›› 知らずに焦ったネイティブの英語表現が知りたい方はtwitterへ

【英語の勉強】モチベーションを簡単に上げる3つの方法

「英語の勉強、モチベーションがぜんぜん上がらない...」

「英語勉強、やる気がでない...」

モチベーションが上がらない、やる気が出ない、そんな時もありますよね。

 

本記事では、下記を解説。

・モチベーションを簡単に上げる3つの方法
・モチベーションを上げずに勉強する方法
・モチベーションが上がる英語の名言

 

大学時代は理系、現在は英語を使って10年以上仕事をしている筆者が、モチベーションを簡単に上げる方法を解説します。

また、モチベーションを上げずに英語勉強する方法もご紹介。

やる気が出ず困っている方はぜひご覧ください。

 

英語勉強のモチベーションを簡単に上げる方法

英語勉強のモチベーションを上げる方法

さっそく、3つの方法をご紹介。

シンプルですが、効果的↓

・好きな英語の勉強法を見つける
・目的や目標を達成した時の自分を想像する
・気分転換

 

方法①好きな英語の勉強法を見つける

好きなことをしている時、モチベーションのこと考えますか?

考えないですよね。

モチベーションのことを考えるのは、モチベーションが下がった時や上がらない時。

 

好きなことであれば人はやる

好きなことをしている時は、モチベーションは上がった状態。

モチベーションがあるので、自然と行う。

英語の勉強も、好きな勉強法があれば自然と続くのでは?

そうです。

ということは、自分の好きな英語の勉強法を見つければ良い。

 

英語の勉強にもさまざまな方法があります。

その中から、自分の好きな英語の勉強法を見つける。

そうすれば、モチベーションを下げることなく、英語の勉強を続けることができます。

関連記事:初心者にもおすすめの英語勉強法10選

 

方法②目的や目標を達成した時の自分を想像

英語を勉強する目的や目標は何ですか?

・英語を話せるようになって、旅行を楽しむため
・英語を使って仕事するため
・高校や大学に入学するため
・海外に移住するため
・いろいろな国の友達を作るため

 

その目的や目標が達成された時の自分を想像してください。

わくわくしないですか?

わくわくすれば、モチベーションは上がります。やる気がでます。

 

目的や目標がなければ、わくわくする目的や目標を作ってください。

そして、モチベーションが上がらない時は、その目的や目標を達成した自分を想像してください。

モチベーションが上がり、英語勉強を続けることができます。

 

人は忘れる生き物

しかし、人は物事を忘れる生き物。

人は1日で70%のことを忘れると言われています。

なので、目的や目標も頻繁に思い出す必要があります。

わくわくする目的や目標も忘れてしまうので。

 

英語を勉強する目的や目標を確認する時間を作りましょう。

わくわくがモチベーションを上げてくれます。

 

方法③気分転換

モチベーションが上がらない。やる気がでない。

そんなこともあります。

人だもの。

 

そんな時は、英語勉強をやめましょう。

気分転換をしましょう。

気分転換すると、再びやる気がでてきます。

 

モチベーションのないまま勉強すると脳に負担

今まで嫌々してことのあるもの、思い出してみてください。

嫌々アルバイトを長時間。嫌々テスト勉強。

嫌々すると、結構疲れますよね?

脳に負担がかかるので。

 

英語勉強も嫌々していると、脳に負担がかかり、疲れる。

疲れるので、集中力がなくなる。

集中力がなくなるので、頭にはいってこない。

効率が悪いです。

 

なので、気分転換し、リフレッシュ。

ストレッチしたり、漫画読んだり、寝てみたり。

リフレッシュし、やる気がでてきてから、勉強する。

そのほうが効果的。

 

モチベーションを上げずに英語勉強する方法

顔を洗う習慣

上記の方法を試しても、モチベーションが上がらない。やる気がでない。

そんな時もあるかもしれません。

 

では、モチベーションとか、やる気関係なしに、自動的に勉強する方法ってないの?

あります(笑)↓

 

英語の勉強を習慣化する

朝起きて、顔を洗う。

そして、歯を磨く。

このような習慣って、モチベーションがあるとかないとかではなく、自然に行いますよね。

 

ということは、英語の勉強も習慣化すれば、自然と行うのでは?

そうです。

英語の勉強を習慣化する。

そうすれば、自然と続きます。

 

でも習慣というのは、毎日続けて、習慣になっていくもの。

英語の勉強を毎日続けて、新しい習慣を作るのはちょっと...

という方、安心してください。

手っ取り早い方法があります↓

 

英語の勉強を習慣化する方法

もとある習慣に英語の勉強を追加

英語の勉強を習慣化する方法は

すでに習慣になっているものに、英語の勉強を追加する

という方法です。

 

なぜなら、新しく習慣を作るよりも、もともとの習慣に追加した方が、てっとり早いからです。

例えば、

新しい習慣
・毎朝6時に起きて、1時間英単語を覚える

もともとの習慣に追加
・朝の通勤時間に英単語を覚える

 

どちらのほうができそうです?

後者ですよね。

 

朝の通勤時間に英単語を覚え始める。

それを続けて行くと、習慣化していきます。

習慣となれば、モチベーションがあるとかないとかではなく、自然と行います。

毎朝起きて顔を洗うかのうように、電車に乗れば英単語ノートを開く。

関連記事:【英単語の勉強法】英語嫌いでもできる単語の勉強方法

 

モチベーションを上げる英語の名言

モチベーションを上げる名言

モチベーションを上げる方法を試しても、習慣化しようとしても、まだやる気が出ない...

そんなときは、偉人達の名言で自分を奮い立たせるのもあり(笑)

 

アップル社の創業者スティーブ・ジョブズの名言

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.

「時間は限られている、なので他人の人生を生きることに時間を無駄にしてはいけない。」

ジョブズが癌の告知を受けた後、スタンフォード大学の卒業式でスピーチした時に言った言葉です。

時間は限られているんで、自分のやりたいことをやる。

自分の好きなことをやる。

 

ウォルトディズニー社の創業者ウォルト・ディズニーの名言

If you can dream it, you can do it.

「夢を見ることができれば、実現できる。」

ディズニーランド、ミッキーマウスを作ったウォルト・ディズニー。

夢や目的、目標を持つ大切さを教えてくれています。

わくわくを大切に。

 

Amazonの創業者ジェフ・ベゾスの名言

One of the only ways to get out of a tight box is to invent your way out.

「苦境から脱出する数少ない方法の一つは、自分自身の解決方法を編み出すことだ。」

オンラインショッピングで世界的に有名なアマゾンを作った、ジェフ・ベゾス。

チャレンジすることの大切さ、自分自身の道を見つけることの大切さを教えてくれています。

いろいろ試して見て、自分に合うものを見つけましょう。

 

まとめ|モチベーションを上げる方法を見つけ習慣化

モチベーションを上げる方法を見つけ習慣化

好きじゃないと、なかなかモチベーションは上がらない。

なので、まずは好きな英語の勉強法を見つける。

その好きな英語の勉強法を、もともとある習慣に追加するように行い、習慣化する。

習慣化する前、モチベーションが上がらない時は、わくわくする目的や目標を達成した自分を想像。

 

習慣になれば、モチベーションに左右されることなく、英語の勉強が続きます。

モチベーションは上がったり、下がったりするもの。

そのモチベーションが関係ない状態になれば最強です。

 

好きな英語の勉強法を見つけ、習慣化していきましょう。