›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現が知りたい方はtwitterへ

【外国人と関わる仕事】理想と現実【職種30選】

2.海外ドラマや映画

 

悩める子羊
外国人と関わる仕事がしてみたいけど、どんな職業に就けばいいのかな...英語は必要なのかな...デメリットもあるのかな...

本記事ではそんな悩みを解決します。

 

記事の内容
・外国人と関わる仕事の種類
・外国人と関わる仕事の現実
・外国人と関わる仕事に必要なスキル

 

外国人と関わる仕事、気になりますよね。

私も外国人と関わる仕事に興味をもち、転職しました。そして10年以上、外国人とともに仕事をしています。

外国人と働くと、語学が上達したり、文化を知れたり、友達になれたり、メリットはたくさんあります。

しかし、良いことばかりではありません。

 

本記事では、外国人と関わる仕事の種類とともに、仕事の現実も解説します。

あわせて、必要なスキルも解説。

この記事を読み終えれば、外国人と関わる仕事の種類や現実を知り、一歩前進できますよ。

それでは解説していきます。

 

外国人と関わる仕事がしたいなら、転職エージェントに相談しましょう。

その理由は、一般的には公開されていない企業の求人も扱っているので、自分ひとりで探すよりも仕事を見つけやすいからです。

また、転職のプロが不安や疑問を解消してくれます。

 

おすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。そのため、外国人と関わる仕事が見つかる可能性大。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

2.dodaエージェントサービス

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。なので、外国人と関わる仕事も見つかりやすい。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

外国人と関わる仕事の種類

外国人と関わる仕事の種類

外国人と関わる仕事にはさまざまな仕事があります。

 

分かりやすくするため、4つのカテゴリーに分けました↓

・外国人相手の仕事
・外国人スタッフと働く仕事
・外国人相手かつ外国人スタッフと働く仕事
・外国語のサポートをする仕事

 

ひとつずつ詳しく解説します。

 

外国人相手の仕事

・旅館
・ホテル
・観光案内所
・バスガイド
・ツアーガイド
・ゲストハウス
・テーマパーク
・大学

・専門学校
・日本語学校
・インターナショナルスクール
・移民や難民をサポートするNPO法人

 

などなど、主に観光、留学、移住する外国人相手の仕事。お客さんが外国人。

外国人と関わる仕事を考えたとき、一番初めに思い浮かぶ仕事ではないでしょうか。

 

有名な観光地であれば、

・お土産屋
・レストラン
・カフェ
・ドラッグストア
・スーパー

などなど、どこで働いても外国人と関わる機会があります。

 

外国人と関わる機会が多い仕事

より多くの外国人と関わりたいのであれば、「日本語教師」がおすすめです。

その理由は、当たり前ですが、生徒が外国人だからです。

しかも、複数の外国人を一度に相手にすることが多いので、他の職種よりも関わる機会がかなり多いです。

 

生徒と仲良くなり、友人になったり、恋人になったりと、プライベートも外国人環境に染まる人も少なくありません。

外国人と深く関わりたい人は日本語教師も検討してみましょう。

 

日本語教師養成講座が学べる人気スクール

・ヒューマンアカデミー
未経験からの就職率96.3%、修了生の実績が業界No.1のスクールです。日本語教師以外のコースもあり、オンライン授業も受講可能。

›› 無料体験や資料請求はこちら

 

外国人スタッフと働く仕事

・外資系企業
・貿易会社
・IT企業
・英会話学校
・飲食店
・コンビニ

 

などなど、外国人スタッフと一緒に働く仕事。社内の外国人と関わる仕事。

上記以外でもグローバル展開している会社であれば、外国人スタッフがいたりします。

イタリア人がやっているイタリア料理店、スペイン人がやっているスペイン料理店など、飲食店でも外国人と関わる仕事はあります。

 

最近では、大都市のコンビニでも外国人スタッフを多く見かけるようになってきたので、場所によってはコンビニも外国人と関わる仕事。

 

外国人相手かつ外国人スタッフと働く仕事

・パイロット
・客室乗務員
・グランドスタッフ
・外交官
・国際公務員
・青年海外協力隊
・大使館や領事館

 

などなど、外国人相手の仕事で、なおかつ外国人スタッフがいる仕事。

このカテゴリーの主な仕事は航空関係や国際関係の仕事です。

外国人と関わる機会は多いですが、外国人相手でなおかつ外国人スタッフと働くので、一般的にハードルの高い仕事です。

 

外国語のサポートをする仕事

・留学エージェント
・旅行会社の引率
・通訳
・秘書
・コールセンター

 

などなど、外国語のサポートをする仕事。

留学エージェントであれば、現地の外国人スタッフとメールや電話でやりとりしたり。

旅行会社の引率であれば、現地で外国人とやりとりしたり。

通訳やコールセンターであれば、日本人へのサポート、外国人へのサポート、両方あります。

 

留学カウンセラーに興味がある人は、下記記事もご参考にどうぞ↓

まとめ|外資系の買収後のリストラは当たり前

 

海外を飛び回る仕事

海外を飛び回る仕事も外国人と関わる仕事です。

海外で外国人とコミュニケーションが必要になるので。

海外を飛び回る仕事は下記記事で詳しく解説しているので、ご参考にどうぞ↓

ワーホリにクレジットカードが必要な理由

 

外国人と関わる仕事のメリット

・語学が上達する
・他国の文化が知れる
・他国の価値観が知れる
・他国と日本の違いを知れる
・外国人の友達ができる

 

上記のように、外国人と関わる仕事にはたくさんのメリットがあります。

実際、私は外国人と働くことにより、語学も上達し、他国との日本の違いを知り、友達もできました。

 

悩める子羊
デメリットはないのかな...
オインゴ
もちろんあるよw 下記で仕事の現実を解説するね。

 

外国人と関わる仕事の現実

外国人と関わる仕事の現実

外国人と関わる仕事に共通している、大変な部分です↓

・語学力がないときつい
・自己主張が必要
・文化や価値観の違い

 

ひとつずつ例とともに解説します。

 

語学力がないときつい

外国人と関わる仕事は、語学力がないときついです。

なぜなら、語学力がなければコミュニケーションがとれないので。

 

事実、コミュニケーションがとれないと仕事になりません。

特に、語学力がないとクレーム対応がきついです。

例えば、下記↓

・観光地の居酒屋で仕事中

外国人の観光客にお通しを出す。しかし、帰り際に、お通しは注文していないとクレームが入る。

 

上記状況だと、どう対応しますか?

ある程度語学力がないと、対応するのに躊躇しますよね。日本語ですらクレーム対応は大変ですし。

結論、外国人と関わる仕事は語学力がないときついです。

 

英語を勉強するのであれば、オンライン英会話がおすすめです。

その理由は、外国人と関わる仕事に必要なコミュニケーション能力を鍛えることができるからです。

事実、オンライン英会話のメインは英会話なので、スピーキングとリスニングを効果的にきたえることが可能。

 

留学と比較すると料金も低価格なので、気軽に始めることもできます。

【オンライン英会話歴3年の私がおすすめ】オンライン英会話スクール5校

 

自己主張が必要

外国人と関わる仕事には自己主張も必要です。

外国では自己主張が当たり前で、自分の意見を主張しないと、考えていないと認識されることもあるからです。

日本は空気を読むのが当たり前ですが、外国では自己主張が当たり前です。

 

例えば、下記↓

・多国籍なスタッフが働く外資系企業で仕事中

全スタッフが参加する会議で、空気を読み発言を控えていると、外国人上司から「何も考えていないのか」と言われる。

 

上記は私の実体験です。

日本の当たり前が外国では当たり前ではないと感じ、自己主張の必要性を実感した瞬間でした。

 

一般的に、日本人の多くは自己主張に慣れていないですよね。

さらに英語や他言語での自己主張となるとハードルがあがります。

結論、自己主張も外国人と関わる仕事の大変な部分。

 

文化や価値観の違い

文化や価値観の違い

文化や価値観の違いも外国人と関わる仕事の大変な部分。

なぜなら、文化や価値観が違うとぶつかることがあるので。

 

例えば、下記↓

・留学エージェントでカウンセラーの仕事中

アメリカ留学中の生徒からホームステイに関するクレームがあり、週3でピザがでるとのこと。

 

日本人の感覚だと、週3のピザはけっこうきついですよね。

しかし、アメリカの場合ピザが頻繁にでるホストファミリーも少なくないです。

結果、各国の当たり前が異なるので、ぶつかる。

 

上記の場合、学校の外国人スタッフに日本の当たり前を伝えるとともにクレーム処理のリクエスト。そして生徒にもアメリカの当たり前を再度伝えたり。

外国人と働くと、文化や価値観の違いにより、日本人同士では起こらないことが起こり、仕事が増えます。

なので、文化や価値観の違いも、外国人と関わる仕事の大変な部分。

 

悩める子羊
外国人と関わる仕事、思ったより大変そうだな...
オインゴ
大丈夫。もう現実を知ったから、カルチャーショックは受けないよ。また、必要なスキルを身につければ、スムーズに働けるしね。下記で解説するね。

 

外国人と関わる仕事に必要なスキル

外国人と関わる仕事に必要なスキル

外国人と関わる仕事に必要なスキルです↓

・英語
・自己主張
・柔軟な考え方

 

①:英語

英語は外国人と関わる仕事にマストです。

相手が日本語を話せない限り、他言語でコミュニケーションする必要があるので。

語学力がないと仕事になりません。

 

とはいえ、英語ができなくても、外国人と関わる仕事を見つけることは不可能ではありません。

日本語ができる外国人もいるので。

しかしその場合、仕事の選択肢は少なくなります。英語を使わない外国人と関わる仕事は少数派だからです。

結論、英語は外国人と関わる仕事に必要なスキル。

 

英語ができれば給料が上がる

・日系企業
・外資系企業

 

上記のふたつを比較すると、給料が高いのは後者ですよね。

日系企業の平均年収は400万、外資系企業は800万。

 

英語ができれば、外資系企業で働くこともできます。結果、高収入を得ることもできます。

実際、私も英語ができるようになり、外資系企業に転職し、給料が上がりました。

なので、外国人と関わる仕事かつ高収入を得たいのであれば、今から英語を勉強しましょう。

›› DMM英会話の無料体験はこちら

 

オンライン英会話の効果が知りたい方は下記記事もご参考にどうぞ↓

DMM英会話の留学前の効果

 

②:自己主張

語学力だけでなく、自己主張するスキルも大切です。

なぜなら、外国では自己主張が当たり前なので。

 

お伝えしたように、何も言わずニコニコ笑っているだけだと、意見なし、やる気なしと判断されることもあります。

特に外国人スタッフと一緒に働くときは、謙遜よりも自己主張を意識しましょう。

 

③:柔軟な考え方

外国人と関わる仕事には、柔軟な考え方も必要なスキルです。

なぜなら、各国当たり前が異なるので。

 

事実、日本の当たり前をおしつけてしまうとぶつかります。また、逆に相手の当たり前を一方的に受け入れてしまうとストレスがたまります。

なので、柔軟な考え方が必要です。

相手と自分の言い分を近づけ、より良い着地点を探すのがポイント。

 

自己主張するスキルや柔軟な考え方をもつには、外国人と一緒に生活するのがおすすめですよ。

実際に、外国人と生活することにより、価値観や文化の違いを学ぶことができるからです。

日本で外国人とシェアハウスができるサービスもあるので、試してみるのもあり↓

 

※敷金・礼金が無料、1ヵ月から始めることができます

›› コスパと出会いが魅力のシェアハウス日本最大手オークハウスが入居者募集中

 

番外編|資格や試験

仕事によっては、試験に合格したり、資格が必要になります。

例えば、下記↓

・日本語教師
・バスガイド
・ツアーガイド
・パイロット
・外交官
・国際公務員
・青年海外協力隊
・大使館や領事館

 

などなど、上記のような職種は試験や資格が必要。

しかし、その分、ライバルの数は少ないと言えます。つまり、就職できる可能性が高いです。

興味があるなら試験や資格取得も検討するのもあり。

 

それぞれの仕事に対して具体的に何が必要かは、転職エージェントに相談すれば簡単にわかります。

そのため、まずは転職のプロに相談してみましょう。

 

おすすめの無料転職エージェント↓

1.エンワールド・ジャパン

 

外資系転職専門の転職エージェント、サービス満足度94.8%!

外資系の仕事の多さは日本でトップクラスです。そのため、外国人と関わる仕事が見つかる可能性大。長期的なキャリア構築を目指し、入社前だけでなく入社後もサポートしてくれます。

›› エンワールドジャパンの無料面談に申し込む

 

 

2.dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

業界最大級の求人数をもつ転職エージェント、転職者満足度No.1。

外資系やグローバル企業の案件も豊富です。なので、外国人と関わる仕事も見つかりやすい。応募書類のアドバイスや選考通過の後押しもしてくれます。

›› dodaエージェントサービスで転職

 

いずれも無料サポート・満足度の高い転職エージェントなので、気軽に相談してみましょう。

 

まとめ|外国人と関わる仕事に就くための準備を始めましょう

まとめ|外国人と関わる仕事は学びが多い

外国人と関わる仕事はたくさんあります。

また、メリットもたくさんあります↓

・語学が上達する
・他国の文化が知れる
・他国の価値観が知れる
・他国と日本の違いを知れる
・外国人の友達ができる

 

しかし、外国人と関わる仕事は簡単ではありません。

英語で苦戦したり、文化や考え方の違いで大変な思いをすることがあります。

苦戦しないためには、今から準備することが大切です。

まずは外国人と英語を話すことからはじめましょう。

ワーホリ用クレジットカード選びのコツ

 

外国人と関わる仕事をしてみたいという気持ちがあるのであれば、後悔しないためにやるべきです。

自分の気持ちを大切にしましょう。