険、安くないです。

しかし、安くする方法も。

それは、クレジットカードの付帯保険です。

クレジットカードには、海外保険が付いているものが多く、通常3ヶ月間有効。

なので、始めの3か月間はその保険を使うというのもあり。

 

詳細はクレジットカードによるので、クレジットカードの付帯保険を、海外保険加入前に確認しましょう。

10万円程度する海外保険代を抑えることができるかもです。

 

5.英語の勉強

ワーホリ・留学前に、不安なので日本で英会話学校に通う人も。

しかし英会話学校の費用は結構高かったり。

私も不安だったので、渡航前に英会話学校に通いました。

そして50万円払いました...

50万あれば、現地で語学学校に通った方が良いです。

現地の方が安いし、英語成長も早いので。

 

日本で英語の勉強するのであれば、あまり費用をかけずに勉強するのがおすすめ。

関連記事:【英語の勉強の仕方がわからない人へ】オススメの勉強方法10選

 

6.シェアハウス

シェアハウス

生活費を抑えるには、宿代を抑えるのが一番効果的。

なぜなら宿代は、生活するのに必要不可欠な費用なので。

国や都市にもよりますが、ホームステイと比較するとシェアハウスの方がリーズナブル。

宿代が半額程度になることも。

なので、費用を抑えたいのであれば、極力ホームステイの期間を短くし、はやめにシェアハウスに移行されたほうがベター。

 

おすすめは、語学学校のホームステイの期間を1ヶ月程度にし、2ヶ月目からシェアハウスに移行。

いきなりシェアハウスは危険なので、まずは1ヶ月程度ホームステイを経験。

シェアハウスも2週間程度あれば、通常見つけることができるので、実現可能なプランです。

 

7.自炊

食費も必要不可欠な生活費ですよね。

なので食費を抑えることで、ワーホリ・留学費用を抑えることができます。

食費を抑えるのであれば、やはり自炊。

英語圏での外食、結構高いです。

通常1食1000円以上はかかります。

しかし、スーパーで買う食材は日本より安かったり。

 

なので、自炊すれば、食費をかなり抑えることができます。

 

8.ハッピーアワー

ハッピーアワー

海外でできた友達と飲みに出かけたい。

自炊だけではなく、外食もしたくなる。

誰しもそうですよね。

そういった時はハッピーアワーがおすすめ。

ハッピーアワーとは、簡単に言うと、飲み物が安くなる時間帯。

お店によってハッピーアワーの時間帯は異なりますが、海外でも通常夕方頃に設定しているお店が多いです。

ハッピーアワーであれば、アルコールが半額になったり、食べ物が半額になったり。

 

外食の費用を抑えるのであれば、ハッピーアワー利用しましょう。

 

番外編|アルバイトで生活費用をカバー

ワーホリであれば、現地で働くことができるので、生活費用をカバーすることも可能です。

オーストラリアやニュージーランドであれば、学生ビザでも働くことができるので、留学中バイトして生活費用を稼ぎたい人であれば、オーストラリアやニュージーランドを検討するのも良いかと。

 

上記でお伝えしたように、費用を安くする方法はたくさんあります。

しかし、費用を安くすることができない費用もあります。

その費用も考慮して、予算を組むべき。

下記で、費用を安くすることができないものを解説します。

 

 

留学費用を安くすることができないもの

ワーホリや留学費用を抑えるのが難しいもの

留学費用を安くすることができないものは下記です↓

費用を安くすることができないもの
・ビザ

 

ビザ

海外に渡航するので、ビザ(滞在許可証)が必要。

ビザの費用は決まっていて、残念ながら、キャンペーン等で安くはなりません(笑)

なので、ビザの費用は変わらないものとして、予算を組みましょう。

 

まとめ|ワーホリや留学費用を安くする方法はたくさんある

情報収集

語学学校のキャンペーンを利用したり。

留学エージェントのサポート料を抑えたり。

航空会社のキャンペーンを利用したり。

現地でシェアハウス・自炊をして費用を抑えたり。

 

ワーホリや留学の費用を安くする方法はたくさん。

トータルで10万円以上費用を抑えることも難しくはありません。

留学費用は安くすることはできるので、自分の行きたい国をしっかり選びましょう。

 

後悔しないワーホリや留学を。